丸川珠代に週刊新潮!政治資金で新聞代、四谷にペーパー事務所があった!

丸川珠代に週刊新潮!政治資金で新聞代、四谷にペーパー事務所があった!

 本日8月3日の内閣改造において、五輪担当相に抜擢された丸川珠代氏(45)に早くも政治資金疑惑が生じています。本日発売の週刊新潮で、自宅で購読している新聞代を政治資金で賄い、さらには四谷にあるペーパー事務所から1,000万円以上のお金が支出されていると報じられています。一時は舛添前都知事の後継者として名が挙がったほどの丸川珠代氏に何があったのでしょうか。詳細を見てみましょう。

スポンサードリンク

丸川珠代に週刊新潮が政治資金疑惑を報じる!~新聞代編~

 まずは、新聞代を政治資金で賄っているという疑惑についてです。丸川珠代議員は、二つの政治団体の代表を務めていまして、週刊新潮が怪しんでいるのは、政党支部の「自由民主党東京都参議院選挙区第4支部」(主たる事務所=新宿区四谷)のほうです。今回週刊新潮がこの第4支部の政治資金収支報告書(平成24~26年)に添付されている領収書を取り寄せてみたところ、この第4支部では平成25年1月から平成26年11月までの1年11ヶ月の間、日経新聞を購読しており毎月約4,300円以上を支払っているようです。しかし、この領収書に書かれている販売店は港区麻布十番とあります。政党支部が置かれている事務所のある新宿区四谷からはだいぶ離れているのです。週刊新潮が販売店に問い合わせてみたところ、新宿区四谷への配達は行っていないとのこと(そりゃそうですよね)。実際に領収書に書かれている届け先を見てみると、販売店からほど近い港区白金のマンションの一室だとか。これは丸川珠代氏の自宅と一致するのです。
 つまり、丸川珠代氏は自宅で購読していた日経新聞の新聞代を政治資金で賄っていたのです。金額にすると約10万円弱。違法ではないのかもしれませんが、普通、自宅の新聞代くらいはポケットマネーで支払うのが常識だと思います。まあ、主婦であり母親でもあるという一面もありますから、少しでも家計の足しに…という気持ちからなのでしょうけど、これでは舛添さんと一緒ですよね…。

丸川珠代に週刊新潮が政治資金疑惑を報じる!~ペーパー事務所編~

 次に、この四谷にある政党支部。週刊新潮によるとこの事務所自体がそもそも怪しいと報じています。実は請求書に毎月記載されている上下水道の使用料が3年間ずっとゼロ立法メートルなのだそうです。つまり基本料金しか払っておらず、水は一切使ってない事になります。電気代に関しても最安で1,672円、最高でもたったの3,017円だったそうです。通常、200リットルの小型冷蔵庫を1台置くだけでも最安の電気料金は超えるそうです。このことから四谷の政党支部の事務所はほぼ使われていないことが分かります。しかも、実際にこの事務所に行ってみると表札もインターホンもなかったそうです。完全なペーパー事務所であるにも関わらず、この第4支部からは毎年、電話代からタクシー代などの交通費およそ1,000万円以上のお金が支出されているそうです。

 週刊新潮は二つの政治資金問題について、当の丸川珠代氏の事務所に聞いてみたところ要領を得ない回答しか返ってこなかったそうです…。

過去には蓮舫議員もやっていた!?

 今回の丸川珠代氏の政治資金疑惑について、週刊新潮の政治部デスクは以下のように解説しています。

「丸川さんは選挙区が東京都であり、事務所は議員会館だけで十分。ただ、国会の申し合わせで政党支部を議員会館に置くのは禁じられているため、四谷に形式だけの事務所を置き、実際の業務は議員会館で行っているのでしょう。」
(引用元:週刊新潮 2016年8月11.18日合併号)

 しかし、この”やり口”は、表面だけ誤魔化しただけで、過去には蓮舫議員をはじめとするいろんな政治家が批判されてきた手法です。舛添さんであれだけ政治資金について話題になったになったにも関わらず、未だに行っているとはちょっと危機感が足りないような気がします。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える

 甘利大臣を初め、猪瀬さん、舛添さんと現職の政治家がお金の問題で辞職を迫られてきた経緯があるのにも関わらず、なぜ自身の政治資金の使途を振り返らないのか、あるいは専門家にチェックしてもらわないのか疑問に思います。普通に能力がなくて辞任に追い込まれるのはいいのですが、このようなお金の問題はもうコリゴリです。今回の丸川珠代氏の件は、新聞代については額も小さいですし、ペーパー事務所についても合法だとは思いますから、特に大きな問題にはならないと思いますが、現職の大臣としての自覚が足らないと思います。
 丸川珠代氏は今回新都知事に就任した小池百合子氏には昔お世話になった間柄そうです。選挙では増田さんを応援するしかなかったと思いますが、都知事選はもう終わりました。同じ自民党員である先輩の小池百合子氏はクリーンでオープンな都政を掲げています。都知事選の最中は、小池百合子氏にもお金の疑惑が持ち上がりましたが、迅速に対応していました。丸川珠代五輪担当相には是非とも小池百合子氏のような対応を見習って頂きたいと思います。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)