石舟煌はNHKのプロデューサーと週刊文春!変態行為で不倫相手に大ケガ

石舟煌はNHKのプロデューサーと週刊文春!変態行為で不倫相手に大ケガ

 NHKにまた不祥事発覚です。「石舟煌(いしふねこう)」というペンネームで写真家をやっているNHKの現役プロデューサーが変態行為で不倫相手の女性に大ケガをさせていたと10月6日発売の週刊文春が報じています。石舟煌氏の本名は明かされていませんが、『ためしてガッテン』や『ダーウィンが来た!生きもの新伝説』などの番組を手がけていた人物です。週刊文春の直撃取材以降、石舟煌氏のHPは閉鎖されてしまいました。詳細をご覧下さい。

スポンサードリンク

【週刊文春】石舟煌による不倫相手に変態行為で大ケガの詳細

 まずは、週刊文春が報じている大ケガの詳細から見て行きましょう。被害にあった不倫相手は、バツイチの独身女性(K子さん)で、娘さんがいらっしゃるそうです。事件が起きたのは今から3年前。当時K子さんが住んでいた大阪にある大人の男女が通うバー『W』で事件は起きました。石舟煌に大ケガを負わされた時の話をK子さんの知人が以下のように証言しています。

「あの日、『W』の店内でK子を緊縛し、宙吊りにして放置していたところ、神経が圧迫され、大惨事になってしまったのです。病院での診断名は『橈骨(とうこつ)神経麻痺』。全治四ヶ月以上で、左半身麻痺が続き、左手首はダランとしていた。彼女は仕事もできず、子育てもままならない状態になりました。いまだにその後遺症で指先の感覚は鈍く、麻痺が残っているそうです。三人の整体の先生に看てもらったそうですが、全員に後遺症が残ると言われて彼女はショックを受けていました。それでも男の方は自らの落ち度を認めることはなく、彼女の動かない手を見ないようにするそうです。」
(引用元:週刊文春 2016年10月13日号)

 ちょっと私はこっち方面の好事には詳しく無いのですが、もしかするとこういう怪我ってそっちの世界では結構あったりするのではないでしょうか…。おおらく悪気はなかったのでしょうけど、痛々しいですね…。でも知らんぷりはダメでしょ!

石舟煌の本業はNHKの現役プロデューサー

 次に、石舟煌なる人物は何物なのか見て行きましょう。実はそっち界隈の中では『変態界の巨匠』と呼ばれるほど有名な人だそうで、彼は20代後半の頃から東京や大阪のいかがわしいバーやパーティーを渡り歩く一方、緊縛術も習得していったとのこと。現在は閉鎖されてしまったHPには、目を覆いたくなるようなエグい作品が多数アップされていたようです。
 一方で、石舟煌の本当の素顔を知る人はごくごく一部に限られるそうで、実は『石舟煌』というのは今から数年前から使い始めたペンネームで、本職はNHKの現役プロデューサーなのです。既婚者で子供もいるはずですが、十数年前に浮気がバレたことで奥さんに愛想をつかれ、それ以降別居状態だとか…。しかし、NHK関係者の話では内部の評判はなかなかのようです。

「先輩からは『扱いづらい』と敬遠されていますが、面倒見が良いので後輩からは慕われてます。生物や自然の神秘に造詣が深く、自然系番組のスペシャリスト。プライベートでも頻繁に山籠もりをしていました。『将来は「プロフェッショナル 仕事の流儀」を撮りたい』と言っていました。現在は自然紀行番組などを担当し、全国の映像を取りまとめるデスクの立場にいます」
(引用元:週刊文春 2016年10月13日号)

 どちらかというと芸術家タイプの人なのかもしれませんね。でも当たり前かもしれませんが、NHK内で彼が”石舟煌”という別の顔を持っているという事を知る人はほとんどいないそうです。週刊文春では石舟煌についてかなり掘り下げた内容が掲載されていましたが、ちょっと過激すぎてここでは紹介できません(笑)!

大ケガは二度あった

 実は不倫相手の女性に大ケガをさせたのは、一度だけではなくさらにもう一回あったのです。それは2014年の7月。京都のギャラリーカフェ「ライト商會」で行われた『人間家具晩餐会』というイベントでの出来事です。このイベントは裸の女性がテーブルの脚になる”女体テーブル”や、裸の女性が椅子になり裸の男性が背もたれになる”人間椅子”など、生身の人間が家具になり、モノとして扱われる苦痛と快楽を表現するというコンセプトのようです。ネット検索すると出てきますので、興味がある方は調べてみて下さい。
 そのイベントは無事大成功に終わり、石舟煌や出演者達は前出の『W』というバーで打ち上げをします。二度目の大ケガはそこで起きたのです。イベント成功の高揚感からか、興奮状態に陥った石舟煌はK子さんの胸を医療用メスで切り裂いて撮影したのです。医療用のメスを持ち出すとか、ちょっとここまで来るともう限度を超えてますよね…。しかもその写真をHPにアップしていたそうです。芸術といえばそれまででしょうけど、私にはちょっと理解できない世界です…。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える

 NHKのプロデューサーであれ誰であれ、趣味を楽しむことは大いに結構だと思います。でも行き過ぎはよくありませんよね。そして不倫も…。でもやっぱり公共放送であるNHKの社員さんは一般人に比べて世間目は厳しいと思います。現にNHKの倫理・行動憲章には『私生活でも公共放送の信用を損なう行為をしません』とあります。週刊文春がNHKへ取材を行ったところ、『プライベートなことについては、お答えを差し控えさせていただきます』との回答があったそうですが、その後のNHKによる聞き取り調査の結果、石舟煌は事実を全面的に認めたそうです。ただ、だからと言って今のところ処分などはありません。
 こういう性的な犯罪って、お硬い職業の人に多い気がしませんか?学校の教師とか警察官とか…。やっぱり仕事のストレスが一般サラリーマンに比べて違った意味で重みがあるのでしょう…。最近の世の中って息苦しい閉塞感を感じます。そのはけ口がこういった犯罪行為に向かっては困ります。「ストレスの解消がうまい」というのは、今やすごく重宝されるスキルなのではないでしょうか。ちなみに私はストレスを溜め込むタイプで、解消法は食べることとアルコールです!う~ん、病んでるな…。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!【PR】
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 渡辺謙に文春砲!不倫相手の写真はニューヨークでの手つなぎデート
> 安倍晋三首相と福原愛のツーショット写真が中国ネット上で炎上【週刊新潮】
> 順正学園と安倍首相が吉備国際大学でも癒着か!約30億円がダタに!?
> 加計学園の理事長と安倍首相が癒着か!腹心の友へ36億の土地を無償提供
> アレクサンダーにフライデー!不倫相手はSNSで知り合ったファンの美女!

スポンサードリンク
コメント1

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By クリントン候補

    NHK自然・環境班の黒田未来雄さん。
    ttp://blogs.yahoo.co.jp/earthdaywalk/34179750.html

    ttp://www.gaigokai.or.jp/files/missing/040_D.pdf
    ここに載っている「1994(平06) 黒田 未来雄」か?
    年齢は合致する。ということは、東京外大でドイツ語を専攻した?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)