矢島悠子アナ(テレ朝)に文春砲!不倫相手のM氏は番組制作会社社長

矢島悠子アナ(テレ朝)に文春砲!不倫相手のM氏は番組制作会社社長

 またしても不倫による文春砲です。今回のターゲットはテレ朝入社12年目の矢島悠子アナ(34)。彼女は2011年に番組プロデューサー岡崎利貞氏と結婚しているれっきとした既婚者です。そして不倫相手とされる男性は、『報道ステーションSUNDAY』や『報道ステーション』などの番組制作会社社長M氏。バツイチ独身の50代だとか。週刊文春によりますと、矢島悠子アナは現在旦那とは冷え切った関係で別居状態だったといいます。不倫相手のM氏は一体誰なのか、この年の差不倫カップルがどのようにして誕生したのかなど詳細をご覧下さい。

スポンサードリンク

【文春砲】テレ朝・矢島悠子アナの不倫相手のM氏とは

↓テレ朝の矢島悠子アナ。現在は『報道ステーションSUNDAY』で主にリポーターを担当。この頃はまさか文春砲が自分に飛んでくるとは思ってもみなかったハズ…。

 冒頭でも少し触れましたが、テレ朝の矢島悠子アナは一年くらい前から旦那とは別居状態だそうで、その頃からテレ朝局内では不倫関係が噂されていたそうです。その文春砲の不倫相手は50代バツイチの独身である番組制作会社の社長と週刊文春は報じています。M氏が請け負っているのは『報道ステーションSUNDAY』と『報道ステーション』だそうで、番組スタッフは不倫相手のM氏について以下のように語っています。

「久米宏がキャスターをつとめた『ニュースステーション』時代からのベテランスタッフです。画を考えて番組を作るタイプで、ニュース原稿が上手く、番組内では”主筆”と呼ばれている。詩人のようなポエム詞の原稿も書ける。矢島は子供の頃の夢が『詩人かアナウンサー』とホームページでも公表しており、M氏の才能に惚れたのかもしれません」
(引用元:週刊文春 2016年10月20日号)

 もともと『報道ステーションSUNDAY』のほうを主に担当していたそうなのですが、報ステのメインキャスターを務める富川悠太アナの希望で『報道ステーション』のほうもアドバイザーとして関わるようになったそうです。M氏は昔気質のテレビマンらしく、現場では毎日のように怒号を飛ばしつつも、若手を飲みに連れて行って番組の反省会を開いたりと面倒見も良いそうです。しかし、見た目は白髪頭でメタボ体型…。こんな50代のオジサンのどこがいいのでしょうか(笑)。

 さて、このM氏って一体誰なのか。調べればすぐ分かるだろと思って調べてみたのですが、報道ステーションや報ステSUNDAYの製作会社っていくつもあり、その中で社長が『M』の会社が見当たらないのです…。もしかすると週刊文春が適当に「M」と読んでいるだけなのかもしれませんが…。また分かり次第、更新させて頂きます。

テレ朝・矢島悠子アナの旦那・岡崎利貞氏との関係は冷え切っていた

 テレ朝・矢島悠子アナは2011年、当時28歳のときに16歳年上の岡崎利貞氏(『ちい散歩』のプロデューサー)と結婚しています。矢島悠子アナは『ちい散歩』で長い間地井武男さんのアシスタントを務め、当時はとても可愛がってもらっていたそうです。矢島悠子アナは小さな仕事でもちゃんとこなすことで現場スタッフからも信頼されており、一方で人懐っこく、スラッとした美人なのに気取らない人柄も人気だったようです。ただ、テレ朝関係者の話によると、こと恋愛に関しては依存してしまうタイプらしく、現在不仲となってしまった旦那とは別居状態になり、結果としてそのスキマにM氏が入りこんだのではないでしょうか。テレ朝関係者の話によりますと、旦那と冷え切った関係になってしまった理由を聞いてもごまかしてばかりで分からないとのこと。だた、世間体を気にしてかテレビに映る時は結婚指輪をしているようです。

週刊文春が報じる不倫デートの詳細

 週刊文春が二人の不倫現場を目撃したのは、10月2日(日)の『報道ステーションSUNDAY』の放送五周年記念パーティーを終えた後のことでした。M氏は矢島悠子アナを含め他のスタッフら数名と共に六本木の飲み屋へ移動し、約3時間ほどワイワイと酒を楽しみます。その後みんなで終電を気にしながら乃木坂駅に向かい電車に乗った矢島悠子アナ。しかし、途中で一人だけ電車を降り、乗り継いで向かった先の杉並区内の某駅にはM氏が待っていたのです…。こっそり待ち合わせした二人は、周囲を気にしながら手を繋いだり離したりして、何度も路地を曲がりながらM氏のマンションへと入って行きました。矢島悠子アナの知人は、最近の二人の不倫関係について以下のように語っています。

「矢島はM氏にベタ惚れなんです。『おはよー!○○○○さん』『会ったらドキドキしちゃう』などと頻繁に連絡をしていますよ。日曜日のオンエア後や、その翌日は決まって密会する。夏頃まではM氏が運転する赤いBMWに乗ってホテルに行くこともあったそうです。今ではさらに関係が進み、矢島はM氏の家に私物も置いて、入り浸っています」
(引用元:週刊文春 2016年10月20日号)

 翌日の夕方17時頃。ようやくマンションから出てきた二人は昨日と異なる出で立ち。どこに向かうかと思いきや、向かった先は井上陽水さんのコンサート会場でした。さらに週刊文春によりますと、その翌週の10月9日(日)には杉並区内の焼肉店でも二人の姿を目撃しています…。焼肉店から出てきた二人を追うと、暗い通りでは二人は身を寄せ合い腕を組んで歩いていたそうです。その姿はどこからみてもカップルとしか見えなかったようです。

スポンサードリンク

週刊文春が二人を直撃取材

 そんないいムードの二人に週刊文春は直撃取材を敢行します。「矢島さん、週刊文春です」と言われた矢島悠子アナはとっさにストールで顔を隠し、来た道を戻りだします。週刊文春にはそのシーンの写真が掲載されていました。二人の不倫関係やお泊りの事などについて聞かれても「何もお話することはありません」と答えるのが精一杯の矢島悠子アナ。一方のM氏も「食事していただけ」「腕は組んでいない」「僕が言えることは、スタッフです」と苦し紛れの言い訳とも言えるよな言葉を残し、二人は暗い住宅街に消えていってしまいました…。

この話題の裏側を考える

 今年は本当に不倫スクープが多いですね。ほぼ毎月週刊誌の不倫スクープが報じられている気がします。今回はテレ朝のアナウンサーということで、本当はただの会社員ですが、やはりテレビに出ているということで世間の印象は芸能人のような晴れやかな世界にいる有名人ということなのでしょう、週刊文春ターゲットにされてしまいました。
 実は私、報ステSUNDAYはほぼ見ないので矢島悠子アナの事は知りませんでした…。でもあまり有名なアナウンサーでも無い気がするのですが、そんなアナウンサーにでも週刊文春の手は伸びていくんですね。もしかすると近い人からのリークでもあったのでしょうか。昔、石田純一さんが『不倫は文化』と報じられて(実際は言っていないそうですが)、本当は不倫している人って結構いるみたいですよね。私は出会いがないので全く関係ない話ですが…(笑)。

【PR】脱毛が初めてのあなた!
つるスベお肌を手に入れよう♪
今なら5月限定の98%OFF!
人気の3カ所が脱毛できて、360円!
スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)