ピコ太郎の正体!古坂大魔王がマネーの虎で「世界を驚かせたい!」

ピコ太郎の正体!古坂大魔王がマネーの虎で「世界を驚かせたい!」

 「アイ・ハブ・ア・ペ~ン♪アイ・ハブ・ア・アポ~♪アーンッ!アッポーペ~ン♪」
 一度聞いたら耳から離れない電子音とともに、チンピラみたいな格好(笑)のオジさん(ピコ太郎)がクネクネと変なダンスをしながら歌うの楽曲『PPAP ペンパイナッポーアッポーペン』が今、世界規模で大ブレーク中です!

 その正体はお笑い芸人の古坂大魔王(43)というのも既にご存知の方も多いのではないでしょうか。さらに言うと、その古坂大魔王の本当の正体は『底ぬけAIR-LINE』というお笑いトリオのメンバーの一人、古坂 和仁さんなのです。『底ぬけAIR-LINE』は現在事実上解散しており、古坂 和仁さんはピン芸人として古坂大魔王を名乗って活躍中で、DJなどのお仕事もやっているそうです。そして、そんな『世界規模の一発屋』が今から10年以上前、マネーの虎という伝説の番組に出演していたのです。当時まだ古坂大魔王を名乗る前から「音楽で世界を驚かせたい」と言っていた古坂大魔王。今回は、その当時のマネーの虎の番組の様子をご紹介したいと思います。お時間あればお付き合い下さい。

スポンサードリンク

ピコ太郎の正体である古坂大魔王がマネーの虎で予言していた!?

 まず、『マネーの虎』がどういう番組なのか、簡単に言いますと何か起業したりビジネスをやりたい一般人が、審査員である実績のある投資家の人達にその事業をプレゼンし、自分の希望する額を出資してもらうという番組です。2001年から関東地方の深夜番組として放送され、視聴率は7%を超えることもあったそうです。そんな番組に、ピコ太郎の正体である古坂大魔王(古坂 和仁)が出演していたというのです。そこでは「世界をビックリさせたい!」と、今思えば本当にそうなったのですごいと思える言葉を口にしていたのです。

 古坂大魔王がマネーの虎で出資してもらいたい額は「700万円」でした。事業の内容は、お笑いと音楽の融合ということで、『ノーボトム』というバンドを立ち上げ、「そのバンドをロンドンでデビューさせたい」そして「世界を驚かせたい!」という依頼内容でした。バンドでの作詞、作曲、ボーカルとパフォーマンスは全て古坂大魔王が手がけていて、ノーボトムのコンセプトとしては、日本の祭りのような「和」を基調としたものと、テクノミュージックを融合させた『和風テクノ』だといいます。マネーの虎では実際にバンドを演奏している様子も放送され、まずまずの評価を得ていました。「古坂さん、絶対成功できますよ!」とまで言い出した審査員(投資家)もいました。さらにアカペラで一曲何か歌ってというむちゃぶりにも応え、それも好評で合計300万円が投資されました。
 しかし、出資希望額の700万円の内訳を説明した時に、ロンドンでの滞在期間が一ヶ月間しかないという部分を指摘され、それはちょっとギャンブル的な要素が強いということと、古坂大魔王がまだ実際にロンドンに行ったことがないという部分も、マーケティングが足りないと指摘されていました。結局、今の実力は認めるけれども、だからこそ実際に自分の目で今のロンドンをちゃんと知った上で音楽を作るべきだと説得され、希望する700万円に到達しなかったため、「ノーマネーでフィニッシュ」となってしまいました。
 でも最後にピコ太郎の正体である古坂大魔王は「お金じゃない、何かスゴいもんを貰えた感じがします。ありがとうございました。」という言葉を残していたのですが、もしかするとマネーの虎での経験も、今回のピコ太郎のブレイクに繋がっていたのではないかと思います。

ピコ太郎のPPAPはなぜブレイクし、どうやって完成したのか

 次に、このピコ太郎のPPAPはなぜ、ここまで爆発的にブームとなったのでしょうか。最初はいろんな所に売り込みをしたそうですが、全く相手にされなかったそうです。そこで自称ピコ太郎のプロデューサーである古坂大魔王が自らメークやカメラマンなどを雇って自費制作を行い、今年の8月25日にYouTubeにアップしたところ、初めは口コミなどで女子高生の間で広まり、その後アメリカの人気動画アプリで拡散されたそうです。そして極めつけがこちら↓。

 あのジャスティン・ビーバーが「My favorite video」としてツイートしたことが世界中に拡散され、今ではいろんな人が真似ている動画がアップされているようですね。

 曲も一分足らずでシンプルですからそういった部分も受けている要因の一つなのではないでしょうか。では、いったいこのピコ太郎のPPAPはどのようにして誕生したのでしょうか。あの週刊文春がピコ太郎の正体である古坂大魔王に直撃取材を行っていました。

「四年前に作家さんとネタつくっていたときに、目の前のテーブルにペンとアップルとパイナップルがあったんです。曲は元々あったので、なんかできないかなと。ペン、ペン、アップルと言い続けて指してみたら面白いなって気付いたんです。そしたら世の中にも刺さっちゃったんです」
(引用元:週刊文春 2016年10月27日号)

では、ピコ太郎現象のツイッターの反応を少し見てみましょう。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える

 今回、古坂大魔王のルーツである底ぬけAIR-LINE時代の動画などをいろいろと見てみたのですが、やっぱり音楽ネタが非常に多いですね。「テクノ体操」というネタがあるのですが、これの振り付けはモロにピコ太郎でしたし(笑)。なので古坂大魔王さんにはテクノ・ミュージックというのがベースにあって、そこにお笑いのエッセンスを取り入れるというのが芸風なのだと思います。それに加えて、時代はSNSやYouTubeの時代です。ようやく古坂大魔王さんのやりたいことに時代やインフラが整い、今回の大ブレークに繋がったのだと思います。
 でも正直、このピコ太郎のPPAPを初めて見た時、「???」と混乱してしまいました(笑)。もうオッサンになった証拠なのだと思いますが、息子に聞くと既に知っていて小学校ではとっくに流行っていたそうです。家では動画など一切見せてないのですが、友達とのネットワークってスゴいんですね。そして四歳の息子にピコ太郎のPPAPを見せるとすぐに踊りだしました。きっと、曲と踊りがキャッチーなんでしょうね。私は古坂大魔王さんと同世代なのですが、このような発想ができることに感心しています。もしかすると、年末の紅白もあるかもしれませんね!?

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 【new】成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人の告発だった!
> 西野カナ 彼氏(マネージャー)がハワセン(田中一知)ではない三つの理由
> 和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!
> 高畑裕太 週刊現代の全文第一弾!被害女性が告白「あの夜の出来事」
> 高畑裕太 週刊現代の全文第二弾!被害女性の告白「知人男性と示談理由」
> 大谷翔平 彼女に女子アナはNGも市野瀬瞳が噂になる理由とは

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)