三代目JSBにレコード大賞の買収疑惑【文春砲】1億円の請求書があった

三代目JSBにレコード大賞の買収疑惑【文春砲】1億円の請求書があった

 うすうす気付いていた人も多いのではないでしょうか…。週刊文春11月3日号に三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)が所属する株式会社LDHが1億円で2015年末のレコード大賞を買収した疑惑が報じられていました。週刊文春はそれを決定付ける証拠として、株式会社バーニングプロダクションがLDHに発行した1億円の請求書の写しまで掲載しており、記事中にはそれを裏付ける数々の証言も報じられています。今回はそんな文春砲の詳細をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【週刊文春】三代目JSBのレコード大賞買収疑惑の詳細

 まずは、週刊文春が入手した1億円の請求書の写しをご覧下さい。

 日付は平成27年12月24日。発行元は”芸能界のドン”として知られる周防郁雄社長の株式会社バーニングプロダクションです。そして発行先は三代目JSBが所属する株式会社LDH。この請求書は、バーニングがいつも使用しているものと同じ書式らしく、口座番号や社印も完全に一致しているといいます。そして、但し書きに注目して下さい。『年末のプロモーション業務委託費として』と書かれてあります。年末にLDHの所属タレントが行った活動といえばNHKの紅白歌合戦かTBSの日本レコード大賞の二つしかありません。バーニングはこのどちらにもかなりの影響力があるとされています。
 今回、週刊文春の取材で明らかになったのは、レコード大賞の審査委員に対してバーニング側から三代目JSBに票を入れるよう強い働きかけがあったという事実と、先ほどの請求書でした。実際に、昨年のレコード大賞は三代目JSBの「Unfair World」が獲得し、一昨年の「R.Y.U.S.E.I.」に引き続き二連覇を達成しています。しかし、当時この結果にとある審査員が以下のように洩らしていたのです。

「正直知りませんでしたよ、この曲。審査委員の間でも、『全然ヒットしていないけどいいのか』って疑問の声が上がりましたから。完全にエイベックスと”赤坂”の意向ですよ。数千万だか一億だか、LDHが”赤坂”に持っていったらしいですよ」
(引用元:週刊文春 2016年11月3日号)

 ここで言う”赤坂”とは、バーニングの会社がある場所のことで同社を指す俗称です。そして、エイベックスは三代目JSBのレコード会社です。さらに「バーニングパブリッシャーズ」という周防氏の息子が経営している会社(バーニングの子会社)があるのですが、そこにEXILEや三代目JSBの楽曲の著作権の一部を譲渡しているのです。なので、ざっくり言うと、三代目JSBが売れるとバーニングが儲かるという仕組みが出来上がっているのです。
 ちなみに、↓がレコード大賞を獲得した三代目JSBの「Unfair World」(売上約20万枚)です。本命と言われていたAKB48の「僕たちは戦わない」(売上約180万枚)を抑えての受賞でした。

レコード大賞の審査委員は新聞記者が務めている事実

 私は知らなかったのですが週刊文春によりますと、レコード大賞の審査委員の多くは大手のスポーツ紙6紙(スポニチなど)や一般紙(読売など)の新聞記者が務めているそうです。音楽の賞レースに新聞記者なんて関係ないじゃん!という批判は置いといて、ここでも”芸能界のドン”の影響の手が伸びていたのです。まず、スポーツ紙とバーニングは普段から親密な関係にあります。スポーツ紙が扱う芸能ネタは”赤坂”から供給されるそうです。一般紙に関しても芸能界に人脈のない記者でもバーニングと関係を保っておくと、ミュージシャンのインタビューの段取りをしてくれたりといろいろと便利なのだそうです。
 さらに選考会は挙手制のため、どの審査委員がどの曲に挙げたのかわかるそうです。もしバーニングの意向に反する曲に入れるとクレームがはいるため、「バーニングの意向が全てだと言っても過言ではない」と言う音楽業界関係者もいるそうです。

三代目JSBがレコード大賞を受賞出来たカラクリ

 以上を踏まえて、2015年のレコード大賞を三代目JSBが受賞したカラクリを見て行きましょう。
 レコード大賞の審査は毎年10月から始まるそうです。去年は審査の始まる前の下馬評ではAKB48の『僕たちは戦わない』が売上180万枚と圧倒的な優位に立っていました。しかもAKB48は結成十周年でリーダーの高橋みなみの卒業が発表されたりと話題も豊富でした。あの周防社長でさえ『今年はAKB48で決まりだ』と公言していたそうですから。しかし、レコード大賞関係者が以下のように語ります。

「ところが、審査が始まった頃になって突然、三代目を手がけるエイベックスが『うちは本気でやります』と名乗りをあげた。ある審査委員が『AKBにケンカを売るの?』と尋ねたところ、担当者は『上同士で話がついています』と言い放ったそうです」
(引用元:週刊文春 2016年11月3日号)

 バーニングの了承を得たエイベックスは、審査委員に接待攻勢をかけます。主に食事やホステスのいるお店などで接待し、最後に『一票と勘定してよろしいですね』と念押しするそうです…。先ほどもご紹介したようにエイベックスの後ろにバーニングがいるとなると、審査委員たちも逆らうわけにはいきません。
 レコード大賞の審査は15人の審査委員の挙手で決まるのですが、初めはAKBが13票とダントツだったそうです。しかし、エイベックスによる接待攻勢の後の最終審査では、三代目JSBに11票が投じられ、AKBは3票という大逆転が起こったのでした。

スポンサードリンク

腐敗しきったレコード大賞に告発文が届いていた

 レコード大賞がこのような状況にあることを憂慮した人がいたのでしょう。今年の春、以下の文で始まる匿名の告発文がレコード大賞を主催する公益社団法人・日本作曲家協会に届いたのです。

『日本レコード大賞の審査委員の件で不本意な噂が乱れ飛んでおります。審査委員は、主催者側で決めていると聞いておりましたが、バーニングの周防さんが裏で強い影響力を持っているとも聞きます』
(引用元:週刊文春 2016年11月3日号)

 その告発文には審査委員の一人であるスポーツ紙の記者と周防氏の癒着関係や、周防氏と作曲家協会会長である叶弦大氏の関係が選考に大きく影響していると書かれていたそうです。

この話題の裏側を考える

 直感的に思ったのが、LDHも悪いですが、それを売るバーニングもダメですよね。そしてこの報道で一番痛いのはレコード大賞を放送しているTBSなのではないでしょうか。最近は個人の趣向も多様化して来てますし、”大賞”とかに世間もあまり興味がわかなくなっている気もします。
 面白いことに、ツイッターなどを見ると今回の週刊文春の三代目JSBに関する報道はテレビの情報番組などでは一切触れられていないようですね(違ってたらスミマセン)。やはり”芸能界のドン”が絡んでいるからなのでしょうか。有吉と夏目三久の結婚妊娠報道のときと同じですね。
 最後に面白いツイートがありましたのでご紹介します。

 当ブログでも「LDHの双子の名物役員・X氏とY氏に尾野真千子の旦那が!週刊文春が体育会系イジメをスクープ!」でご紹介しましたが、LDHはものすごい体育会系の会社なのだそうです。たしかにそのルートのリークもあり得なくは無いですね。でもいつも思うのですが、週刊文春ってこういう機密文書をどうやって入手するのでしょうか。そして渡す方の神経もわかりません。なので、こういう恨みを抱えている人が危ないですね。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 【new】成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人の告発だった!
> 西野カナ 彼氏(マネージャー)がハワセン(田中一知)ではない三つの理由
> 和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!
> 高畑裕太 週刊現代の全文第一弾!被害女性が告白「あの夜の出来事」
> 高畑裕太 週刊現代の全文第二弾!被害女性の告白「知人男性と示談理由」
> 大谷翔平 彼女に女子アナはNGも市野瀬瞳が噂になる理由とは

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)