平尾誠二の死因!病名の肝臓がんを隠す理由は本人の希望だった!

平尾誠二の死因!病名の肝臓がんを隠す理由は本人の希望だった!

 私はラグビーに疎いのですが世代的にドラマ「スクール・ウォーズ」は知っています。弱小ラグビーチームが全国制覇を成し遂げる昭和を代表するスポ根ドラマですが、まさかそのモデルになっていたのが平尾誠二さん(享年53歳)だったとは、申し訳ないですが亡くなってから知りました…。
 平尾誠二さんは京都の伏見工業時代に全国制覇を成し遂げ、同志社大学では大学選手権3連覇、さらには神戸製鋼時代は日本選手権7連覇の原動力となりました。そんな輝かしい実績を誇るミスターラグビーこと平尾誠二さんが10月20日、突然亡くなったのです。死因となった病名がなかなか明らかにならなかった中、10月27日に発売された週刊新潮には死因となる病名は「肝臓がん」と報じられ、今まで隠す理由はご本人の希望だったとも報じられています。詳細をご覧下さい。

スポンサードリンク

平尾誠二の死因の病名の肝臓がんだった

 今から遡ること約1年。去年の9月に平尾誠二さんは入院します。周囲には胃潰瘍と説明していたそうですが、この時既に医師からは余命宣告が告げられていたといいます。ですのでその時には肝臓がんが発覚していたと思われます。それでも元日本代表の松尾雄治氏が経営する都内のバーに姿を見せたのは去年の10月。松尾雄治氏曰く、この時はまだ顔色もよく病人には見えなかったそうです。
 周囲が異変に気付いたのは、今年の1月に大阪で開催されたスポーツフォーラムの時です。とあるスポーツ記者の話によりますと、頬が痩せこけて精悍なイメージが無くなっていたそうです。本人は”ウエストが現役時代に戻ったよ”と冗談を言っていたそうですが…。しかし、その後はラグビー協会の理事会も欠席するようになっていくのです。
 そして松尾雄治氏が今春からラジオ番組を始めたそうなのですが、記念すべき第1回のゲストに平尾誠二さんを呼んだそうなのです。”お前しかいない”と。しかし3月20日に帰ってきた返事のメールには”光栄な話ですが神戸を離れられません”という事でした。それ以外は書かれていなかったそうです。
 そして、最後に公の場に姿を現したのが今年の4月に大阪で開かられた「毎日21世紀フォーラム」だったといいます。それからは容態が悪化し、9月には京大病院がんセンターに担ぎ込まれたのです。
 ラガーマンならずともスポーツ選手などは全般的に一般人よりも飲酒量は多く、平尾誠二さんは決してお酒に呑まれるタイプではなかったようですが、お酒好きではあったようです。秋津病院の秋津院長は当時の松尾雄治さんの様子を見て以下のようにコメントしています。

「今年1月の姿を拝見する限り、普通の肝臓がんでは、あそこまで痩せ細るという事はありません。平尾さんは昨年9月に入院されているとのことですが、すでに肝臓と近接する膵臓や胆管などに転移が進んでいて手術が出来なかったということが考えられる。もう一つは、肝臓のなかでも胆管や肝動脈を巻き込む形でがんが出来ていた可能性があります」
(引用元:週刊新潮 2016年11月3日号)

 転移が進むと複数の臓器で機能不全に陥り、腹部や脚がむくむ一方身体はげっそりと痩せてしまうそうです。私の母親も56歳でガンで亡くなったのですが、本当にその通りでした…。

病名を隠す理由は平尾誠二氏本人の希望だった

 私が平尾誠二さんの死を知ったとき、まだ53歳と若かったので死因や病名が気になりました。でもどの報道を見ても分かりません。松尾雄治さんは「膵臓がんと聞いていた」と公言していたのですが、本当は肝臓がんで膵臓にも転移していたのです。そして病名を隠す理由は本人の意向で最後まで伏せられたそうです。まだご存命の母・信子さんは「派手なことは嫌いな子やから私も言わんことにしているんです」と週刊新潮の記者にも言わなかったそうです。しかし、親族の一人の話によると肝臓がんだと聞いているということでした。
 親しい知人・友人に病名を告げず、肝臓がんという病魔と闘った平尾誠二さんは最後まで自分のプレースタイルを貫こうとしたのでしょう。病名を隠す理由も平尾誠二さんの性格を考えるとなんとなく分かる気もします。平尾誠二さんと長い付き合いのあるノンフィクション作家の早瀬圭一さんは言います。

「平尾君の性格を一言でいうと”孤高”です。そして真面目で繊細。一緒にカラオケに行くと、必ず甲斐バンドの”HERO”を歌っていたのを思い出します」
(引用元:週刊新潮 2016年11月3日号)

 日本ラグビー界を支え続けて下さったヒーロー・平尾誠二さんのご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える

 今から10年前に急死した元日本代表監督・宿澤広朗氏をご存知でしょうか。日本ラグビーの頭脳と言われた彼は平尾誠二さんをジャパンのキャプテンに抜擢した人物です。1989年にスコットランドから国際ラグビーボードメンバー戦初勝利、1991年W杯でも歴史的な白星を挙げています。生前、平尾誠二さんとのエピソードを以下のように語っていました。

「平尾ってさ、ラグビーは日本一うまい、そのうえハンサムで頭もいい。性格もいい。完全無欠なんだよ。嫌になっちゃうでしょ。それで、もしかしたら音痴なんじゃないかって思って、カラオケに連れて行ったの」
(引用元:AERA 2016年10月31日号)

 その時、先に宿澤さんがイルカの「なごり雪」を歌い、平尾さんの番が来て画面にサザンの「いとしのエリー」が出た時点でヤバいと思ったそうです。なぜならこのサザンの名曲を下手くそに歌うヤツはいないからだと言います。そして案の定、平尾さんの歌は桑田佳祐さんよりうまかったかもしれない(笑)と語っていました。
 この二人、12歳も歳が離れているとはいえ日本ラグビー界の両雄を亡くしたのは本当に痛いです…。そして今頃繰り広げられているであろう天国でのラグビー談義を聞けないのもまた残念です…。合掌。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 【new】成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人の告発だった!
> 西野カナ 彼氏(マネージャー)がハワセン(田中一知)ではない三つの理由
> 和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!
> 高畑裕太 週刊現代の全文第一弾!被害女性が告白「あの夜の出来事」
> 高畑裕太 週刊現代の全文第二弾!被害女性の告白「知人男性と示談理由」
> 大谷翔平 彼女に女子アナはNGも市野瀬瞳が噂になる理由とは

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)