ピコ太郎の新曲がつまらないと話題の2曲を動画ご紹介「でも耳には残る」

ピコ太郎の新曲がつまらないと話題の2曲を動画ご紹介「でも耳には残る」

 PPAPで世界的大ブームを巻き起こしているピコ太郎ですが、裏で矢継ぎ早に新曲をリリースしているのをご存知でしょうか?2016年11月10日時点で、再生回数8,100万回の『PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)ペンパイナッポーアッポーペン』をYouTubeに動画をアップしたのが2016年8月25日なのですが、その約一週間後の9月3日に『Romita Hashimikov(ロミータ・ハシミコフ)』、9月21日には『KASHITE KUDASAIYO(貸してくださいよ)』の動画を次々とアップしています。この2つは再生回数が100万回~240万回位なのですが(それでも凄い!)、PPAPに比べると寂しい感じですよね…。そして、最近ヤフー・ニュースにも取り上げられていたピコ太郎の最新動画『NEO SUNGLASSES(ネオ・サングラス)』が再生回数1,100万回を超えたということで話題になっています。こちらの動画がアップされたのは10月6日なので、前の2曲よりはウケが良いようですね(笑)。
 今回は、ヤフーで話題になった『NEO SUNGLASSES(ネオ・サングラス)』ではなくて、光の当たらなかった”つまらない”と話題の『Romita Hashimikov(ロミータ・ハシミコフ)』と『KASHITE KUDASAIYO(貸してくださいよ)』の動画をご紹介したいと思います。知られていないだけで、意外と面白いかもしれませんよ!?

スポンサードリンク

ピコ太郎のつまらない!?新曲 動画『Romita Hashimikov(ロミータ・ハシミコフ)』をどうぞ

 ではピコ太郎の”つまらない”と噂の新曲、まず1曲目。『Romita Hashimikov(ロミータ・ハシミコフ)』を御覧下さい。

 冒頭でも書きましたが、こちらは再生回数130万回位とPPAPに比べると(比べる先が凄すぎる!?)かなり寂しい感じですかね。噂によると、この曲の歌詞、実話だそうですよw

ピコ太郎のつまらない!?新曲 動画『KASHITE KUDASAIYO(貸してくださいよ)』をどうぞ

 次にピコ太郎の”つまらない”と噂の新曲の2曲目。『KASHITE KUDASAIYO(貸してくださいよ)』を御覧下さい。

 こちらはロミータ・ハシミコフよりも受けが良いのか倍くらいの再生回数(240万回以上)ですね。YouTubeのコメント欄を見てみると、意外と反応がいいんですよね。でも”つまらない”と思った人はコメントなんかしないで、すぐ閉じてしまでしょうけど…。

ピコ太郎の「つまらない」新曲2曲の感想

 PPAPが世界的に大ヒットした裏には、本人も「ジャスティンインパクト」と言っているように、ジャスティン・ビーバー先生がツイッターで広めなかったらここまで世界的なブレイクはなかったと思うのです。では、なぜジャスティン・ビーバー先生の目に止まったかというと、歌詞が英語だったというのが非常に大きかったと思うのです。
 にも関わらず、残念なことに今回ご紹介した2曲の動画では、どちらも歌詞が日本語なのです。これは非常にもったいない。せっかく世界が注目してくれているにも関わらず、日本語で歌っちゃあ伝わりませんよね。案の定、『KASHITE KUDASAIYO(貸してくださいよ)』の歌詞にある”ヤフオク”の意味が分からない外国人が、YouTubeのコメント欄に”ヤフオクってどういう意味?”という英語の書き込みがありました。
 でもよく考えると、この”つまらない”とされている2曲は、おそらくPPAPの大ヒット前にアップされた動画だと思いますので、この2曲が日本語なのは仕方ないですかね。ということは、最新曲の『NEO SUNGLASSES(ネオ・サングラス)』のほうが字幕で英語訳もでているのですから、歌詞を英語にすべきだったかもしれません。

 今回の新曲2曲を聞いた感想としては、私はPPAPほどのインパクトはないにせよ”つまらない”と一蹴されるほどつまらないとは思いませんでした。そして感心するのは、どの曲も耳に残るんですよね。テクノポップが耳に残りやすいのかもしれませんが、その辺はさすがピコ太郎だなと思いました。でも、芸風がどうしてもシュールなので、なかなか一般受けする曲は難しいかもしれませんね。8.6秒バスーカのように…。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「一発屋の賞味期限」

 一発屋といってもピコ太郎のPPAPはその一発の破壊力が半端ないです。YouTubeの週間再生動画回数4億回超で、世界一位を獲得。10月28日には『ビルボードホット100にチャートインした最も短い曲』としてギネス世界記録にも認定されています。しかし、ピコ太郎は世界的な一発屋の賞味期限を分かってるかのように、ビジネスをスピードアップさせています。11月1日には、東京スカイツリーに「PPAP CAFE」がオープンし、11日には台湾訪問、来月7日にはファーストアルバム「PPAP」をリリースすることが決まっています。とある芸能関係者は以下のように語ります。

「今後、収益が一番期待されているのは『LINEスタンプ』です。ピコ太郎なら、公式アプリで1位確実。日本のスタンプはクオリティーが高く、海外でもウケている。今の認知度なら、億単位の売り上げが期待できます。コラボスタンプなど広告営業も引き合いが多いので、数十億円も夢じゃないですね」
(引用元:日刊ゲンダイ 2016年11月8日号)

 一発屋の旬の短さをわかっているかのような超高速プロモーションを展開するピコ太郎。億単位のお金を稼いだ後は、何を企んでいるのでしょうか…。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 【new】成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人の告発だった!
> 西野カナ 彼氏(マネージャー)がハワセン(田中一知)ではない三つの理由
> 和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!
> 高畑裕太 週刊現代の全文第一弾!被害女性が告白「あの夜の出来事」
> 高畑裕太 週刊現代の全文第二弾!被害女性の告白「知人男性と示談理由」
> 大谷翔平 彼女に女子アナはNGも市野瀬瞳が噂になる理由とは

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)