ショーンKの現在(11月)とユアタイムの視聴率がヒドい!

ショーンKの現在(11月)とユアタイムの視聴率がヒドい!

 2016年3月に経歴詐称疑惑が報じられたショーンK氏(48)。『報道ステーション』(テレビ朝日系)を始めとする6番組を降板し、さらには4月から始まる新番組『ユアタイム』(フジテレビ系)のMCも白紙になり、すっかり表舞台から姿を消してしまいました。それから約7ヶ月後の11月現在、あのショーンK氏はいったい何処で何をしているのでしょうか。すると女性自身誌に、ショーンKの所属事務所の関係者と、友人の証言が掲載されていました。ただ、関係者の証言内容と、友人の証言内容がだいぶ食い違っていたため、11月現在のショーンK氏の状況は謎のままです。
 さらに、本当は現在もMCを続けていたはずであった番組『ユアタイム』の視聴率もヒドいことになっています。今回は、11月時点のショーンK氏とユアタイムの視聴率などについて、迫ってみたいと思います。お時間あればお付き合いください。

スポンサードリンク

2016年11月 ショーンK氏の現在に迫る:事務所関係者の証言

 2016年11月。ショーンKは現在どのような生活を送っているのでしょうか。まずは、ショーンK氏の所属事務所の関係者の証言からご紹介したいと思います。
 女性自身誌(11月29日・12月6日合併号)によりますと、まず本業だった経営コンサルタントの仕事は、経歴詐称疑惑騒動の前と変わらず順調で、騒動でキャンセルして来たクライアントも一切なかったそうです。むしろ心配して新しい仕事先を紹介してくれて、増えたそうです。さらに、テレビやラジオの仕事も”殺到している”そうなのですが、ショーンK氏自らが「放送関係は当分やりたくない」との意向を示しているため、事務所としてはそのような仕事はお断りしているのが現状のようです。
 個人的には、仕事もなくてションボリしているのかな?と勝手に想像していたのですが、どうやら取り越し苦労だったようです。女性自身誌は今年の6月に、ショーンK氏の友人の長野にある別荘に潜伏しているとの情報をキャッチしたらしく、そのことを友人に尋ねると、「田舎暮らしはちょっと無理だったようで、早々に東京に戻った」と証言する一方で、事務所の関係者は、現在は「所属事務所にも頻繁に打ち合わせに訪れる」と証言しています。そして、その事務所関係者は以下のような驚くべき発言をしているのです。

「だいたいね、あの騒動はショーンこそが被害者なんですよ。彼は嘘もついてなかったし、世間を騙したこともない。みんな、マスコミがつくったストーリーじゃないですか。学歴も彼が自分で言っていたことじゃない。回りが勝手に書いたり言ったりしてただけ。それが孫引きされたりで、どんどん事実とかけ離れていったんでしょう」
(引用元:女性自身 2016年11月29日・12月6日号)

 確か経歴詐称疑惑を受けて、ご自身のラジオ番組で「すべての原因は私にあります」と謝罪していたと思うのですが、あれは何だったのでしょうか。ちょっと理解に苦しむのですが、上記の内容はショーンK氏の意思でもあるのか女性自身誌の記者が確認したところ肯定し、ショーンK自ら「(マスコミから)まったく話にならない作り話をされた。相手にする気もない」と言っていると語っています。だいぶ強気な発言な気もしますが、もしそれが本当なのであれば、ショーンK氏は現在、全く反省していなかったということになります。まさか、事務所関係者までも”ホラッチョ”じゃないでしょうね!?

2016年11月 ショーンK氏の現在に迫る:友人などの証言

 一方、ショーンK氏のプライベートに近い人物の証言をご紹介します。先ほども触れましたが、ショーンK氏は現在、所属事務所にも頻繁に顔を出すということだったのですが、友人の話ですと、DJ仲間などの友人との連絡は途絶えているそうです。”都内のウィークリーマンションに潜んでいる”という噂が飛び交うほどで、誰もショーンK氏の姿を見ていないといいます。
 さらに、ショーンK氏の熊本の実家のマンションの住人の証言もありまして、熊本を襲った大地震の後も一度も姿を現していないといいます。”本当の父はアメリカ人”などと言った手前、両親に合わせる顔がないのかもしれませんが…。
 所属事務所の証言とは裏腹に、友人たちには東京でも熊本でも目撃されていないショーンK氏。メディアへの復帰はまだまだ先になりそうです。

ユアタイムの視聴率がヒドいことになってる!?

 そんなショーンKの経歴詐称疑惑のとばっちりを受けたユアタイム。一人でMCを引き受けることになった市川紗椰(29)は11月に入って『もう辞めたい』と洩らしているといいます。フジテレビの関係者の話では4月の改編期に向けて、ユアタイムの打ち切りも議論されるはずだといいます。それもそのはず、ユアタイムは一人MCの市川紗椰には荷が重かったのか隣に座る野島卓アナが担当する原稿を増やしたにも関わらず、11月の視聴率は2%台というヒドい低空飛行を続けているそうです。そんなヒドい低視聴率をほこるユアタイムにとって起死回生の大チャンスが訪れたのです。それは「アメリカ大統領選挙」でした。

「『ユアタイム』放送開始直前の今年三月、彼女は、ボストンで大統領選を取材しているのです。今回、クリントン陣営を担当したのも、『勝つ候補を取材したい』という市川サイドの希望でした。結局、その読みも外れてしまった。報道局はフジ唯一の赤字部署なのですが、『ユアタイム』はプロデューサーが大統領選の特番を兼任していることもあり、十人以上を派遣する力の入れようでした」(番組関係者)
(引用元:週刊文春 2016年11月24日号)

 しかし、この大チャンスに市川紗椰がチョンボをしてしまうのです。そこには「あっ、聞こえてま~す。市川です、あれっ?」と左右に首を振ってスタッフに助けを求め、マイクを持つ手が震える彼女が立っていたのです。実は彼女、本番の中継をリハだと勘違いしてしまったのです…。市川紗椰はモデル出身とは言え、4歳から13歳までデトロイトに在住し、早稲田大学を卒業した才媛なのですが、MCには向いてなかったのかもしれません…。私もたまーにユアタイムを見ますが、市川紗椰さんのMCは”自信なさげ”な感じがすごく出ている気がします。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える

 今年も残すところあと1ヶ月半を切りました。ショーンK氏の経歴詐称疑惑は当時すごくマスコミを賑わしたのが昨日の事のようです。でもあれから7ヶ月も経ったのに、ショーンK氏が全く姿を現さないのは、やはり本人はもう日本のテレビやラジオに懲りたのかもしれませんね。同じように今年大バッシングを受けたベッキーでさえ、徐々に芸能界に復帰しつつあります(復帰できるか出来ないかは置いといて)。ショーンK氏だったらやる気さえあれば、もう一度きちんと謝罪して、小さなラジオの仕事とかから始めれば、実力があれば十分やり直せると思うのですが、所属事務所もあんな感じなので、本業のコンサルに絞るおつもりなのでしょう。
 ユアタイムはMCの市川紗椰さんばかりが責めれられるのはちょっと筋違いな気がします。こちらも7ヶ月たって何も進歩がないのは、制作サイドに問題があると思います。でもとりあえずは3月末まではこのまま行くんでしょうねきっと。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 【new】成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人の告発だった!
> 西野カナ 彼氏(マネージャー)がハワセン(田中一知)ではない三つの理由
> 和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!
> 高畑裕太 週刊現代の全文第一弾!被害女性が告白「あの夜の出来事」
> 高畑裕太 週刊現代の全文第二弾!被害女性の告白「知人男性と示談理由」
> 大谷翔平 彼女に女子アナはNGも市野瀬瞳が噂になる理由とは

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)