和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!

和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!

 2016年11月24日の午後に「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表されるのですが、それに先立って今朝のスポーツ紙で『和田アキ子 紅白落選』が報じられていました。昨今の世代交代の流れによって、NHK内でもその声が高まったことが直接的な理由のようです。2016年の紅白出場が叶えば通算40回目の節目となるはずでしたが、本人もさぞかし残念がっていることでしょう…。
 今回は、そんな和田アキ子(66)が、なぜ紅白に落選してしまったのか、週刊文春の報道を元にその理由を考えてみたいと思います。実は和田アキ子が紅白に出場するか落選するかどうかは、SMAPの次に注目されていたそうなのです。

スポンサードリンク

【文春】和田アキ子が紅白を落選した理由その1「人気が落ちてきた」

 世代交代という大義名分もあるかとは思いますが、本当の理由としては単純に人気が落ちてきたからなのだと思います。長いことヒット曲もなく、2016年7月に発表した新曲『All Right!!!』もパッとせず、結局いつも『あの鐘を鳴らすのはあなた』とか『笑って許して』などばかり歌っていましたから。そして文春恒例の『女が嫌いな女』で今年も一位をとるなど、一定数のアンチがいることも実証済です。
 私も「なんで和田アキ子とかって毎年紅白出るんだろ?」と漠然と思っていました。「芸能界でも大御所だし、いろんな大人の事情で出させてもらってるんだろう」くらいに考えていたのですが、さすがに『歌合戦』にヒット曲のない歌手が選ばれるのはどう考えてもおかしいですよね。NHKもようやく”世代交代”という大義名分を得て落選に踏み切ることができたのでしょう。
 ただ文春では、和田アキ子が落選となればホリプロ”中興の祖”といわれている小田信吾前社長や、創業者の堀威夫氏まで出てくるのでは?と報じていましたが、このまますんなり落選といくのでしょうか。

【文春】和田アキ子が紅白を落選した理由その2「そもそもがバーターでの出場だった」

 実は去年の紅白に辛うじて出場出来たのは、同じホリプロの綾瀬はるか(31)が司会だったことによるバーターでの出場だったとも言われていたようです。

「ホリプロ所属で、高視聴率を取った朝ドラ『とと姉ちゃん』の主演・高畑充希(24)が”夏の紅白”ともいわれる『思い出のメロディー』の司会を務め、一時期、紅白本番でも司会の有力候補と言われていました。高畑が司会なら、昨年の綾瀬のパターンと同じで、和田も出場できるのではとみられていた。でも結局司会は来春の朝ドラヒロインの有村架純(23)に決まった」(スポーツ紙記者)
(引用元:週刊文春 2016年11月24日号)

 ならばと次に頼れるのは来年の大河ドラマ『西郷どん』の主演・鈴木亮平(33)です。しかし、まだそれほど知名度が高くない鈴木亮平の大河主演は逆に大抜擢と言えます。NHKとしては恩に着せられるどころか、感謝されてもいいはずです。なので流石に鈴木亮平のバーターでの出場は無理と見られていました。

【文春】和田アキ子が紅白を落選した理由その3「今年のチーフプロデューサーが悪かった」

 今年の紅白のチーフ・プロデューサーは『NHKのど自慢』の矢島良氏が務めることになったそうで、実は『NHKのど自慢』は和田アキ子が司会の『アッコにおまかせ!』(TBS系)の裏番組なのです。さらに矢島良氏は演歌歌手を重視するのではとも言われているようで、今回はプロデューサーとの相性も良くなかったですね。直接的な影響はなさそうですが…。
 11月13日に行われた『アッコにおまかせ!』の忘年会ではTBSの幹部も出席したそうで、終盤に『私がいらなくなったら、いつでもお役御免にしてください』と挨拶したといいます。去年の紅白では直前に風邪をひいてしまい声がうまく出ず『今年で終わりかな』と周囲に漏らしていたそうです。このようならしくない弱気な発言を見ると、本人も紅白落選は覚悟していたのかもしれません…。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「紅白落選の反応」

 見る見ないは別として、毎年この時期になると紅白歌合戦関連の話題が注目されますよね。個人的には小さい頃からよく見ていた番組なので大人になった今でも大晦日の風物詩として楽しみにしている番組の一つです。でも最近はそもそも”テレビ離れ”が進んでいますから、昔のような紅白歌合戦はそろそろ卒業して、新しいカタチにしていくべきだと思います。今回の和田アキ子さんの紅白落選のニュースを見て、もしかしてNHKも本気を出して改革しようとしているのでは!?と感じてしまいました。このような芸能界の大物歌手を落選させるというのは相当な勇気が必要だったと思います。個人的には今回の判断を称えたいです。

 最後にネットの反応を見てましょう。「そもそも39回もよく出られたね」「昔から疑問に思ってたのでスッキリした」「歌はうまいかもしれないけど人柄がちょっとね」「北島三郎みたいに自分から身を引けば花道を飾れたのにね」などと大半が落選を歓迎しているコメントでした。
 さらには紅白歌合戦自体に対するコメントもありました。「そもそも紅白の基準がよくわからない」「ガキ使見るからどうでもいいし」「最近、NHKも紅白も何をしたいのかよくわからない」などなど。他には「もしかして和田アキ子が笑ってはいけないに参戦か!?」なんていうコメントもありました(笑)。

 いろいろなんやかんや言われていますが、我々世代としては紅白歌合戦は続いて欲しいと思っています。万人が賛成する番組なんて無理ですから毎年試行錯誤しながら、いい年もあれば悪い年もありますしNHKもにはこれからも頑張って欲しいです。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 【new】成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人の告発だった!
> 西野カナ 彼氏(マネージャー)がハワセン(田中一知)ではない三つの理由
> 和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!
> 高畑裕太 週刊現代の全文第一弾!被害女性が告白「あの夜の出来事」
> 高畑裕太 週刊現代の全文第二弾!被害女性の告白「知人男性と示談理由」
> 大谷翔平 彼女に女子アナはNGも市野瀬瞳が噂になる理由とは

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)