トランプ氏の娘 イヴァンカのブランドと文春のスキャンダルに迫る!

トランプ氏の娘 イヴァンカのブランドと文春のスキャンダルに迫る!

 アメリカ次期大統領に決まったトランプ氏。最近はかつての暴言も消え失せ、株価も予想外の高値を記録するなど「トランプって意外とちゃんとした人かも」と思い始めた人も多いかと思います。安倍首相は約54万円もする金のゴルフクラブを携えて、真っ先に会談し「彼は信頼できる指導者だ」とリップ・サービスまでする始末です。
 今回は、トランプ氏の新政権移行チームの構成員16人の中にいる身内4人の一人である、娘のイヴァンカ(35)に注目したいと思います。トランプ氏は過去2回の離婚をしており、イヴァンカは最初の奥さんであるイヴァナ夫人の長女です。彼女は自らの名前を冠するブランドを立ち上げ年商は270億円とも言われています。しかし、文春にはそんな娘・イヴァンカのスキャンダルが報じられていました。詳細を御覧下さい。

スポンサードリンク

トランプ氏の娘・イヴァンカのブランドとは

 トランプ氏の娘・イヴァンカは2007年に『イヴァンカ・トランプ』というブランドを立ち上げます。私は女性ブランドに疎いのであまり聞いたことが無いブランド名なのですが、とにかくいくらトランプ氏の娘とはいえ、たった10年弱の間に年商270億とはやはり父の血を引いているだけあってビジネスセンスが抜群なのでしょうか。ニューヨーク在住のファッションライターによると、『イヴァンカ・トランプ』というブランドの特徴としては、コンサバ系で無難なデザインではあるもののジュエリー以外のお値段は手頃で、上質な生地のワンピースでも1万円~2万円台で購入可能で人気だそうです。例えば↓こんな感じ。

 服以外にも、靴、バッグ、小物など幅広く商品を扱っています。トランプ氏の娘・イヴァンカ自らがこのブランドの新商品をモデルとして着用し、広告塔も務めているそうです(↑はイヴァンカではありません)。今ではアメリカに60店舗を構え、イギリスやカナダ、ドイツ、カタールなどにも出店しており、日本への上陸も近いのではと言われています。

イヴァンカ・ブランドが北青山で極秘内覧会をしていた

 安倍首相がトランプ氏との会談に旅立つまさに同日の11月17日。会場となった北青山のビルに大手百貨店のバイヤーやアパレル業者が招かれます。しかし、一見華やかそうな現場に足を踏み入れると、中は物々しい雰囲気に包まれていたそうです。参加したバイヤーは以下のように話します。

「受付では会場や商品をカメラで撮影したり、後日ブログなどウェブで口外しない旨の誓約が書かれた紙が配られましてね。大統領就任式の宣誓じゃあるまいし。ただし、サインしないと会場に入れない決まりでした。至る所で係員が目を光らせていて、カメラを出そうものなら即退場という雰囲気。居心地悪かったですね」
(引用元:週刊新潮 2016年12月1日号)

 しかも残念ながら会場にはイヴァンカ本人は不在。そんな中でもここまで徹底させるとは流石トランプ氏の娘だけあって、父親の強面ぶりを彷彿とさせます。

文春が報じる娘・イヴァンカのスキャンダルに迫る!

 流石は文春です。トランプ氏の娘・イヴァンカの身体検査も怠りません。
 まずイヴァンカの略歴をご紹介しますと、彼女は16歳の時にモデルとしてデビューします。その後ペンシルバニア大学を首席で卒業し、父・トランプ氏の会社である『トランプ・オーガナイゼーション』の副社長に就任します。父自らが『大統領になったら会社の経営は娘に任せたい』というほど信頼されているようで、まさに才色兼備です。さらに子供は3人いるそうです。
 そんな完璧そうな彼女にもさすがの文春はスキャンダルを見つけていました。まず一つ目は以下の通りです。

イヴァンカ氏の名を冠する高級ジュエリー会社は、製造業者KGKに対してデザインが納められたパソコンファイルの返却が一日遅れたことを理由に、代金の支払を拒否。今年三月にイヴァンカ側が敗訴し、約三百万ドルと利子の支払いを命じられた。
(引用元:週刊文春 2016年12月1日号)

 もう一つのスキャンダルは、今年の8月に自社で学生インターンをタダ働きさせている疑いが浮上した件です。アパレル関連だけでも約一億ドルを売り上がているにも関わらずタダ働きとは…かなりの批判を浴びたそうです。
 3つめはスキャンダルとまではいきませんが週刊新潮の記事に載っていました。父のトランプ氏が大統領選に勝利した時のインタビュー時にテレビ共演した際、自社ブランドの1万800ドル(約120万円)するブレスレットを着用しており、出演後にそれをネットで宣伝したらしく、報道番組を商品宣伝に使用したとメディアから非難されたのです。
 三つともスキャンダルというか商売上のトラブルでしたが、商い魂は父親譲りだということだけは、よく分かりました。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「ビジネスのプロが政治家で成功できるのか」

 娘のイヴァンカを見ても分かる通り、トランプ一家はビジネスの手腕に長けているのが分かります。そして、なかなか強権のようです。そんなトランプ氏は報道によりますと、少数の人間を信用して重用する傾向があるようです。特に溺愛している娘・イヴァンカをはじめ夫のクシュナー氏にまでも絶大なる信頼を寄せているようで、実際にクシュナー氏に選挙戦のオペレーションを一任し、重用なスピーチなどは彼が原稿を書いていたとも言われています。イヴァンカ氏もビジネスセンスは抜群でしょうし、クシュナー氏も相当優秀な人物なのでしょうが、身内をそこまで重要視する姿勢を見ると、まるで韓国の朴槿恵大統領と崔順実との関係のようにならないか怖さも感じてしまいます。
 とりあえず日米関係が新しい時代に突入したことだけは間違いないようです。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 【new】成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人の告発だった!
> 西野カナ 彼氏(マネージャー)がハワセン(田中一知)ではない三つの理由
> 和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!
> 高畑裕太 週刊現代の全文第一弾!被害女性が告白「あの夜の出来事」
> 高畑裕太 週刊現代の全文第二弾!被害女性の告白「知人男性と示談理由」
> 大谷翔平 彼女に女子アナはNGも市野瀬瞳が噂になる理由とは

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)