成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人からの告発だった!

成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人からの告発だった!

 刑事ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)にも出演していたイケメン人気俳優の成宮寛貴(34)。水谷豊演じる杉下右京と2015年3月まで甲斐亨役としてコンビを組み人気を博しました。ドラマでは自ら犯罪に手を染めるというショッキングな設定でしたが、どうやら実生活でも薬物に手を染めたのではという噂が持ち上がっています。
 2016年12月2日発売のフライデーでは成宮寛貴のコカイン吸引疑惑というショッキングな内容が報道されています。当日、所属事務所はフライデーの報道を全面否定し、法的措置を取ることも表明しています。今回はフライデーが報じた成宮寛貴のコカイン吸引疑惑の詳細をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【フライデー】成宮寛貴のコカイン吸引疑惑の写真

 今回のスクープの発端は、成宮寛貴の友人と名乗るA氏という人物からの情報提供からでした。フライデーには大々的に見開き2ページを使って、成宮寛貴の自宅とされる部屋の写真が掲載されています。テーブルの上には缶ビールと思われる缶が4~5本、灰皿や箱ティッシュ、ライターなどが無造作に置かれ、注目すべきは透明のグラスの奥に置かれたシートのようなもの。グラスで半分隠れているので見ずらいのですが、その奥に敷かれた小さなシートの上に白い粉が広げられているとフライデーは報じています。見てみると確かにシートの上に、うっすら何かが置かれているのは確認できます。それが見開き1ページ目の写真です。
 2枚目の写真は先ほどのシートを両手で持ち上げようとしている成宮寛貴の写真です。正直これだけではこのシートに盛られた物が何なのか全く分かりません。しかもそれを持ち上げようとしている写真だけですから、正直これが何かの証拠になるとは思えないのでは?という印象を受けました。そして3~4ページにかけては、フライデーの記者が成宮寛貴に直撃し、その写真をマジマジと確認する成宮寛貴の姿の写真が掲載されています。

【フライデー】成宮寛貴のコカイン吸引疑惑の記事詳細

 フライデーがその写真を入手したのは11月下旬でした。そしてその写真が実際に撮られたのは11月9日午前3時半だったといいます。場所は都内にある成宮寛貴のマンションの一室。その日、成宮寛貴は深夜に二人の友人を自宅に誘い、酒盛りを始めたといいます。そしてその場でコカイン吸引に耽ったとフライデーは報じています。
 部屋ではクラブミュージックを大音量で流し、お酒も入り上機嫌なった頃、無造作に机に置かれていたコカインを小さなマドラーで救い上げ、”シュッ”と吸い始めたといいます。薬が効いてくると目つきがトロンとしてきたそうです。
 コカインといえば激しい幻覚や幻聴を引き起こしますが、成宮寛貴はコカイン以外の違法薬物にも手を染めていたも報じられています。A氏の証言は続きます。

「まずはクサ(大麻)。ヒロキは空き缶を横に倒してベコッと窪みを作り、細いキリのようなもので穴を空け始めました。そして穴の上に大麻を乗せて火をつけ、缶の中に充満した煙を飲み口から吸い出したんです。慣れている感じでしたね。(中略)クサと一緒に使用していたのが、『ケタミン』でした。ヒロキは『この二つを一緒にヤると効くんだよ』と言っていました」
(引用元:フライデー 2016年12月16日号)

 確かに見開き1~2ページ目の写真には、1缶だけつぶされた空き缶が横倒しになっています。もしかするとこの写真は大麻使用後の写真だったのかもしれません。
 ケタミンは2007年から厚生労働省の指定薬物とされています。フライデーにはさらに細ーいスプーン(耳かきよりちょっと大きいくらいのサイズ)が突っ込まれているパケの写真も掲載されており、これを見た薬物の更生施設関係者は次のように証言しています。

「かなり使い慣れてますね。机の上に置かれている潰れた空き缶は、大麻を吸うために自作した道具でしょう。パケに突っ込まれたスプーンも、”プロ”仕様。普通のティースプーンだと大きすぎて計量するのが難しいんです。このサイズが一番コカインをすくいやすい」
(引用元:フライデー 2016年12月16日号)

 以上、何種類か写真がありましたが、決定的な証拠となるものはありませんでした。しかしフライデーは成宮寛貴の薬物使用をうかがわせる肉声データも入手しているそうで、コカイン吸引後の成宮が『美味しかったぁ、美味しかったぁ』とウットリしてたといいます。にわかには信じがたいですが、リアルすぎてドキッとしてしまいます。

スポンサードリンク

友人が告発した理由と薬物使用の黒いウワサ

 このような写真はかなり本人と近い立場の人間でないと撮れないと思うのですが、なぜ友人はこのような重大な告発をしようと思ったのでしょうか。その理由をA氏は次のように語っています。

「ヒロキといると、すぐ『クスリを買ってきて』と言われる。それが心底イヤだった。そのうえ、彼は僕が恋人であるかのようなウワサを共通の友人に流したんです。そんな根も葉もないことまで言いふらされ、自分の仕事にも影響が出てきて、もう我慢できなくなった。関係を断ち切るために告発に踏み切ったんです」
(引用元:フライデー 2016年12月16日号)

 さらに別の友人の証言では『成宮は”ヤク中”ですよ』とショッキングな発言をしています。彼の話では、西麻布や六本木のクラブ界隈では成宮寛貴の素行の悪さは知れ渡っているそうで、クラブでは奥のVIPルームに通され『コカインが欲しい』と顔見知りに頼むといいます。足がつくのを恐れて直接売人とはやり取りしないのだそうです。そして購入する量は0.4g~0.8gくらいとのこと。もしこれらの友人の証言が本当であれば、かなりの中毒者ということになってしまいます…。

フライデーが成宮寛貴を直撃!「事務所は事実無根と全否定」

 これらの写真を入手した11月下旬。フライデーは成宮寛貴を直撃します。もちろん成宮寛貴はコカインだけでなく、大麻やケタミンの使用について全て否定していました。さらに撮られた写真に写っている場所は自宅ではないとも否定しています。
 さらに成宮と所属事務所「トップコート」はフライデーの記事は事実無根であるとし、発行元である講談社とフライデー編集部に対して法的措置を取るとの声明を発表しています。本人も直筆著名入りで次のようなコメントを発表しています。

「事実無根の記事に対して非常に憤りを感じます。私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」

 ネット上では「誤報であることを祈る」「前からいろんな噂あったからなぁ」「本当だったらマジでショック!」「清原やASKAも最初は否定していた」「公の機関で検査して身の潔白を表明すればいい」などの声がありました。成宮寛貴は幼い時に両親が離婚し、母親もなくなり、自分の稼ぎで弟を大学までだしてやったといわれています。今朝の『とくダネ!』(フジテレビ系)で小倉智昭さん(69)が『苦労した人がそんなことをするとは思えない。』とコメントしていました。世間ももちろんそう願っているはずですが、真相はどちらなのでしょうか…。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「今度はガセか!?」

 今週は薬物系のニュースが二つもありました。やはりインパクトが強かったのはASKAの再逮捕です。こちらは週刊文春のスクープが発端でした。清原もそうですよね。この流れからいくと成宮寛貴ももしかすると…と思ってしまうのですが、しばらくは様子を見守りましょう。
 芸能界のスクープが覆った例として、有吉&夏目の結婚・妊娠報道がありました。あれはスポーツ紙のスクープだったのですが、結局は芸能界のドンからの圧力もあって日刊スポーツが事実と異なる部分があったことを認めて謝罪しました。こちらは男女の熱愛問題。今回のフライデーは薬物使用疑惑。週刊誌側もそれなりに裏をとって報じているでしょうから、今度はどうなるのでしょうか。注目です。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 【new】成宮寛貴 フライデーのコカイン疑惑の詳細!友人の告発だった!
> 西野カナ 彼氏(マネージャー)がハワセン(田中一知)ではない三つの理由
> 和田アキ子が紅白を落選した理由!文春の「女が嫌いな女」で一位!
> 高畑裕太 週刊現代の全文第一弾!被害女性が告白「あの夜の出来事」
> 高畑裕太 週刊現代の全文第二弾!被害女性の告白「知人男性と示談理由」
> 大谷翔平 彼女に女子アナはNGも市野瀬瞳が噂になる理由とは

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)