SMAP 木村以外の中居派で独立か!飯島マネが復帰の可能性【週刊新潮】

SMAP 木村以外の中居派で独立か!飯島マネが復帰の可能性【週刊新潮】

 いよいよ2016年もあと数週間となってきました。今年もいろんなニュースがありましたが『SMAPの解散』というニュースは、芸能史の中で見てもとりわけ大きな事件だったと思います。根強いファンの声も虚しく、年末の紅白への出場も無さそうですし、スマスマでさえ最終回の生放送は難航している模様です。
 そんな中、週刊新潮に興味深い記事が掲載されていました。話題はもう来年9月にジャニーズ事務所との契約が切れた後の話です。なんと、木村以外の中居派タレントを集結させ、かつてSMAPの担当マネージャーだった飯島女史が率いる芸能事務所を立ち上げるという独立プランが浮上しているというのです。一体どういう事なのでしょうか。詳細を御覧下さい。

スポンサードリンク

【週刊新潮】飯島マネがSMAPの中居派(木村以外)で独立を画策していた

 2016年早々、『SMAP解散』という一大ニュースが日本中を騒がせました。木村拓哉(44)とジャニーズ事務所を脱退したい飯島三智マネージャーを含むそれ以外のSMAPメンバーが対立したのです。その後スマスマでメンバー五人が生放送で騒動を謝罪し、一時は解散を回避したかに見えましたが、8月14日にジャニーズ事務所はSMAPの解散を正式に発表したのです。解散するのは2016年12月31日ですが、ジャニーズ事務所との契約は2017年9月末まで残っています。
 元はと言えば、SMAPの解散騒動の発端は、飯島マネージャーがジャニーズ事務所を辞めると言い出したことから始まっています。細かな真相は分かりませんが、その時に飯島マネージャーがSMAPの五人を連れてジャニーズ事務所を脱退しようと画策していたのですが、一人木村だけがそれに反対。とりあえず飯島マネージャーはジャニーズ事務所を退職し、結局SMAPも正式に解散することとなったのです。

 週刊新潮によりますと、11月10日午前、飯島女史が自宅マンションから車で銀座の「ドーバー・ストリート・マーケット・ギンザ」に向かったのを目撃したと報じています。SMAPのマネージャー時代からトレンドアイテムをさり気なく取り入れるのが”ミッチー流”だったようで、そのお店に出入りしているということは、2016年の秋冬を謳歌しているという証だそうです。事実、芸能界から身をひいた後も相変わらず各方面にアピールする日々を続けていたようで、ある芸能界関係者は次のように語っています。

「来年の9月、ジャニーズ事務所との契約切れを待って、木村以外の4人で独立し、そこに飯島も満を持して参加する腹づもりだから。最近、彼女と話した人によれば、”アイディアが本当に湧いてくるの”とやる気満々、興奮を抑えきれないって感じだったそうですよ。新しい事務所の『顔』には中居を据える。飯島自身、”ジャニーズ事務所内での彼の求心力はとても強い。だから、キスマイ(Kis-My-Ft2)など所属タレントだけじゃなくジュニアの男の子たちも付いてくる。その数は20人じゃきかない”と話していたんです」
(引用元:週刊新潮 2016年12月15日号)

 確かにありそうな独立話しですが、キスマイやその後輩タレントまで一緒に…というのはちょっと現実的ではないような気がします。中居くんと木村以外の3人はありそうですが…。週刊新潮はさらに、事務所を立ち上げるにあたって必要な資金源についても触れており、とにかく中居くんの年収(10億!?)であれば十分事業の立ち上げには事足りると報じています。
 昔から木村くんはジャニーズっぽくなかった部分もあったので、4人のSMAPというのも悪くはない気がします。SMAPは名乗れ無いと思いますが(笑)。それを裏付けるかのように、木村以外の4人は来年以降の新しいオファーを受け入れる素振りをみせていないといいます。来年1月からの草彅くんのドラマでさえ、飯島マネージャーの置き土産だったそうです。中居くんを始めとする木村以外のメンバーはこれまでの継続案件以外は全くの白紙状態なのです。

スポンサードリンク

飯島マネージャーがジャニーズ事務所と揉めていた

 週刊新潮によりますと、飯島女史とジャニーズ事務所は法廷闘争とまではいかないにせよ、これまでずっと話し合いをしてきたそうです。そのことに対して、さる音楽事務所の関係者は次のように語っています。

「ジャニーズ副社長の二人であるメリー(喜多川)さんと(藤島)ジュリー(景子)さんは、飯島に対して詫び状を求めた。決済権者であるメリーさんの判子なしにあれこれとコトを進めた、結果として事務所に迷惑をかけた、それについて謝罪せよということですね」
(引用元:週刊新潮 2016年12月15日号)

 これに対して当初飯島女史は”お金はいらない”というスタンスだったのですが、周りの人達からお金は絶対に要求すべきとアドバイスを受けたそうです。飯島女史本人の意向というよりは、周りの人の心の中にわだかまってきた、不本意な扱いに対する看過しがたい気持ちが飯島女史を動かしたようです。
 結局、半年前に『退職金』という形で3,000万円が飯島女史に支払われたそうですが、彼女の在籍時の月収(約100万円)と在籍年月を考慮するとかなり少ない額だそうです。そして”詫び状”の問題については、『書け』『書かない』の応酬だったようですが、先月『謝罪なし』で落ち着いたそうです。ジャニーズ事務所としても「すべて解決済」としているとのことでした。

この話題の裏側を考える「最後くらいはSMAP5人で」

 今回のSMAPの解散騒動で一番残念なのが終わり方です。”解散”なのでマイナスの要因があってのことだとは思いますが、今まで25年間もの長い間芸能界でお世話になったのですから、最後くらい「紅白」は無理かもしれませんが、冠番組である『SMAP✕SMAP』(フジテレビ系)くらいは生出演して、ファンのみんなや支えてきたスタッフのために一言挨拶するのが筋だと思います。
 これまで稲垣吾郎ちゃんや草彅くんが逮捕された時も、謝罪会見や復帰を支えたのもフジテレビのスタッフの存在は大きかったのではないでしょうか。おそらくメンバー自身に発言権はなくジャニーズ事務所の意向だとは思いますが、それにしても大人げない気がして残念でなりません…。これでは今も活躍しているジャニーズ事務所のタレントにとって非常によくないと思います。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)