GACKT とばっちり文春砲!H氏は誰か長谷川祐氏ではなさそう!

GACKT とばっちり文春砲!H氏は誰か長谷川祐氏ではなさそう!

 週刊文春のスクープで人気ミュージシャン・GACKT(43)の元愛人A子さんが、2017年の元旦に首吊り自殺を図った(未遂)と報じられています。GACKTはこのA子さんと三年ほどお付き合いしたそうなのですが、週刊文春のスクープをよ~~く読むと、GACKTは全然悪くないことが分かり、ネットでも「悪く無いじゃん」「関係ないよね?」という声が上がっています。
 さらに、元愛人とされるA子さんは、GACKTとの関係を精算した後、GACKTのマネージメント会社の社長である『H氏』という人物と交際をスタートさせているのです。このH氏は2014年に脱税容疑で逮捕された長谷川裕氏かもしれません。詳細を御覧下さい。
(このスクープの詳細は明日の週刊文春で報じられます。分かり次第追記させて頂きます)

【2017.2.2追記】
 本日は発売された週刊文春を読んだところ、H氏が誰であるか具体的な名前までは分かりませんでしたが、長谷川裕氏ではないことがわかりました。↓の記事も更新していますので、ご確認下さい。

【関連記事】
>GACKTの文春報道!元愛人は側近に乗り換えるも婚約破棄され自殺未遂

スポンサードリンク

週刊文春が報じたGACKTの元愛人の自殺未遂の概要

 今年の元日に自殺未遂を図ったとされるA子さんは、去年までとある芸能事務所に所属するグラビア系のアイドルだったといいます。
 GACKTと出会ったのは、東日本大震災が発生した2011年の秋。GACKTが被災地を弔問した際、被災地出身のA子さん(当時21歳)と知り合ったそうです。それから約1年後の2012年11月に始めてデートし、交際は3年にも及びます。A子さんの知人の話によると、会うのはいつも都心の高級ホテルで、しかも誘われるのはいつも当日。LINEで『今夜会うか?』が誘い文句だったようです。
 しかし、その後A子さんはGACKTの被災地に関する言動に疑念を持ち始め、去年の1月に、GACKTとの関係を精算します。と同時に、GACKTのマネージメント会社の社長であるH氏に乗り換えたのです。そして、A子さんとH氏は婚約するのですが、H氏に別の女性がいることが発覚。さらにH氏、GACKT両氏とも連絡がつかなくなり、絶望を感じたA子さんは自殺を図ったのでした。

 そのことに関して、GACKTの所属事務所はA子さんとの愛人関係を「事実無根」と真っ向から否定。一方のH氏は、A子さんを傷つけたことを認め、「誠実に対応したい」としています。A子さんは現在、後遺症が残っており病院通いの生活を送っているとのことです。

スポンサードリンク

H氏って誰?長谷川祐氏か!?

 週刊文春のスクープを読む限りでは、H氏もコメントしているとおり、悪いのはH氏だと思われます。では実際にH氏とは誰なのか。調べてみると、現在GACKTが所属する事務所は『G-PRO』でその社長は粟津彰氏です。この粟津彰氏が今回のH氏かと思ったのですが、「粟津」は”あわず”とか”あわつ”と読むので、イニシャル的にH氏とは違うと思われます。さらに調べてみると、GACKTは以前『GORDIE ENTERTAINMENT』という芸能事務所に所属しており、その代表の一人に長谷川裕氏というのがいます。
 長谷川裕氏は2014年4月、GACKTのファンクラブ『DEARS』も運営しており、その法人税を脱税したとして逮捕されています。ネット上の情報では、長谷川裕氏はGACKTの元マネージャーだったそうです。長谷川裕氏が脱税容疑で逮捕された時には、既にGACKTは今の事務所に所属していたのですが、もしかすると今回のH氏は誰かというと長谷川裕氏なのかもしれません。(詳細が分かり次第、追記していきます)

【2017.2.2追記】
 週刊文春にはH氏について、2014年9月に株式会社GHの代表取締役社長に就任したと書かれています。そして関係者の証言として次のような記載がありました。

「GACKTの所属事務所は当時、国税の強制調査を受けていたため、後ろ盾としてH氏を招き入れたのです」
(引用元:週刊文春 2017年2月9日号)

 以上より、長谷川裕氏は逮捕されていますので、H氏と同一人物ではないことが分かります。よってH氏は長谷川裕氏ではないと判断しました。

GACKTは悪くない!そもそも愛人なの?

 上記の週刊文春のスクープを受けて、ネット上では「GACKT結婚してないのに、なぜ愛人?」という声が多く上がっています。調べてみると、確かにGACKTさんは現在結婚しているという情報はありませんでした。20歳の頃に韓国の女性と結婚した経歴はあるものの、すぐに離婚したそうです(『ボクらの時代』(フジテレビ系)で語っています)。
 でもGACKTってちょっとミステリアスなイメージがありますから、”元カノ”よりも”元愛人”のほうがしっくりきます…。ネット上では他にも「元愛人って書き方に悪意を感じる」「なぜ愛人?お金もらってたとか?」「GACKTってもしかして既婚者!?そっちの方がスクープ!」という声がありました。普段GACKTを毛嫌いしている人達でさえも、さすがに今回ばかりは同情しているようです。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「週刊文春の意図は?」

 今回のスクープはとにかく「GACKTは悪くない!」という声が多く上がっています。確かにそうだと思いましす、今回は”GACKT”という名前が釣りに使われたと感じます。
 ただ、週刊文春がこのまま終わるとは思えません。詳細は明日発売されるまでは分かりませんが、おそらくGACKTとその愛人A子さんとの”愛人関係”の実態が明日の記事で語られ、その内容が結構ヤバいのかもしれないと期待しています。とにかく明日の詳細記事を待ちたいと思います。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!【PR】
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> アレクサンダーにフライデー!不倫相手はSNSで知り合ったファンの美女!
> 安倍晋三首相と福原愛のツーショット写真が中国ネット上で炎上【週刊新潮】
> 中居正広と武田舞香に熱愛報道!亡き父にも紹介の本命【女性セブン】
> 順正学園と安倍首相が吉備国際大学でも癒着か!約30億円がダタに!?
> 加計学園の理事長と安倍首相が癒着か!腹心の友へ36億の土地を無償提供

スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)