小久保裕紀に文春砲!女子アナと不倫で離婚の過去!今は彼女と同棲中!

小久保裕紀に文春砲!女子アナと不倫で離婚の過去!今は彼女と同棲中!

 WBCで好調の侍ジャパンを率いる小久保裕紀監督ですが、かつて福岡の女子アナと不倫をし、それが原因で離婚したと週刊文春が報じていました。しかし、これは現在の話ではなく2009年時点での話です。
 そして現在は新たな彼女がいるらしく、福岡で同棲中だとFLASH誌が報じています。詳細を御覧下さい。

スポンサードリンク

【文春砲】小久保裕紀監督に女子アナと不倫で離婚の過去!

 去年の年始、ベッキーとゲスの極み乙女の川谷絵音との不倫が報じられ、それ以降週刊誌はこぞって有名人の不倫を報じていますが、現在時の人である侍ジャパンを率いる小久保裕紀監督も、かつて『不倫』という文春砲を受けていたのです。
 それは遡ること8年前。2009年2月12日号の週刊文春に2008年末に小久保裕紀が離婚し、その原因が地方局の女子アナと不倫(同棲)していたことだったと報じられていました。
 以下、週刊文春(2009年2月12日号)の記事の概要です。

・小久保裕紀は1995年に4歳年上の女性と結婚。
・子供は男女一人ずつ
・2008年3月から離婚調停を始め、12月に離婚が成立
・27歳になる地方局の女子アナとの不倫が原因
・文春は『滝川アナ』という仮名で報道
・二人は2007年の途中に交際を開始していた
・文春の直撃に小久保裕紀は
 「ちょっと今時間がない…」とはぐらかすのみ。
・滝川アナは「個人的な交際は一切ない」と会社を通じて否定

 当時、小久保裕紀は自宅を出て別に部屋を借り、そこでその女子アナと同棲中だったようです。さらに元奥さんの親族が弁護士を通じて調査をお願いしたところ、ホテルで滝川アナとは別の女性と宿泊したこともあり、さらには別の女性から小久保裕紀との交際を匂わす匿名の手紙が届いたりもしていたそうです。
 スポーツ記者の話では、中洲にある完全会員制のお店で二人の姿を目撃したという情報を他の選手から聞いたそうです。要するに女にだらしなかったということでしょうか…。

不倫の女子アナは立花麻理との噂が!

 さて気になる相手の女子アナですが、ネットではTVQ九州放送の立花麻理アナではないかとの噂が浮上しています。但し、あくまで噂レベルの話ですのでそれを大前提にお考え下さい。
 立花麻理アナは1981年8月3日生まれなので、週刊文春の「27歳」という条件に合致します。しかも地方局の女子アナという条件もクリアしています。小久保裕紀は2007年に福岡ソフトバンクホークスに移籍し、TVQ九州放送は福岡のテレビ局ですので、知り合っていたとしても不思議ではありません。しかも、二人共出身大学が青山学院大学ですので、それが縁で急接近したのかもしれません。

 前述したように、その女子アナは小久保裕紀との不倫を完全に否定していますが、報道関係者の話では球場に取材に行った際、選手に携帯番号とメールアドレスを書いた名刺を渡し『連絡して下さいね~』と甘えた声で話しているのを見かけたそうです。
 立花麻理アナは2012年に音楽家と結婚しており、2014年8月に息子さんを出産しています。2015年11月に職場復帰した際の動画が↓こちら↓です。

 個人的には立花麻理アナは「シロ」な気がしますが、真相は闇の中です。

スポンサードリンク

現在、小久保裕紀は新しい彼女と同棲中の模様

 そんなこんなで紆余曲折を経て、現在はWBCでの優勝へ向けて侍ジャパンを率いる小久保裕紀監督ですが、離婚当時住んでいたタワーマンションは元奥さんに慰謝料代わりに渡しているそうです。そして小久保裕紀監督をよく知る人物が彼女らしき女性と一緒にいる場面に遭遇したというのです。

「監督が女性と一緒にいるときにばったり会いました。再婚したという話は聞いていないので、どういった関係かはわかりませんが、親しそうでしたよ」
(引用:FLASH 3月28日・4月4日号)

 さらにFLASH誌の記者が福岡で取材を行うと、複数の住民から「女性と暮らしている」という証言を得たようです。しかも町内会費も支払っているようでもしかすると本当に再婚秒読み段階まで来ているのかもしれません。
 小久保裕紀はかつて、世間には内緒で離婚調停中の際、ファン感謝イベントで結婚の良さについて次のように語ったそうです。

「ダメなときでも唯一、味方でいてくれる。みんな敵でも一人は味方がいる」

 もしかすると、新しい彼女が心の支えとなっているのかもしれません。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「侍ジャパンはプレッシャーがハンパない!」

 これはご存じの方も多いかもしれませんが、見事一次リーグを首位で突破した侍ジャパンの小久保裕紀監督は、そのプレッシャーで食事が喉を通らないそうです。本戦までに行った強化試合の戦績も2勝3敗と振るわず、”そもそも監督の器ではない”などというバッシングや雑音も日増しに増えていきました。しかし、本戦に入った途端無傷の4連勝(記事執筆時点)。それでも優勝するまでは気が抜けない生活が続くようです。
 一方、選手へのプレッシャーもハンパないようです。主砲の中田翔選手はお腹が痛くて下痢が止まらないと言いますし、唯一三大会連続出場のベテラン・内川聖一選手でさえ「吐き気がする緊張感」と表現しています。野手達は「打球が飛んでくるな」とさえ思うほどだそうです。
 しかし、出たくても出られない選手が大勢いる中、この大舞台に出られるだけでも幸せだと思います。今大会のWBCでは是非、世界一に返り咲いて欲しいと思います。

【PR】脱毛が初めてのあなた!
つるスベお肌を手に入れよう♪
今なら5月限定の98%OFF!
人気の3カ所が脱毛できて、360円!
スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)