ガーナゴールド詐欺の仲介役に尾崎豊の嫁・繁美氏とフライデー!

ガーナゴールド詐欺の仲介役に尾崎豊の嫁・繁美氏とフライデー!

 フライデーが2回にわたって報じている『ガーナゴールド詐欺』をご存知でしょうか。これはXという実業家を名乗る40代男性が「西アフリカのガーナ共和国は今空前のゴールドラッシュで良質の金が山ほど採れる」との誘い文句で全国の資産家から総額10億円以上のカネを集めながらも、その配当金を支払っていないという詐欺騒動です。
 そして3月17日発売のフライデーでは、その仲介役として自らも1億円ほど出資したとされている尾崎豊(享年26)の嫁・繁美夫人(49)が絡んでいるという疑惑が報じられています。詳細を見ていきましょう。

スポンサードリンク

【フライデー】ガーナゴールド詐欺とは

 ガーナゴールド詐欺は2017年2月下旬に発売されたフライデーで報じられ、実際に被害にあった京都府で不動産業を営む上集(かみあつまり)美千氏がその実態を次のように証言しています。

「『ガーナは現在、空前のゴールドラッシュで、品質の良い金が山ほど採れる。現地の採掘権を確保したので、ぜひ投資をしてくれませんか?投資額は1000万円から。利益は絶対に保証します』と謳い、投資を持ちかけるんです。私はいま、『ガーナ詐欺被害の会』設立に向けて動いていますが、被害者は20人以上、被害総額は10億円を軽く超えています
(引用:FRIDAY 3月10・17日合併号)

 上集氏によりますと、被害者にはカリスマ歌手や有名俳優の嫁、元プロスポーツ選手などもいて、家を売りに出したりして2000万円以上も投資した人もいるようです。彼らはすべて同じ「詐欺師」から騙されており、それは実業家を名乗るXという40代の男だといいます。上集氏は2015年の夏頃、知人の紹介でX氏と知り合いガーナの話を持ちかけられたそうで、その際、歌手の美川憲一さん、俳優の竹内力さん、衆議院議員の城内実氏、アパホテル社長の谷元芙美子氏たちとX氏が一緒に写っている写真などを次々に見せられ『みんなこのプロジェクトに参加していますよ』と説得されたそうです。実際にフライデーにそれらの写真が一枚一枚すべて掲載されていました(美川憲一さん以外は全部ツーショット写真)。
 しかし、フライデーがそれぞれの所属事務所や企業広報に問い合わせたところ「Xという人物との面識は一切ない」との回答があったそうです(城内氏のみ回答期日までに返答なし)。
 しかもその巧妙な手口はそれらの写真だけではなかったのです。上集氏はX氏に『現地を見ればわかりますから』と言われ実際に4泊5日でガーナ視察まで連れて行かれたのだそうです。宿泊費はすべてX氏持ちで、現地では採掘場を見せられ、さらには雇っているガーナ人まで紹介されたといいます。結局、すっかりX氏を信用してしまった上集氏は約5000万円もの金額を投資することに。最初の3ヶ月ほどは月々5%の配当金(250万円)が振り込まれたそうですが、2015年の年末頃からパタリと止まってしまい、年が明けるとX氏との連絡も一切取れなくなったそうです。

ガーナゴールド詐欺の仲介役に尾崎豊の嫁・繁美氏が関与か!?

 続いて3月17日に発売されたフライデーでは、尾崎豊の嫁である繁美氏に誘われ、ガーナゴールド詐欺の被害にあった人物の証言が掲載されていました。彼は「あの尾崎豊さんの嫁が言うなら…」と信用し投資話に乗ってしまい、上集氏と同様、配当金はパタリと止まり、X氏と連絡がつかなくなったといいます。
 尾崎豊の嫁・繁美氏は1988年5月に尾崎豊と結婚するも1992年に尾崎が亡くなり、当時2歳だった息子の裕哉(27)を連れてアメリカに渡りました。1998年には『親愛なる遥いあなたへ 尾崎豊と分けあった日々』を出版しています。

 現在は夫が生前に立ち上げた『アイソトープ』という芸能事務所の取締役として、夫の著作などの管理やグッズ販売などを行っているようです。そんな尾崎豊の嫁がこのような詐欺の仲介役を本当に務めたのでしょうか?フライデーはX氏のビジネスパートナーとしてカネ集めに協力したYという60代女性が、尾崎豊の嫁・繁美氏との関係を語った内容を掲載していました。そのYという女性は、2015年の暮れごろから配当金がストップしていることを認め、『ご迷惑をおかけした皆さんには本当に申し訳なく思っています』と謝罪した上で、次のように語っています。

「尾崎さんとは、知人を介して’13年の末ごろに知り合いました。仲介をしていただいたのは、3人ほど。『仲介手数料』もお支払いしています。ただ、仲介をしていただいただけでなく、尾崎さんご自身にも投資をしてもらっています。’14年の1月ごろから投資をしてもらい、その総額は9600万円。他の投資家の方々同様、’15年の暮れごろから配当金はストップしている状況です」
(引用:FRIDAY 3月31日号)

 フライデーにはその紹介手数料の領収書の写真が掲載されていました。

 さらに驚いたことに、繁美氏に仲介されて出資した人たちがX氏やY氏を訴えようとした際、『騒げば騒ぐだけおカネは返ってこないよ』と諭されたというのです。その人達は繁美氏が約100万円近い「紹介手数料」を受け取っていることを知りませんから、その事実を知れば繁美氏にもおカネを返すよう迫ると思われます。

スポンサードリンク

尾崎豊の嫁・繁美氏を直撃

 なぜ尾崎豊の嫁・繁美氏はガーナゴールド詐欺に関与したのでしょうか。息子・裕哉氏のライブ会場にいた繁美氏をフライデー記者が直撃します。すると驚いた様子を見せつつも知人らに守られながら無言で逃走したのです。ライブ終わりの息子・裕哉氏に直撃するもこちらも無言のままタクシーに乗り込んで走り去っていきました。後日、『アイソトープ』に質問書を送ると代理人弁護士を介して次のような回答があったそうです。

「友人より今回の件を紹介され、魅力的な投資案件と理解したため友人に紹介したにすぎず、仲介をしたわけではありません。したがって、仲介手数料を受領したことはありません
(引用:FRIDAY 3月31日号)

 筆者もビットコイン関連で以前投資に失敗しました。当初はすごく魅力的な話だったのですが蓋を開ければ全然ダメ。当時は友人にも教えてあげよう!と思ったのですがまず自分が軌道に乗ってからにしようと思ったのは不幸中の幸いでした。おそらく繁美氏も最初は「こんないい投資話、友達にも教えなくちゃ」くらいの感覚だったと思うのですが、紹介手数料をもらってはいけませんでしたね。でもこの手の話はそうでもしないと人が増えていきませんからよくある話ではあると思います。ただ金額が多すぎたのと、領収書があるのに『仲介手数料はもらってません』という言い逃れはちょっとキビシいかなと思います。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「領収書に印字の『FAIRNESS』を調べてみた」

 今回のゴールドラッシュ詐欺のX氏という人物。漠然とどんな人なんだろうと思っていると、先程の尾崎繁美さんが発行した仲介手数料の領収書の宛名に『FAIRNESS』様とあります。これは何か手がかりになると思いネット検索してみました。
 すると『FAIRNESS』単体のワードでは英語だらけなので、『FAIRNESS 投資』や『FAIRNESS 詐欺』などで調べると「AI Frontier」という会社名がヒットしました。さらに調べてみると・・・、ちょっといろんなヤバそうな話が出てきたので、ここから先は書くことが出来ません(汗)。申し訳ないのですがご自身でお調べになってください。私が調べた限りでは、今回のX氏はO氏(名字)だと思われます。その人物名で検索した画像がフライデーの写真(目線入り)と同一人物に見えましたので。
 とにかく世の中うまい話はないということですね。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)