NHK女子アナ與芝由三栄の不倫を文春!相手は映画監督の源孝志だった

NHK女子アナ與芝由三栄の不倫を文春!相手は映画監督の源孝志だった

 またまたNHK女子アナの不倫疑惑が文春で報じられています。今回のターゲットはかつて『サンデースポーツ』のキャスターを務めていた與芝由三栄(よしばゆみえ)アナウンサー(42)。双子を含め三人のお子さんの母親です(もちろん既婚者)。一方の不倫相手は映画監督の源孝志氏(55)。私は映画に疎いので存じ上げなかったのですが『東京タワー』などを手がけている人のようです。
 文春は二人のお花見W不倫を含め、これまでの関係を詳細に報じていますが、二人とも否定しています。内容を見ていきましょう。

スポンサードリンク

週刊文春が報じるお花見W不倫の詳細

 今年の4月3日のことでした。ソメイヨシノがきれいに咲いていたお昼過ぎの東大駒場キャンパス。ワイングラスを優雅に傾ける一組のカップルの姿がありました。男性は映画『東京タワー』でデビューした映画監督の源孝志氏。その彼の横顔を愛おしそうに眺める女性が元『サンデースポーツ』のキャスターを務めていた與芝由三栄NHKアナウンサーだったのです。
 そして午後3時頃、程よく酔いが回ってきたのか與芝由三栄アナは源孝志氏と指を絡ませ、その手は互いの背中や腰をなで始めたのです。週刊文春にはその後姿の写真が掲載されていました。お互いが腰に手を当てて密着する姿から、これはどう見ても深い関係であることは間違いなさそうです。
 その後二人が向かった先は、源孝志氏が仕事場として借りている自宅とは別のマンション。與芝由三栄アナは合鍵を持っているといいます。そこに一時間半ほど滞在した與芝由三栄アナは、急にマンションから飛び出し、猛ダッシュで電車に乗り込みます。向かった駅は與芝由三栄アナが現在勤務しているNHKさいたま放送局のあるJR浦和駅です。駅に着くと駅前に止めていた自転車にまたがり雨の中傘もささずにペダルをごき始めたのでした。これから仕事でもあったのでしょうか??昼間にワインを飲んでいたのですが大丈夫だったのでしょうか??。

その前日には渋谷の蕎麦店でも会っていた

 週刊文春はその前日にも渋谷区内にある蕎麦店で食事をする二人の姿を目撃しています。
 午後2時過ぎにお店を後にすると、向かった先はまたしても別宅のマンション。そこで約一時間を過ごした後、與芝由三栄アナが向かったのは家族が暮らしている都内の一軒家。一方の源孝志氏は夕方、こちらも妻子の住む神奈川県内の別荘地に電車で向かったのでした。
 お互い家族と過ごした半日後、↑で紹介したお花見W不倫デートを楽しんだということになります。

與芝由三栄と源孝志の出会いや馴れ初めは?

 NHK関係者の話によりますと、二人は2014年11月に放送された『世界で一番美しい瞬間(とき)』というNHKのドキュメンタリー番組で知り合ったそうです。その番組は與芝由三栄アナが現地レポーターを務め、源孝志氏が演出を行ったそうで、やがて二人は深い関係になっていったといいます。つまり約二年間に渡って不倫関係を続けていたということになります。
 近頃はNHKや制作会社のスタッフとの会食などにも二人揃って参加することもあったようで、いわば”公認の仲”なのだそうです。そして、源孝志氏のことを苦笑い混じりに次のように語っています。

「彼が仕事よりも彼女を優先することによる物理的な悪影響とか、”人目を憚らず”な態度がスタッフたちに心理的な悪影響を与えていることは確かです」
(引用:週刊文春 4月20日号)

 二人の関係がここまで公にされているということは、今回の週刊文春のスクープはそういった関係者からのリークだったのかもしれません。そして、源孝志氏の知人の話によりますと、源氏は3月下旬から仕事で京都に滞在しており、二人が逢瀬を重ねた4月2日〜3日の期間は『東京で仕事の人と会ってくる』と言って一人上京したのだそうです。このように何かにつけて與芝アナと会うために帰京し、撮影などで帰京出来ない期間は與芝アナが京都を訪れ、源氏が短期契約しているマンションで共に過ごすというのがパターンなのだそうです。

NHK女子アナ・與芝由三栄の家族など

 與芝由三栄アナは2001年に会社経営者と結婚しているのですが、数年後に一度離婚しています。現在は『サンデースポーツ』のキャスターを務めていた時代に知り合ったスポーツマネジメント会社を経営する8歳年下の男性と結婚しています。バツイチだったんですね。旦那さんは体育会系のイケメンだそうです。そして子供は三人いて、2009年6月に長女を、2012年11月に双子の女の子を出産しています。去年の夏休みには友人家族と一緒に沖縄旅行を楽しむなど、知人の話では仲の良い家族というイメージしかないとのことです。
 與芝由三栄アナの学歴も素晴らしいです。名門・日本女子大付属高校の出身で、慶應義塾大学に進学します。大学三年生のときにはミス慶応にも輝いています。高校時代は美人でスポーツも万能。いわるゆ”高嶺の花”といった感じの女の子だったようです。そして1998年にNHKに入局し、元NHKの膳場貴子アナとは一期下で、一時期は”ポスト有働由美子”とも言われた時期もあったほど将来を嘱望されていた存在だったといいます。
 もちろん家では母親をきちんとこなし、休日には近所のスーパーなどでお子様と一緒に買物をしている姿を目撃されているとのことです。

映画監督・源孝志とは

 源孝志氏は大学を卒業するとホリプロに入社します。その後CM制作などで活躍した後、2003年に独立。その二年後に岡田准一さん(36)、黒木瞳さん(56)が主演する映画『東京タワー』で映画監督デビューを果たします。調べてみると映画の他にもNHKのドキュメンタリー番組などに多く携わっているようです。源孝志氏も既婚者で、幼い女のお子さんがいるとのこと。年齢が55歳で幼い子どもがいるということは、結婚が遅かったのか、もしくは再婚とかなのかもしれません。

スポンサードリンク

與芝アナと源孝志氏に直撃すると

 さて、このW不倫の事実を二人はどう弁解するのでしょうか。4月7日の夕方、週刊文春の記者が源孝志氏との交際の事実について與芝由三栄アナを直撃します。はじめは「仲良くさせてもらってます」「NHKで活躍されて尊敬しています」などと友人であることを強調します。しかし”二人きりで家に行ったことはありますか?”という問いを投げかかると次のように語気を荒げたのです。

「ありますけど、頼まれごとを、あの人いま京都のほうに撮影に行かれているんですけど、それで頼まれたものを『事務所に届けてください』と言われましたので、この間行きましたけど。どいうか、自宅までくるのはどういうことですか!
(引用:週刊文春 4月20日号)

 次に文春記者は京都に飛びます。ロケ現場で源孝志氏に対して與芝アナとの不倫関係について話を聞きます。すると不倫関係については否定するも4月3日に二人きりで花見に行ったことは認め、その後二人で自宅に行ったことを聞かれると、こちらも次のように語気を強めたのです。

「(ややムキになり)ないですよ、そんなもん!彼女にとって、非常にこう、なんだろうな。迷惑な話なんでね。相談っていうか、番組のこととか。相談に乗るって言っても。そんな別にプライベートなことではなくて。仕事のことですよ」
(引用:週刊文春 4月20日号)

 その後、NHKと源氏の所属事務所に取材を申し込むも、回答は得られなかったといいます。與芝由三栄アナは降板などあるのでしょうか。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「アナウンサーの不倫が後を絶たない」

 昨年から週刊誌の不倫報道が後を絶たないのですが、それでもまだ不倫関係を続けている人ってどうなのでしょうか。我々一般市民ならまだしもテレビなどに出演する人は会社やスポンサーにも迷惑がかかる事ですし、なぜ警戒しないのか、不倫関係を終わらせないのか理解に苦しみます。
 しかも與芝由三栄アナってもうベテランですし、サンデースポーツなどのキャスターも務めた実績もあるにも関わらず、こんなことがバレたら後輩にも示しがつかないと思うのですが…。文春への受け答えも何だか残念な感じですし。三人も女のお子さんがいらっしゃるのに非常に残念です。

コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)