西宮障害者雇用センターで5億円の脱税疑惑!タカリの政治家ら三人は誰?

西宮障害者雇用センターで5億円の脱税疑惑!タカリの政治家ら三人は誰?

 週刊新潮に政界を巻き込んだ一大スキャンダルになるかもしれない脱税疑惑が報じられていましたのでシェアしたいと思います。
 NPO法人『西宮障害者雇用支援センター協会』が大阪国税局から5億円もの脱税を指摘されたというのです。しかし当事者の理事長は自らのフトコロに入れたのではなく『実は、政治家らに渡した』と主張しているのです。一体どういうことなのでしょうか。詳細を見てみましょう。

スポンサードリンク

西宮障害者雇用センターで5億円の脱税疑惑。その裏事情とは

 今年の3月末あたりから関西地区で報じられているNPO法人『西宮障害者雇用支援センター協会』の脱税疑惑。事件の概要としては、障害者に支払われるべき人件費のうち約5億円を寺下篤史理事長(35)の父親が私的流用していたというのです。よってそれらは課税対象となる「給与」と認定され、5億円にかかる所得税の源泉徴収漏れの分の重加算税を含めて約2億8千万円を追徴課税されたのです。金額も大きく、障害者を食いものにした悪質極まりないケースですが、当事者である寺下理事長が『事実はまったく違います!』と反論しているのです。
 寺下理事長によりますと、NPO法人『西宮障害者雇用支援センター協会』は西宮市や県などから公園や河川敷などの公共施設の清掃・除草業務を随意契約で請け負っており、障害者ら約70人が仕事に携わっているといいます。しかし、2007年にその予算が大幅に削減されたことで、苦境に立たされたそうです。そのような苦しい状況を知ってか、たかってくる政治家らがいて、NPOの会長を務める寺下理事長の父親は、その連中にカネを渡さざるを得なかったというのです。
 そのたかって来た政治家ら三人を見ていきましょう。

タカリの一人目:坂上明西宮市議

 タカリの一人目は坂上明・西宮市議(55)です。苦境に立たされたちょうどその頃”福祉に興味がある”と坂上市議と知り合い、交流するようになったそうです。しかし、しばらくすると『愛人の生活費の面倒をみなければいけないので助けて欲しい』と金銭を要求してきたのです。理事長の父親は味方につけるために仕方なく、毎月40万円を手渡すようになったといいます。

「他に、高級クラブの飲み代として月に200万円近くを付け回されたり、愛人の不妊治療費の60万円を出したこともあった。途中、”これ以上は無理です”と伝えると”敵に回すのか”と脅されました」
(引用:週刊新潮 4月27日号)

 結局、関係は約5年ほどで絶ったものの、税理士の調査によるとトータルで1億6千万円以上が渡っていたといいます。平均すると一年間で約3,200万円、ひと月あたり266万円も渡していたのです。考えられない額ですよね…。

スポンサードリンク

タカリの二人目:今西永児元兵庫県議

 タカリの二人目は日本維新の会の今西永児・元兵庫県議(71)です。今西氏は先程の坂上市議への資金提供を嗅ぎつけて”公になったら大変なことになる”と詰め寄って来たといいます。

「口封じのために月30万円を渡し、飲食代も肩代わりするしかなかった。最後には、国政選挙に出るからと、3,000万円を要求してきた。さすがに、それは拒絶すると”じゃ、いつものカネをもらって帰るわ”と、30万円を持っていきました」
(引用:週刊新潮 4月27日号)

 結局今西元県議へはトータル約5,500万円を手渡したとのことです。

タカリの三人目:川田裕介氏

 最後の三人目は意外な人物です。森友問題が話題となっていた頃、週刊文春で”口利きしたのは私です”と証言した、元鳩山邦夫事務所参与の川田裕介氏(41)です。当ブログでも『森友学園に文春砲!キーマンの川田氏「”口利き”したのは私です」』でご紹介した人物です。

「坂上さんの兄を通じて知り合った川田さんは、”もっとメディアを使った方がいい。本来なら数千万円かかるが、自分には人脈があるから安くできる”と言ってきました。障害者事業が見直されるきっかけになればと、資金を出した。」
(引用:週刊新潮 4月27日号)

 NHKや週刊朝日の記者などが取材に来たそうなのですが、結局西宮障害者雇用センターのことは何も報道されることはなかったそうです。何だったのでしょうか??…。そして次は”政治家を使いましょう”と提案されたといいます。確かに鳩山元総務相は視察に来たそうなのですが、川田氏は安倍総理や麻生副総理とも繋がりがあり、別の政治家も紹介できるからということでその後も数百万円を度々要求されたといいます。
 結局、川田氏にはトータル一億円以上のカネを渡したそうですが、今となっては無駄金だったと理事長が話しています。政治家を呼ぶのにそんな大金が必要なのでしょうか??

 現在は、約5億円の使用用途について資料をまとめ西宮税務署に提出し、再調査が決定しているそうです。
 週刊新潮がタカリの三人それぞれに真実を聞いたところ、坂上市議と今西元県議は『一切ない』と完全否定。川田氏は『貰ったのは300万円だけ』と回答したそうです。
 最後に週刊新潮に次のような事がサラッと書かれていました。

「実はこのNPO法人、これらの裏金を渡すだけでなく、橋下徹前大阪市長や園田博之衆院議員など大勢の政治家のパーティー券も引き受けていたのだ」
(引用:週刊新潮 4月27日号)

 もしかすると、本当に政界を巻き込んだ一大スキャンダルになるかもしれません…。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「どっちもどっち!?」

 今回の脱税疑惑ですが、たかった三人も悪いとは思いますが、いくら味方に付けたいからとは言え、トータル5億円もの大金を渡してしまう理事長の父親も父親だと思います。本当にたったそれだけの理由でそんな大金を渡せるのか甚だ疑問です。その裏にはもっと言えないような弱みを握られていたとしか思えないのですが…。そうでないとしても、これだけの大金が捻出出来るのであれば、予算が縮小されても全然大丈夫だったと思います。
 そして最後の『橋下徹前大阪市長や園田博之衆院議員など大勢の政治家のパーティー券も引き受けていたのだ』という文を読む限り、他にも飛び火しそうな気がしてなりません。

コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)