武井壮に文春がDV疑惑と結婚・離婚歴!元嫁は山田海蜂との噂も

武井壮に文春がDV疑惑と結婚・離婚歴!元嫁は山田海蜂との噂も

 最近テレビで見かけることも多くなった感のある『百獣の王』を自称するタレントの武井壮(43)。今日の週刊文春が知られざる彼の過去をスクープしています。
 武井壮は有名アスリートとの結婚、離婚の過去があり、その元嫁についてネットではアトランタ五輪に新体操選手として出場した「山田海蜂(やまだみほ)」さんと噂されています。そして、その後交際していた女性とは借金問題で裁判沙汰になり、DV疑惑まで浮上しているというのです。詳細を見てみましょう。

スポンサードリンク

【文春】武井壮の借金を巡る訴訟沙汰について

 武井壮のDV疑惑の前に、まずは前段となる武井壮の借金を巡る訴訟沙汰について見てみましょう。週刊文春には交際女性について仮名で「田中瞳さん」として書かれています。
 武井壮は離婚後、2007年頃から武井壮のファンだった田中瞳さん(仮名)という女性とネットを通じて知り合い、交際していました。その女性と借金を巡る訴訟沙汰のトラブルになるのですが、その内容を整理すると次のような内容でした。

・武井は瞳さんに『ずっと一緒にいよう』と甘い言葉を囁いていた
・武井は瞳さんや知人と一緒にTという会社を設立(代表は武井)
・瞳さんは約80万円を出資し、役員に
・瞳さんは武井の旅行代、服飾代、ホテル代など計300万円ほどを貢いできた
・武井が複数の女性と浮気していたことが発覚
・瞳さんは出資金の返還と、貢いだお金の一部を慰謝料として払うよう武井に迫る
・武井の同意のもの、会社の口座から約80万円を引き出し、出資金を返却
・さらに慰謝料として130万円を支払うことになり武井は借用書を作成
・その130万円について武井が支払わない

 しかし、武井壮は週刊文春の記者に対して、次のように反論しています。

「瞳さんに『事業資金を会社の口座に移す』と言われて印鑑を預けた。そうしたら210万円を下ろされて、急に『浮気しているわね。慰謝料としてもらいます』と言われた。彼女の出資した約80万円と慰謝料130万円で210万円。後日、『会社の金だから本当に困る、130万円だけ返して欲しい』と話をしたら、返してきて、『借用書を書け』と言われた。ただ、結婚をしているわけでもなく、慰謝料と言われても…。実態のない貸付金なのです」
(引用:週刊文春 5月4・11日号)

 週刊文春には「平成20年3月25日」の日付で借主「武井壮」と書いてある借用書の画像が掲載されています。

スポンサードリンク

【文春】武井壮のDV疑惑について

 次に、週刊文春が報じているDV疑惑について詳細を見てみましょう。先程の借金を巡る裁判の中で、武井壮のDVについても言及されていたのです。訴状によりますと『2010年9月11日、川崎市の駐車場で二人は話し合いを持ち、武井の愛車ポルシェに田中さん(仮名)が左手をかけていたところ、武井は車内から強く二〜三度扉を開閉し、ふりほどこうとした。さらに車外で数度に渡り突き飛ばすという暴行を加えた。田中さんは頚椎捻挫(全治約三ヶ月)、腰椎捻挫(全治約三ヶ月)の傷害を負い、通院を余儀なくされている』
 結局裁判では武井壮が130万円の支払い義務があると認定されたそうですが、武井サイドが『生活に困窮している』と訴えたことで、瞳さんもしぶしぶ42万円の支払いで納得したそうです。もちろん瞳さんサイドは納得していないそうですが、裁判で有る事無い事を言われ心身ともに疲れ切ってしまい、DVについては刑事告訴しなかったそうです。もちろん通院費も自腹だったとのこと。しかし、これについても武井壮は次のように反論しています。

「負傷させるようなことはしていません。川崎で『金を返せ、車を売れ』といわれ、駐車場で鍵を取られた。勘弁してくれと取り返そうとしたら『キャー、痛い』と言われ。車に乗ってドアを閉めたら、(瞳さんの)爪がひっかかって『痛い』と。(中略)裁判に提出された診断書も、瞳さんの訴えで書かれたもので客観的な検査結果や全治についての言及もない。」
(引用:週刊文春 5月4・11日号)

 当時は警察官が二〜三人駆けつけるほどの騒ぎになったそうですが、結局は『痴話喧嘩で事件性なし』となり帰っていったのだそうです。もし武井壮が暴行していたとしたらその場で現行犯逮捕されていたと思いますから、このDV疑惑については武井壮の言っていることのほうが信憑性が高い気がします。おそらく、瞳さんは武井がクルマに乗る際に開け閉めしたドアにぶつかったりして、尻もちでもついたのではないでしょうか。しかし、週刊文春が瞳さんに直撃すると、DVについては次のように反論しています。

「川崎の駐車場で武井さんにドアを乱暴に閉められ、車外で殴られ突き飛ばされ、負傷したのは事実です」
(引用:週刊文春 5月4・11日号)

 和解の結果、トータル42万円を月5千円の分割払いにすることで決着したそうです。当時は相当貧乏だったんですね…。さすがにもう完済しているでしょうけど。

武井壮に結婚。離婚の過去!元嫁は山田海蜂なのか?

 話は変わって、武井壮の結婚・離婚歴について見ていきたいと思います。
 武井壮は2004年に一度結婚しているのです。お相手はマッスルミュージカルで共演したオリンピックにも出場したことのある女性アスリート(Aさん)でした。二人は出会ってから半年ほどでスピード結婚したのですが、当時の武井壮は稼ぐためにゴルフのトレーナーの仕事で全国を飛び回ったり、欽ちゃん球団に入団したりと試行錯誤していた時期。なかなか一緒にいられる時間がなくなり、すれ違いが続くようになり、一年ほどで離婚することになったのです。
 マッスルミュージカルにも出演し、二人を知るおネエ忍者タレント・妃羽理さんが次のように語っています。

「武井は男気があっていい奴よ。でも、Aちゃんを幸せにしなかったことは許せないの。彼女は私達のアイドルだったし、本当にお嬢様なの。深刻なトラブルがあったとは聞かないけど、彼女はいまも独身だし結婚の話をしたがらない。武井はテレビで500万円の時計を買ったとか自慢しているけど、ならAちゃんに慰謝料くらい払いなさいよ!って言いたいワ」
(引用:週刊文春 5月4・11日号)

 さて武井壮の元嫁の話なのですが、ネットでは「山田海蜂(やまだみほ)」の名前がチラホラ上がっています。全く確証の無い話なのですが、妃羽理さんのブログに山田海蜂さんの写真がアップされ、武井壮の話で盛り上がったと書かれていたのです。日付は2014年2月21日と古いのですが、『懐かしのメンバー』と題して、次のように書かれていました。
↓右下の女性が山田海蜂さん↓

前回の集まりでは、あれだけTVに出まくっておきながら、自分が元マッスルミュージカルメンバーだった話を微塵もしない武井壮の悪口で盛り上がったが、今回は、そんなこともなく、明るく爽やかな女子会!?もとい、女子の中に女子っぽい男も一人いる会だった
あれから、10年…
このひと昔の経過する間に、それぞれ色々あったけど、こうして、また皆集まって、それぞれのことを語れる仲間がいることの幸せをあらためて感じることができた数時間だったなぁ
(引用:YAMATO撫彦  妃羽理 -HIBARI-)

 これを見ると、元嫁は山田海蜂さんだったのかなぁと思ってしまいますが、今のところ真相は分かっておりません。しかし、山田海蜂さんを調べても結婚している情報もありませんでした…。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「したたかだけど苦労人!?」

 武井壮ってテレビでちょくちょく出てくるのですが、世渡り上手というかしたたかな印象があります。その一方で、以前『めちゃイケ』(フジテレビ系)で極楽とんぼの山本が復帰する際、山本に世話になった芸人の一人として武井壮が出演して号泣しているシーンがあり、驚いたのを覚えています。あとはゴルフのトレーナ時代の恩人に謝罪するみたいな番組も見た記憶があり、今でこそ売れて最高月収が3,500万円とか稼いでいるそうですが、昔は相当苦労したんだなぁというのが分かります。
 今回の週刊文春の騒動は、そんな売れる前の超貧乏時代の話しで本人も「見栄を張ってお金があるフリをしていた」と告白しています。にも関わらず浮気をしてしまい反省しているし、勉強にもなったと。その教訓を活かして今の生活があるのだと思いました。
 個人的には月収3,500万も稼いでいるほど魅力的な芸能人には見えませんが(笑)、そこまで稼いでいるのであれば、こんな記事が出る前に傷付けた女性に何かしらの謝罪が出来たのではないかと思いました。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)