桃田賢斗とスナックママのキス写真が違法カジノの引き金に?【週刊新潮スクープ】

桃田賢斗とスナックママのキス写真が違法カジノの引き金に?【週刊新潮スクープ】

バドミントンの桃田賢斗選手の違法カジノ問題で、一度は一般女性と二人で行っていたことが後から発覚しました。
その直後、週刊新潮からスクープが報じられ、見てみるとスナックママと思われる一般女性とのキス写真が流出していたのです。
もしかして、この写真が今回の騒動の引き金になっているのではないでしょうか?詳細を見てみましょう!

スポンサードリンク

桃田賢斗とスナックママのキス写真

こちらが、週刊新潮がスクープした桃田賢斗とスナックママと思われる一般女性とのキス写真です。

デイリー新潮のサイトに行くと、女性の姿もはっきりと写っています。黒髪のロングで、おそらく40歳前後の雰囲気があります。もたれかかるように抱きつく姿は酔っているとはいえ一般のお客さんにする行為ではないことがわかります。
さらによ~く見ると、桃田賢斗の耳の下にキスマーク?とも思えるマークが・・・。ちょっと普通のスナックではなさそうです。

桃田賢斗は独身ですから、こういう夜のお店に行くのも自由ですし、スナックママと恋愛しても自由なのでこのキス写真自体は全然問題ないのですが、実はこのスナックママとのキス写真。ただのキス写真ではなかったようなのです・・・。実は、このスナックママとのキス写真が引き金となって、今回の違法カジノ問題が発覚した可能性が高いのです。

スナックママとのキス写真が違法カジノの引き金だった?

週刊新潮のスクープによると、マレーシア遠征の直前、桃田賢斗選手はある人物から電話を受けます。このキス写真がある筋に出回っている、買い取れと。居てもたってもいられなかった桃田賢斗は関係者に相談し、事が発覚。違法カジノに行っていたことがバレたようです。

そもそも、この違法カジノ問題を最初にスクープしたのが産経新聞だったのですが、なぜ週刊誌やスポーツ新聞じゃなかったのかずっと気になっていたんですよね。
やっぱり、こういう黒い裏があったんですね。これで私としては今回の違法カジノ問題の発覚については納得できました。
このスナックの場所も墨田区だそうなので、もしかしたら、桃田賢斗選手はだれかにハメられたのかもしれません・・・。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える

今回の騒動、選手側が可哀想でなりません。良いか悪いかで言えばもちろん悪いですが、もっと罪深いのは開帳している側ですよね。本人が覚悟を持って違法賭博をやっているんですからどこにも被害者はいないんですよ。にも関わらず、選手生命を剥奪して、監督責任が問われる日本バドミントン協会はとくに処分なしというのはおかしすぎます。
しかも、小さい時からバドミントンしか教えこまれていませんから、言い方悪いかもしれませんが高性能バドミントンマシーンですよね。そのマシーンを作った協会側の責任は選手本人なんかより何倍も重いはずです。むしろ選手を守ってやる!くらいの気持ちはないのでしょうか?今回の田児賢一選手と桃田賢斗選手への処罰には納得いきません。

そして、この問題がきっかけとなって、日本から違法賭博が撲滅され、合法カジノが出来るようになれば、今回の事件の功績は大きいと思います。橋本前府知事も本当に悪いのは法整備を怠った国会議員と言ってますし私もそう思います。何度も言いますが、選手生命を絶つのはやり過ぎです。

【PR】脱毛が初めてのあなた!
つるスベお肌を手に入れよう♪
今なら5月限定の98%OFF!
人気の3カ所が脱毛できて、360円!
スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)