中村獅童が泥酔トラブル!肺腺癌を告白した夜、警察に連行されていた!

中村獅童が泥酔トラブル!肺腺癌を告白した夜、警察に連行されていた!

 歌舞伎俳優の中村獅童さん(44)が肺腺癌であることを告白した日の夜、酒に酔い警察に連行されるというトラブルに巻き込まれていたと週刊ポストが報じています。一体何があったのでしょうか。詳細を御覧ください。

スポンサードリンク

中村獅童が肺腺癌を告白の夜、泥酔トラブルに巻き込まれていた

 中村獅童さんは5月18日、直筆の文書で自らが肺腺癌であることを明かしました。さらに二日後の20日には北海道帯広市でマスコミ取材に応じ、力強くガンの克服を宣言。しかしこの日の夜、事件は起きたのです。
 中村獅童さんは2008年に鎌倉駅の近くの閑静な住宅街に高級マンションを購入。以来、鎌倉を訪れるたびに地元在住友人と飲みに繰り出しているといいます。事件が起きたのは鎌倉駅から徒歩数分のところにある小さなバーでした。その中で中村獅童さんは『俺は何も悪くねぇよ!』と叫んでいたのです。

 この日は友人二人が中村獅童さんの手術前の”激励会”を開き、午後11時頃に件のバーを訪れます。居合わせた客の話では、中村獅童さんたちはかなり陽気だったらしく、その前から他のお店で飲んでいたことが伺えたといいます。そのお店は10人ほどで満員になるバーカウンターだけのお店で、中村獅童さん達が来たことでほぼ満員になります。帽子やメガネなどの変装は一切なく『入院したらしばらく飲めなくなるから、今日はとことん飲むぞ!』とかなり酔っていた様子だったそうです。

 その時、お店にいた40代男性のA氏もかなり酔っていて、大声をあげたり他のお客にしつこく絡んでいたといいます。それを見た中村獅童さんや友人らは”もう帰ったら?”と諭したそうなのですが、そのことでA氏はますます騒ぎ始めたのです。以下、居合わせた客の証言です。

「みんなが困っていると、見かねた獅童さんが、『もう帰った方がいいって!』と言って、Aの肩をバンバンと叩いたんです。Aはいきなりのことで驚き、『殴ったな!暴行罪だ!警察を呼んでやる!』などと喚き、本当に110番してしまった」
(引用:週刊ポスト 6月23日号)

 結局、中村獅童さんと友人、A氏らは鎌倉警察署に連行され、朝8時過ぎに解放されるまで取り調べを受けていたそうです。

迎えに来たのは妻。事務所のコメントは?

 そして警察署に中村獅童さんを迎えに来たのは奥さんだったそうです(↓こんな感じの方です↓)。

 そもそもは騒いだA氏が悪いのですが、中村獅童さんもいつもより言葉遣いも荒かったそうですから軽率だったかもしれませんね。やはり肺腺癌に対するストレスや不安などもあったのかもしれません。
 中村獅童さんは後日、高級ゼリーを持って一連の騒動を謝罪しに件のバーに行ったそうです。今回の騒動について中村獅童さんの所属事務所の代理人は次のようにコメントしています。

「A氏に(獅童の)友人が絡まれ、その仲裁をした際のトラブルでした。本人はあまり酒を飲んでいなかったと言っており冷静だったそうです。現在は手術が成功し退院もしております。経過は順調です」
(引用:週刊ポスト 6月23日号)

 すでに退院されていたんですね。”快気祝い”では今回の二の舞にならないようご注意を。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「酒癖が悪かった!?」

 今回のニュースを見て調べてみると、中村獅童さんも”あの”市川海老蔵さんと同じくらい酒癖は悪かったようですね(あくまで噂レベルの話ですが)。警察署に迎えに来たのが奥さんだそうなのでおそらくキツイお灸を据えられたことは間違いないと思われます。
 ただ、いくら初期とはいえ肺腺癌になったという事実は、相当なストレスだとは思います。もちろん恐怖もかなりあることでしょう。お酒を飲んで忘れたい気持ちもよ〜く分かりますが、今回は居合わせた客が悪かったですね。A氏さえいなければこんなことにはならなかったでしょう…。
 筆者も中村獅童さんとちょうど同世代で、この年になるとどうしてもお酒に頼ってしまいがちなんですよね。しかも年々弱くなって来ますからたちが悪いんです…。筆者もお酒の席でのトラブルはちょくちょくあります。まだ警察沙汰はないですが、明日は我が身だと思って教訓とさせて頂きます。

【PR】脱毛が初めてのあなた!
つるスベお肌を手に入れよう♪
今なら5月限定の98%OFF!
人気の3カ所が脱毛できて、360円!
スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)