竜王戦のトーナメント表 2017!藤井聡太の日程と対戦相手はこちら!

竜王戦のトーナメント表 2017!藤井聡太の日程と対戦相手はこちら!

 将棋の最年少プロ棋士である藤井聡太四段(14)が竜王戦の決勝トーナメントの初戦で増田康宏四段(19)を破り、見事公式戦の新記録である29連勝を達成しました。
 今回は、2017年の竜王戦・トーナメント表と、藤井聡太四段の今後の日程や対戦相手をご紹介したいと思います。
【6月27日追記】次戦の日程は7月2日(日)です。対戦相手は佐々木五段です。イケメンらしいです(笑)。

スポンサードリンク

竜王戦のトーナメント表(2017)と藤井聡太四段の日程はこちら!

 まずは、竜王戦のトーナメント表(2017)を御覧ください。

 6月26日(月)に行われた初戦は、増田康宏四段との戦いを制し、見事公式戦の連勝記録を樹立。29としました。以下、母・藤井裕子さんのコメントです。

「このような記録を達成することができ、本当にすばらしいと思います。一局一局を大切に、これからも『強くなる』という目標に向かってすすんでいってほしいです」
(引用:サンケイスポーツ 6月27日)

 次戦の日程は7月2日(日)で、対戦相手は佐々木勇気五段(22)です。
 トーナメント表を見ると、藤井聡太四段は一番下のランクからのスタートだったんですね。これからはさらに強敵が待ち構えています。相手もプライドがあるでしょうから熱い戦いが見られそうです。

藤井聡太四段の次の相手・佐々木勇気五段とは

 竜王戦の決勝トーナメントの次なる相手は佐々木勇気五段とは一体どんな実力の持ち主なのでしょうか。実は、イケメンということで注目を集めているそうなのです(笑)。

名 前:佐々木勇気(ささき ゆうき)
生年月日:1994年8月5日
出身地:埼玉県三郷市
師 匠:石田和雄九段

 藤井聡太四段の師匠である杉本昌隆七段は佐々木五段について『バランス型で攻めの姿勢も強い。”才能がほとばしる”といった印象』と語っています。田中寅彦九段は『一瞬で相手を切り裂く鋭さがあり、刃が刺さると藤井四段えも簡単には逃げられない』と語り、当たり前ですがかなりの実力者のようです。
 しかも藤井聡太四段は一年前のイベントで佐々木勇気五段と戦っているそうで、その時は藤井聡太四段が負けてしまったそうです。
 さらに、前回の藤井聡太四段と増田康宏四段との対極の際、事前に対局特別室を見学していたそうで、これは大勢の報道陣が押し寄せる藤井聡太四段との対局の雰囲気を予め体験しておきたかったのではと言われています。
 次戦も好勝負が予想されますが、連勝記録を30に伸ばすことが出来るのでしょうか。楽しみです。

スポンサードリンク

藤井聡太四段はどんな人?

 いまや社会現象ともなっている藤井聡太四段の快進撃。連日マスコミを賑わせている藤井聡太四段ですから、ある程度の情報はあるかとは思いますが、念のため、ここでは藤井聡太四段の人となりをご紹介したいと思います。

名 前:藤井聡太(ふじい そうた)
年 齢:14歳(平成14年生まれ)
生年月日:2002年7月19日
出身地:愛知県瀬戸市
中 学:名古屋大学教育学部付属中学3年
俊 足:50mを6.8秒(中2の時)
好 物:麺類(名古屋名物の味噌煮込みうどんなど)
趣 味:気象庁のHPを見る事
師 匠:杉本昌隆七段門下
将棋との出会い:5歳から始め『ふみもと子供将棋教室』に10歳まで通っていた
プ ロ:2016年10月、史上最年少の14歳2ヶ月でプロ棋士に。加藤一二三九段の記録を62年ぶりに更新した。
タイトル:詰将棋解答選手権チャンピオン戦三連覇

 連勝記録を更新した藤井聡太四段ですが、『今後は記録を意識せず、自然体で一局一局を全力で指したい』と語っていました。中学生とは思えない落ち着きようですね。

藤井聡太四段の連勝記録 対戦相手のまとめ

 藤井聡太四段の連勝記録はどこまで続くのでしょうか。これまでの対戦相手をまとめてみました。(※年齢は対局時のものです)

①12月24日 加藤一二三 九段(76)
②01月26日 豊川孝弘 七段(49)
③02月09日 浦野真彦 八段(52)
④02月23日 浦野真彦 八段(52)
⑤02月23日 北浜健介 八段(41)
⑥02月23日 竹内雄悟 四段(29)
⑦03月01日 有森浩三 七段(54)
⑧03月10日 大橋貴洸 四段(24)
⑨03月16日 所司和晴 七段(55)
⑩03月23日 大橋貴洸 四段(24)
⑪04月04日 小林裕士 七段(40)
⑫04月13日 星野良生 四段(28)
⑬04月17日 千田翔太 六段(23)
⑭04月26日 平藤真吾 七段(53)
⑮05月01日 金井恒太 六段(30)
⑯05月03日 横山大樹 アマ(26)
⑰05月12日 西川和宏 六段(31)
⑱05月18日 竹内雄悟 四段(29)
⑲05月25日 近藤誠也 五段(20)
⑳06月02日 澤田真吾 六段(25)
㉑06月07日 都成竜馬 四段(27)
㉒06月07日 阪口 悟 五段(38)
㉓06月07日 宮本広志 五段(31)
㉔06月10日 梶浦宏孝 四段(21)
㉕06月10日 都成竜馬 四段(27)
㉖06月15日 瀬川晶司 五段(47)
㉗06月17日 藤岡隼太 アマ(19)
㉘06月21日 澤田真吾 六段(25)
㉙06月26日 増田康宏 四段(19)

 ここまで来ると連勝記録よりも誰が藤井聡太四段を破るのか。そちらのほうが気になってきますね。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「竜王戦とは。優勝賞金はいくら?」

 筆者は将棋のことは全く疎いので、今行われている『竜王戦』とはどんな大会なのか調べてみました。
 竜王戦とは八大タイトル(竜王戦、名人戦、叡王戦、王位戦、王座戦、棋王戦、王将戦、棋聖戦)の一つで、その中でも最高峰のタイトルなのだそうです。『竜王ランキング戦』と呼ばれる予選は全現役棋士と、女流棋士四人、奨励会員一人、アマチュア五人で争われ、ランキングに応じて分けられた1〜6組までのトーナメントで上位11名が決まります。
 現在行われているトーナメントを勝ち抜いた勝者が挑戦者となり、例年10月から12月にかけて竜王との7番勝負を行います。現在、第29期竜王は渡辺明(33)です。

 気になる優勝賞金は『4320万円』。素人目にはちょっと安い気もしますが、賞金や対局料は何度も更新されているようなので、藤井聡太四段への注目により、もっと上がるかもしれませんね。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)