瀬戸内レモン味のイカ天が大ヒット!ネーミングなど4つの要因に迫る!

瀬戸内レモン味のイカ天が大ヒット!ネーミングなど4つの要因に迫る!

 最近、スーパーやコンビニ、100均でも見かけるようになった『瀬戸内レモン味』のお菓子の数々。この瀬戸内レモン味ブームの火付け役と言われているのが、まるか食品の『イカ天 瀬戸内れもん味』なのです。2013年12月の販売開始からわずか3年半の間に900万袋が売れたそうです。
 今回は、なぜここまで瀬戸内レモン味が大ヒットしたのか、その要因に迫ってみたいと思います。意外にもそのネーミングに秘密があるようですよ…。

スポンサードリンク

イカ天 瀬戸内レモン味ってどんなお菓子なの?

 瀬戸内レモン味の大ヒットの生みの親である『イカ天 瀬戸内れもん味』とは一体どんなおかしなのでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まるか食品/イカ天 瀬戸内レモン味 90g
価格:299円(税込、送料別) (2017/7/10時点)

 筆者も食べたことがあるのですが、最初こそ強烈な酸味があるものの、食べているうちに、不思議とその酸っぱさでイカ天の油っこさが洗い流される感じで、最後はサッパリとした味わいに変わっていきます。ホントに癖になる味わいで手が止まらなくなり、無性にビールが飲みたくなります(笑)。
 ここまで大ヒットした商品ですから、メーカー側も商品開発にさぞかし苦労したのではと思いきや、実は3種類の味のするイカ天のうちの一つだったらしく、メインは”梅味”だったそうです。なのでレモン味はサブ的なポジションだったといいます。しかも3ヶ月限定で製造を終了するはずだったといいますから、なぜここまで大ヒットしたのか、次にその4つの要因に迫ってみたいと思います。

瀬戸内レモン味の大ヒットの要因1:調味料メーカーの売り込み

 もともとまるか食品にはレモン味のイカ天を作るという発想はなかったそうです。2012年頃、ある調味料メーカーさんが『国産レモンを利用した調味料を開発したので使いませんか?』と売り込んできたのだそうです。検討したところ、まるか食品も他社さんもレモン味のイカ天を売り出したことがなかった為、ならばと作ることに決まったそうです。
 つまりは、このレモン味のイカ天はメーカーが狙って開発した商品ではなかったということのようです。

瀬戸内レモン味の大ヒットの要因2:『広島レモン味』ではヒットしなかった!?

 実はこの『イカ天 瀬戸内レモン味』のお菓子、『広島れもん味』と命名されるはずだったそうです。世間ではあまり知られていないようですが、意外にも広島県はレモンの生産量日本一なのです。そのレモンがふんだんに使われている上に、まるか食品さんも広島県の企業ですから、もうネーミングは「広島れもん味」で決まりです。
 ところが、調味料メーカーからまさかのストップがかかります。なぜかと言うと、調味料として使用しているこの”レモン”は、広島県と愛媛県の両県で採れたレモンなのだそうで、「広島れもん味」とすると虚偽表示となってしまうのだそうです。そこで泣く泣く『瀬戸内れもん味』というネーミングになったんだとか。

 しかし!ビジネスというのは何があるか分かりません。この『瀬戸内れもん味』、地元の人達が行くようなスーパーやコンビニではほとんど見向きもされなかったにも関わらず、駅のキヨスクや観光地のお土産コーナーだとよく売れたそうなのです。要するに、”瀬戸内”というネーミング効果で、観光客の人達がお土産として興味を持ったようなのです。

スポンサードリンク

瀬戸内レモン味の大ヒットの要因3:若手女性スタッフの彗眼

 期間限定商品だったのが生産継続に変更になり、イカ天瀬戸内れもん味は定番商品化に向けて、商品をリニューアルすることになります。それは一人の若手女性社員に託されたのだそうです。
 以前のパッケージは明朝体の黒字で商品名が書かれてあり、かなりオヤジ臭い感じだったそうですが、その女性スタッフのデザインセンスで色をパステルカラー調に変更したことで、女性が手にしやすいように大変身を遂げます。
 しかも、一度に食べきらなくてもいいように密閉チャックを付けた結果、ますます女性客の評判がよくなり、瀬戸内観光の思い出にまとめ買いされるケースも増えたそうです。やはりこういった商品は女性目線って大事ですよね。

瀬戸内レモン味の大ヒットの要因4:トドメは”怒り新党”

 そして、最後にメガトン級の大ヒット要因があります。
 それは2015年6月に放送された『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスと有吉弘行が瀬戸内れもん味のイカ天を食べながら”うまいうまい”と絶賛したのです。その直後から、殺到する注文をさばききれず、まるか食品の生産ラインがパンクしたそうです。まさに嬉しい悲鳴状態ですね。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「瀬戸内れもん味ブームはしばらく続く?」

 このように大ヒット商品の裏側を知ると、ビジネスというのは難しいなとつくづく思います。なかなか狙い通りには行きませんし、幾つかの偶然というか幸運が重ならないとこのような大ヒット商品はなかなか出てきませんよね。
 瀬戸内れもん味は今やイカ天にとどまらず、ジュースにお茶、そうめん、即席焼きそば、たこ焼き、シュークリームまで瀬戸内れもん味と名付けられた商品が登場しているようです。以下、その一例をご紹介して終わりにしたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

龍屋 鳥皮レモン 瀬戸内レモン味 [珍味 おつまみ alokh-170613]
価格:645円(税込、送料別) (2017/7/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイコー/れんこん天チップス 瀬戸内レモン味 60g
価格:323円(税込、送料別) (2017/7/10時点)

 最後までご覧頂き、ありがとうございました。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)