足立の花火 2017の交通規制や通行止めの時間帯はPDFで一発チェック!

足立の花火 2017の交通規制や通行止めの時間帯はPDFで一発チェック!

『第39回足立の花火 2017』が7月22日(土)19時30分から開催されます。
今回は、花火に行く人も行かない人もチェックすべき交通規制や通行止めの場所、時間帯をご紹介したいと思います。公式HPに掲載されていたPDFファイルのリンクをご紹介しますので、そちらをご覧頂くと非常に分かりやすいかと思います。詳細を御覧ください。
※荒天の場合は中止です!

スポンサードリンク

足立の花火 2017の交通規制や通行止めの場所、時間帯

まずは『足立の花火 2017』の開催日時をおさらいしましょう。

日にち:2017年7月22日(土)
時間帯:19:30〜20:30(約1時間)

さて、この『足立の花火 2017』の開催に伴いまして、周辺の一般道路が通行禁止になります。

それによって、高速中央環状線(内回り・外回り)千住新橋出入口が通行止めとなります。
時間帯は18時〜22時頃までとなっております。

まずは、上記二点の交通規制を認識して下さい。
※規制時間はあくまで目安のため、当日の状況で変更する場合があります。

スポンサードリンク

交通規制や通行止めの場所、時間帯を地図、PDFでチェック

 では、実際にどの辺りがどれくらいの時間帯で通行止めなどの交通規制がかかるのか見てみましょう。

画像の右上に四角で囲っている部分。
こちらが首都高の出入り口通行止めの場所と、時間帯を示しています。

あと、赤く(ピンク)になっている場所が一般道路の通行禁止区域の範囲となります。こちらも時間帯は同じく18時〜22時頃となっております。

それと、北千住西口駅前も20時〜22時頃まで通行禁止となります。
※路線バスは通常通り運行されます
※はるかぜは交通規制開始後から終バスまで運休となります

これらの情報は↓のPDFに詳しく書かれてありますので、こちらをご覧になって行動されて下さい。
>足立の花火交通規制PDF

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「足立の花火2017を安全に楽しみましょう」

 足立の花火2017に限らず、花火大会はどこも非常に混雑します。その為、一部の人のモラルなきマナー違反な行動が危険を及ぼしたり、周りを不愉快な気持ちにさせます。混雑で苛立つ気持ちも分かりますが、交通規制や通行止めは警官の指示にきちんと従いましょう。是非、マナーを守って安全、安心に花火を楽しみましょう。
 以下、公式HPに書かれていた注意事項です。

・ドローン禁止
 →リココン操作による無人飛行機(ドローンなど)の持ち込み、操縦、飛行、撮影等は航空法違反となる犯罪行為です。
・河川敷を傷つけない
 →場所取りのためにスプレーなどによるマーキングや、ペグや杭を打ち付けることは河川敷の芝生を傷つけます。他の人の迷惑となるだけでなく、河川法違反となる犯罪行為です。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)