世界陸上2017のマラソンコースは4回周回!ロンドン市内の中心部

世界陸上2017のマラソンコースは4回周回!ロンドン市内の中心部

 いよいよ世界陸上2017のマラソンのスタートが迫ってきました。
 実は今回の世界陸上2017のマラソンコースは周回コースとなっています。ロンドン市内の中心部を4回も回るそうです。こういうのはなかなか珍しいのではないでしょうか。
 しかし、世界陸上2017の主将を務める川内優輝選手は、一度試走したことがあるそうで、期待できそうです。

スポンサードリンク

世界陸上2017のマラソンコースはロンドン市内を4回周回!

 今回の世界陸上2017のマラソンコースはオリンピックなどとは違って、ロンドン市内を4回周回するコースとなっています。

 今回で三度目の出場となる主将の川内優輝選手は3月に代表入りする前の年末年始に一度試走していたそうです。その感触を次のように語っています。

「道が狭まっていて、足をとられる危ない場所もある。でも、過去70回のフルマラソンの経験からすれば、たいしたことはない」
(引用:サンスポ 8月5日紙)

 なかなか頼もしいコメントですね。
 今回のマラソンコースは歴史的建造物が居並ぶロンドン市中心部を走ります。石畳やV字カーブもあります。

 往路はテムズ川沿いを下るように直進し、観覧車『ロンドン・アイ』などを横目に、時計台の呼び名で知られる『ビッグ・ベン』の手前が折り返し地点となります。そして復路は入り組んだ町並みへと進んで行きます。このコースを4周します。
 しかもペースメーカーが不在とのことで、激しいペース変動が予想され、前の走者に離されると姿を捉えることさえ厳しくなるコースです。川内優輝選手は「(勝負に)行くときに行く力を蓄えて走りたい」と冷静に対応するとのことです。

 ただ、気温は20度を下回るくらいのようですので、暑さの心配はなさそうです。日本人選手のメダルを期待しましょう!!

世界陸上2017出場選手の自己ベスト

 今回出場する男女計6選手の自己ベストタイムをおさらいしておきましょう。
【男子】
 井上 大仁(24) 2時間8分22秒
 川内 優輝(30) 2時間8分14秒
 中本健太郎(34) 2時間8分35秒

【女子】
 安藤 友香(23) 2時間21分36秒
 重友 梨佐(29) 2時間23分23秒
 清田 真央(23) 2時間23分47秒

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「サンスポ記者が下見した感触は?」

 8月5日のサンスポに五輪競技担当の鈴木智紘氏が下見した記事が掲載されていたのでシェアしたいと思います。要点をまとめると次のような事が書かれていました。

・アップダウンは少ない
・狭い路地がある
・気になるのは天候
 →予想最高気温は18度
 →曇天が多く強風が吹くことも
・涼しい気候でアフリカ勢に先行を許すと厳しいか

  ただ、暑さを得意としない川内優輝選手にとってはこの涼しい気候は追い風となるのではないでしょうか。目標はメダル獲得、少なくとも入賞と語る川内優輝選手に期待しましょう!

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)