多摩川花火大会 2017 雨天は中止ではなく決行!荒天時は中止です!

多摩川花火大会 2017 雨天は中止ではなく決行!荒天時は中止です!

いよいよ明日8月19日(土)、『多摩川花火大会 2017』が開催されます。
しかし、東京都世田谷区の明日の天気予報を見ると午前中は曇りがちなのですが、15時頃から花火大会開催時刻にかけて弱い雨が降りそうなのです。東京はこのところ連続して雨が降ってますし、この時期は晴れの予報でも急に雨の予報に変わったりとなかなか天気が読めませんよね。
もし雨天などの荒天だった場合、多摩川花火大会 2017の開催はどうなるのでしょうか?
公式HPを見ると、『※荒天の場合は中止(順延なし)』と書かれてあります。では雨天の場合はどうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

多摩川花火大会2017は雨天決行で荒天時は中止!

まずは多摩川花火大会2017の開催日時をおさらいしましょう。

日にち:2017年8月19日(土)
時 間 :19:00〜20:00
出店時間:15:00〜21:00
場 所 :世田谷区立二子玉川緑地運動場

多摩川花火大会2017の公式HPには、雨天(荒天)の時の開催の可否について、次のように書かれてあります。

『※荒天の場合は中止(順延なし)』

さらに調べてみると、次のような詳細な記載がありました。

「大雨等により近隣の河川が増水している、強風が一定時間継続して吹いている、落雷の恐れがあるなど、来場者に危険が伴う荒天の場合には、花火大会は中止となる場合があります。」
(引用:多摩川花火大会HP)

かなり曖昧な表現ですが、年に一度の一大イベントですから多少の雨ではやるということなのでしょう。

ちなみに「荒天」とはどのような天気をいうのでしょうか。
調べてみると
『風雨の激しい、荒れた天気。悪天候。』
のことを指すようです。
要するに、ただの普通の雨ではなく、強い風や雷を伴った荒れた天気のことをいうようです。台風とかをイメージすればよろしいかと思います。
なので余程荒れた天気が予想されなければ、明日は花火大会は開催されるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

雨天での中止 or 開催決定の発表はどこで分かる?

ところで、多摩川花火大会2017の開催決定or中止の判断はどこで分かるのでしょうか。
公式HPを見ると、当日電話案内があるそうです。

・実施当日の開催案内 (自動音声案内)
 電話:0180-991-525

他にも『せたがやコール:03-5432-3333』でも確認出来るそうです。

ただ、電話で確認する前にツイッターや、ホームページで先に確認したほうがいいと思います。
>多摩川花火大会公式ツイッター
>多摩川花火大会公式HP

時間的にはだいたい遅くとも10時位には開催の可否が判断されていると思いますので、昼位に確認すれば間違いないと思います。
でも明日は、そこまで荒れる天気は予想されていませんので、多少雨が降っていても余程のことが無い限り開催で間違いないのでは無いでしょうか。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「二子玉川駅は大混雑します!」

多摩川花火大会は最寄り駅が二子玉川駅となってまして、行きも帰りも大混雑します。
例えば、開催時間の約一時間ほど前のピーク時だと会場まで一時間ほどかかると思っていたほうがいいです。
帰りは一斉にみんなが動き出すので駅まで二時間くらいかかります。

ですので、帰りは二子玉川駅を利用するのではなくちょっと遠いですが次の二つの駅を利用されると良いかと思います。
・用賀駅   :徒歩約30分
・成城学園前駅:徒歩約50分
花火大会はとにかく混雑がすごいので、お気をつけ下さい!!

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)