アナ雪の新作の公開日は3月16日!22分の短編でリメンバー・ミーと同時上映

アナ雪の新作の公開日は3月16日!22分の短編でリメンバー・ミーと同時上映

 今から4年前、「アナ雪」現象を巻き起こした『アナと雪の女王』の新作『アナと雪の女王/家族の思い出』の日本の公開日が2018年3月16日(金)と発表されました。
 しかし、今回の新作は普通の映画と思いきやまさかの22分という短編で、しかもピクサーの新作『リメンバー・ミー』と同時上映なのだそうです。ちなみに全米公開日は今年の11月22日と日本とは約三ヶ月も離れています。詳細を御覧ください。

スポンサードリンク

アナ雪の新作の公開日は3月16日!

 まず、アナ雪こと『アナと雪の女王』の新作は邦題が『アナと雪の女王/家族の思い出』といいます。公開日は先程もお知らせした通り2018年3月16日(金)とアメリカの公開日よりも三ヶ月も遅いんですよね…。しかも内容がクリスマスの話だとかいう情報もあり、公開日が遅れることは非常に残念な気もします。

 今回の新作『アナと雪の女王/家族の思い出』ですが、原題は『OLAF’S FROZEN ADVENTURE』なのだそうです。その英語オリジナル版予告は↓こちら↓。

 今回の新作『アナと雪の女王/家族の思い出』とピクサーの新作『リメンバー・ミー』には、「家族」という共通のテーマが存在するとのこと。両作品のチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジョン・ラセターは日本のファンに向けて、次のようにコメントを寄せています。

「『家族』というとても大切なテーマをこの2作を通じて、日本の皆さまにも『家族の絆』と『家族の大切さ』を感じていただきたいです。この2作品をどうぞご家族や愛する人と一緒に、映画館でおおいに楽しんでください。ドウモアリガトウゴザイマス」

 ちなみに、『リメンバー・ミー』の予告動画は↓こちら↓です。
 こちらは「音楽禁止」の一族に生まれた音楽好きの天才ギター少年『ミゲル』が、ある出来事によって「死者の国」に迷い込んでしまいます。正体不明の骸骨ヘクターと共にミゲルの一族に隠された謎を解く冒険を始める、という物語です。

スポンサードリンク

異例づくしの22分短編で「リメンバー・ミー」と同時上映

 今回のアナ雪の新作は、何かと異例づくしのようです。
 まず、ピクサーアニメーションスタジオの映画『リメンバー・ミー』とウォルトディズニーアニメーションスタジオの『アナと雪の女王/家族の思い出』が同時上映されるのは今回がなんと初めてなのだそうです。
 しかも22分という上映時間の長さですが、これも異例の長さとなっているようなのです。試しにここ最近のディズニー作品で同時上映されてきた短編映画と比べてみましょう。

『紙ひこうき』(『シュガー・ラッシュ』の併映)
『愛犬とごちそう』(『ベイマックス』の併映)
『インナー・ワーキング』(『モアナと伝説の海』の併映)
『ひな鳥の冒険』(『ファインディング・ドリー』の併映)
『月と少年』(『メリダとおそろしの森』の併映)

 これらの短編映画は基本6〜8分からそれよりも短いものとなっています。それに対して『アナと雪の女王/家族の思い出』は10分どころか20分超えの22分間。短編どころの騒ぎではありませんね。
 ちなみに2015年の『シンデレラ』と同時上映された『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』の上映時間は7分でした。新作は、その約3倍もの長さなんですね。これは異例だと思います。

 そして、本記事の冒頭にある『アナと雪の女王/家族の思い出』ポスタービジュアルは、日本のために作られたオリジナルポスターなのだそうです。そこで描かれているエルサ&アナ姉妹の新コスチュームもわざわざ日本バージョンで作るというこれまでのディズニーアニメーションとは一味違った仕様となっているそうです。
 そこまで力を入れて頂いているのであれば、少しぐらい公開日が遅れても待つしかありませんね(笑)。

スポンサードリンク

ネットの反応はこちら!

 ファン待望のアナ雪の新作の発表とあって、ネットではさまざまな反応がありました。ほんの一部ですがご紹介します。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)