ニホニウム 113番 韓国の反応とニッポニウムがダメな理由を調べた

ニホニウム 113番 韓国の反応とニッポニウムがダメな理由を調べた

去年の年末あたりに話題になった、理化学研究所が発見した原子番号113番の新元素の名称ですが、当時は「ジャポニウム」とされていたのが、今回あらたに『ニホニウム』となる見通しだというニュースが入ってきました。ネット上では「ニッポニウムの方がいい!」といった声もあります。国の名前が入った元素名称ということでお隣韓国の反応も気になるところです。詳細を見てみましょう。

スポンサードリンク

113番の新元素名は「ニホニウム」へ!それを言うなら「ニッポニウム」?

これまでずっと「ジャポニウム」が有力とされていた113番の新元素名ですが、なぜ「ニホニウム」に変更になったのでしょうか?

そもそも今回発見された113番などの新元素の名称は発見した国や場所、科学者や研究チームの名前にちなむのが通例のようです。さらに語尾には「イウム」を付けるのが国際規則だそうです。今回の113番の新発見に伴い、チームを統括した森田浩介グループディレクターは新名称の命名について、「日本で発見されたことが分かるようにしたい」と語っていたそうですから、「ニホニウム」という名称は確かにそうなんだなとうなずけます。

では、なぜ前回の「ジャポニウム」が却下されたのでしょうか?今までずっと有力視されていたのでそのまますんなり行けばいいのにと思っていたのですが、どうやら「ジャポニウム」という名称はラテン語に由来する名前なんだそうです。英語でなく。今回森田さんは”自国語”つまり日本語にこだわったようでして、結果「ニホニウム」となったようです。ちなみに森田さんはこんな人です↓。

ここまでの話は納得頂けたと思うのですが、でも日本語にこだわるのであれば『日本』の正式な呼び名は『にっぽん』ですので、森田さんの理屈で言えば『ニッポニウム』とするのが筋ではないかという声が上がっています。

113番の新元素名が「ニッポニウム」じゃダメな理由

実は、新元素名称には「過去に使用した元素名は使えない」という規則があります。でも今の元素に「ニッポニウム」はないですよね?学校で習ってないと思います。実は、「ニッポニウム」という名称は1908年に元東北大総長の小川正孝博士によって発見された43番元素として一度命名されたのですが、後に別の元素ということが分かり、元素周期表から削除されたのです。しかし、後に小川博士が発見したのは元素番号75の「レニウム」として発見されたものだとされています。今使われてはいないにも関わらず、新名称としては認められないというのはちょっと納得行かない気もしますが「混乱を避けるため」という事情で一度でも使われた名称は金輪際使用できないとのことです。

スポンサードリンク

韓国の反応が気になる

さて、世界共通の元素周期表に日本にちなんだ名前が入るということで、心中穏やかではないのがお隣韓国なのではないでしょうか?今のところ目立った韓国の反応は見られませんが、年末にこのニュースが話題になった時も韓国の反応がネット上でも心配されていました。今後ずっと科学の授業などで113番元素はニホニウムって教えることになりますからね。韓国はただでさえ日本に対して異常な敵対心を持っていますから、これからなんかいろいろ言われそうな気がします。でも前回の「ジャポニウム」よりは「ニホニウム」の方が世界的に見ると”日本”をイメージしずらいと思いますので、もしかして森田さんはその辺も考慮してネーミングを見なおしたのでしょうか。「ジャポニウム」の方が”日本”に直結する外国人の方々は多そうですよね。そう考えると今回の「ニホニウム」はなかなかいいネーミングだったのではないでしょうか。でもやっぱり小川博士の無念を晴らすためにも「ニッポニウム」がよかったですけどね。決まりですから仕方がないです。

この話題の裏側を考える

改めて、このニュースを冷静に考えてみたのですが、物質を形作る最も基本的な要素である「元素」を発見するってすごいことですよね?今回の113番の発見は日本初で、アジアでも初めてと言いますから、本当に素晴らしいことだと思います。こういうことってもっと讃えられていいと思うのですが、どちらかというと私のように命名にばかり目が行ってしまって、肝心の研究成果とか研究過程とかにもっとスポットライトを当てるべきだと思います(もしあたっていたのであればすみません。私の勉強不足です)。

年末年始に113番の命名権が与えられた時に、森田さんが以下の様な事をおっしゃっていました。

「実験はたとえて言うなら、目が200個あるサイコロを、毎日振るようなもの。だが、200日振って1個も出なかったからといって諦めていたら実験にならない。最初の1個が100日で、次の1個も100日で来た。理論的にはその次ももう100日で来るのではと思われてしまう。だが、300日やっても何も来ないので『間違っているのでは』と言われる」

莫大な費用をかけて、周りからのプレッシャーも凄かったと思いますが、自分たちは間違っていないという信念のもと淡々と取り組んでいったようです。これは私達の仕事にも参考になります。すぐ結果がでないからといって諦めていてはダメだということですよね。でもそれが一番難しいし、森田さんも一番辛かったと言っています。今回の発見、本当におめでとうございます!

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)