小林麻央の病状と治療方法!余命は語らず「必ず元気になると思うよ」

小林麻央の病状と治療方法!余命は語らず「必ず元気になると思うよ」

先ほど、市川海老蔵さんが妻・小林麻央さんの病状や治療方法などについて記者会見を行いました。病名は乳がんでステージは3か4。現在は抗がん剤治療を行い、手術をする方向で頑張っているそうです。特に余命については語られませんでした。今回はその市川海老蔵さんの記者会見の内容をまとめてみましたので、御覧ください。

スポンサードリンク

小林麻央さん乳がんだった!ステージや余命は?

これまでは「進行ガン」としか分かりませんでしたので何のガンなのか病状などが心配されたのですが、今日の会見で「乳がん」ということが分かりました。夫婦で行った人間ドックで1年8ヶ月ほど前にわかったそうで、発見当時から「かなりスピードの早いもので、なかなか厳しいのではないか」という話を医師からされたそうです。ちょうど日本橋のホテルで二人で話し合った時は、途方に暮れたと話していました。逆に小林麻央さんの方が気丈に振舞っていたくらいそうです。その時は、「”時間が過ぎるのを忘れた”というような時間を過ごした」と語っていました。会見では言葉を選びながら話していたのですが、夫婦共、相当なショックだったことが伝わってきました。

気になる乳がんのステージについてですが、会見では「深刻」というレベルでお察し下さいという話でした。おそらく3だと思われます。具体的な病状については多くは語られず、余命などについての話もありませんでした。話の流れ的に余命を気にするにはまだ早いのかな?という印象を受けましたので、今すぐ命に危険が迫っている訳では無さそうで安心しました。

小林麻央さんの現在の病状や治療方法は?

気になる小林麻央さんの病状や治療方法ですが、現在手術はしておらず、抗がん剤治療を行っている最中だということです。抗がん剤には人によって「合う合わない」というのがあるようで、探りながらやっているところだということです。全て本人もわかった上で、最終的には手術をする方向で頑張っているそうです。実は現在、ちょっと落ち着きだしているそうです。良かったです♪乳がんが発覚して以降、ずっと入院していたそうなのですが、最近やっと通院が出来るようになったとか。症状が落ち着いたのでしょうか。体に合う抗がん剤や治療方法が見つかったのであればいいのですが。

記者会見の最後の方で話していたのですが、市川海老蔵さんは今まで休みを取らずにずっと仕事をしてきたらしいのですが、小林麻央さんの体調に合わせて休みを取って、家族で出かけたいと話していました。「その時は、皆さんついて来ないで」と言って会場を沸かしていました。

↓この時には既に小林麻央さんの病気は発覚していたんですね…。

治療方法が抗がん剤ということで、副作用なども気になります。記者会見ではその辺りの質問はなかったですし、ちょっと聞けない雰囲気があったようにも思えます。でも何かしらの副作用は絶対にあると思いますので、なんとか頑張って手術までこぎつけて欲しいところです。

子供たちはどれくらいわかっているのか

もうすぐ5歳になる長女の麗禾ちゃんはだいたいわかっているそうです。年下で3歳の勸玄くんはまだちょっと良くわかってないようで、「虫に刺されたんだよ」というような話をして、良くなるまで病院にいると話しているそうです。ほのぼのした会話が逆に切なさを倍増させますね…。

ママと会えるのは病院での数時間だけ。最近は自宅でも少し一緒にいられる時間があるようで、麻央さんが子供たちと一緒に過ごしている時間を「キラキラした時間を過ごしている」という表現を使っていました。本当に切なくなります。そして、麻央さんの事を思って「誰よりも本人が一番辛いと思う。小さい子供の側にいられない母親としての気持ちは計り知れない。気丈に振舞っている部分もあると思う。」と語っていました。

最近は電話で1、2時間話したりすることもあるそうで、麻央さんに元気がない時は、わざとくだらない話をして励ましているそうです。もちろん、海老蔵さん自身も辛い時は逆に麻央さんから元気をもらうこともあるそうです。そしていつも「必ず元気になると思うよ」と励ますそうです。たまに、麻央さんからどうしても食べたいものがあると言われることがあり、そういう時は医師にダメだと言われていても、一緒に同行して好きなモノを食べさせてあげたりしているとか。

記者会見の最後には、「今回、麻央の病気が公になって、ほっとする部分もある」と今まで秘密にしていた苦労を明かしていました。「あの時は大変だったけど、あの時間は家族にとって貴重な時間だったね」と言えるように家族で支えあって頑張りたいと語っていました。最後に「病気ですし、子供たちも小さいですし、なるべく見守って頂きたいというのが本音です。」と報道陣にお願いをしていました。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える

今日の会見、スマホのワンセグで見ていたのですが、本当に切なかったです。「進行ガン」ということで余命の話が出るかとドキドキしていたのですが、そこまで深刻ではないのか、はたまたそういう空気感を出さずに務めていたのか分かりませんでしたが、辛い会見であったことは間違いありません。

そういえば私の妻も長男が0歳の時、髄膜炎にかかりまして、数週間入院していました。今回の小林麻央さんのケースと比較すると大したことはないのですが、妻が入院するということで、急遽保育園に入れることになり、私の妻の実家から通勤する事になりました。妻の実家から病院までは近かったので週末は、息子をベビーカーに乗せてお見舞いに行っていたのですが、ある日、息子の髪の毛が抜けたのです。全部ではないのですが、まばらにハゲができるほどごっそり…。未だに理由はわからなかったのですが、急激な環境の変化によって、かなりのストレスが息子にかかったのではないかと思います。今までずーっと一緒にいたママが急にいなくなり、訳の分からない家に連れて行かれ、昼間は保育園に朝から晩まで入れられて…。小さい子供にとって、母親の存在というのはこれほど大きいんだなとその時痛感したの思い出しました。

小林麻央さんのところは、5歳と3歳と本当に寂しい想いをしていると思います。子供って口には出しませんがそうとう我慢しているようです。そして、それを案ずる麻央さんの心情を察すると言葉になりません。病気は非情ですけど、なんとかこの苦難を乗り越えて頂きたいと願うばかりです。

【PR】脱毛が初めてのあなた!
つるスベお肌を手に入れよう♪
今なら5月限定の98%OFF!
人気の3カ所が脱毛できて、360円!
スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)