寺井寿男校長の経歴や家族構成と全文を見て炎上から一転支持する人が続出!

寺井寿男校長の経歴や家族構成と全文を見て炎上から一転支持する人が続出!

大阪市立中学校の寺井寿男校長が全校集会で
「女性にとって最も大切なことは子供を二人以上産むこと」
と話したことが、匿名の電話で発覚したそうです。

これを受けて寺井寿男校長は
「発言の一部が切り取られています。私の一年間の講話のシリーズの一つです。炎上の原因は全て教育委員会の幹部にあります。」
と答えています。
しかし、大阪市教育委員会は、不適切な発言だったと判断して、処分を検討しているそうで、その後が気になるところです。

今日は、この寺井寿男校長の経歴や家族構成などをはじめ、発言の全文を見てなぜこのような発言をしたのか、真意に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

寺井寿男校長の経歴や家族構成

当たり前ですが寺井寿男校長は一般の方なので簡単な経歴しか分かりませんでした。

名前:寺井壽男(てらい ひさお)
年齢:1955年生まれの61歳
経歴:1981年に市立中学の教員として採用
   市立小・中学校の校長を務めてきた
退職:2015年3月定年退職
再任:2015年4月 再任

そして、家族構成も不明です。
子供を二人以上産むことという発言からして、子供が二人以上いるのではと言われていますが、確かな情報ではありません。

【2016.3.16修正】
家族構成ですが、子供はいると話していました。しかし、二人以上いるのか?という部分に対しては「家族のことはデリケートなので・・・」とお茶を濁すような感じだったので、もしかするとお子さんは一人なのかもしれません。

経歴や家族構成に目立った情報がないということは、真っ当な人生を歩まれた方だと推測されます。校長先生にまでなる人ですからそれなりの人なんでしょう(最近はそうでもなくなって来ましたけどね(汗))。

全校朝会での発言全文(要旨)

全文そのままかどうかはわかりませんが、ヤフーニュースに掲載されていたものをそのまま載せます。よく読んで考えてみてください。

全校揃った最後の集会になります。

今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。
特に女子の人は、まず顔を上げてよく聴いてください。

女性にとって最も大切なことは、子供を二人以上生むことです。
これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。

なぜなら、子供が生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか子供を産むことができません。男性には不可能なことです。

「女性が子供を2人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部に能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたらよい」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと大学で学び、医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けばよいのです。子育ては、それほど価値のあることなのです。

もし、体の具合で、子供に恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれない子供を里親になって育てることはできます。

次に男子の人も特によく聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。

人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。

子育てをしたらそれで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。

やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。
【引用元:ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160313-00000546-san-soci】

寺井寿男校長に賛同する人も続出

冒頭でも書きましたが、寺井寿男校長が言われていたように私も発言が切り取られている印象を受けました。結論は「今しっかり勉強しなさい」と言ってますし、この挨拶がここまで日本中を駆け巡るほどの話題になるとは思っても見なかったのではないでしょうか。
以下のように、賛同する人も沢山いらっしゃいました。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える

今朝のワイドショーを見ても、軽率な発言だったという人が多かったですね。
しかし、私は、そうは思いません。日本はこれからどんどん少子化が進んでいくのは目に見えています。そこをどうにかするにはこういう意見をどんどん言える世の中にしないといけないと思います。
そして、これからの時代、「子育て」にもっともっと重点を置かないと本当に日本はヤバいと思います。昭和の高度成長期はとっくに終焉しているのです。

確かに、子供を産めない女性に対する配慮が欠けているかもしれませんが、それは被害妄想な気がします。この全文を読めば、そんな意図一切感じないですよ。だからメディアも悪いと思います。そして、そんなメディアの報道を鵜呑みにする我々視聴者にも責任があると思います。

いつも思うんですが、最近の日本って、ちょっとした言葉尻をとって炎上し過ぎなんですよね。SNSなどで拡散しやすくなったり、匿名でなんでも言えるようになったからというのが大きいと思います。

今回の事件も、匿名の人の電話によって発覚していますからね。今後はネット上だろうがSNS上だろうが、発言には名前を添えないとダメですね。それは無理だとは思いますが、責任をもって発言したり書き込みをみんなで意識してやっていかないと、何も言えない世の中になってしまうと思います。

【PR】脱毛が初めてのあなた!
つるスベお肌を手に入れよう♪
今なら5月限定の98%OFF!
人気の3カ所が脱毛できて、360円!
スポンサードリンク
コメント10

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あき

    発言している事に関しては、一個人の意見としては良いかもしれません。
    が、やはり教育者のトップが、強制的に子供に聞かせる様なお話ではないかと思います。
    私は、この文章を読むにやはり、選択肢を狭める言い方が気になります。
    出だしで日本の将来の話をします、特に女子は顔を上げてよく聞いてください。といってしまうという事は、やはり本質的に言いたいのは勉強しなさい、ではなく、日本を存続させるに当たって子供を沢山産みなさい。男性も含めてこれは国民の義務です。という事が言いたいのだろうな。という印象を受けました。
    経済的にも、子供を産む、授かるということがどういう事なのかまだよく知らない子供に、意見も言えず、拒否権のない朝礼集会の場で、強制的に聞かせる様なお話でしょうか?
    多分メディアが伝えたいのもそこで、教育委員会に関しても処分を考えているのは、そこが問題なのだと思いますよ。

  2. By さと

    全文を読むと、それほど女性差別的なものは感じませんでした。子供を産むことができない人であっても人の親になることことはできるし、産んでもらった事を感謝するのであれば施設に寄付する手段もあるという事でしょう。私は結婚して子供がいませんが、全く傷付く事はありませんでした。子供を持つお母さんこそ素晴らしいと思ってますし、どんなすごい仕事をしている人よりも褒められるべき存在だと思います。子育てをしていなくても、子育てはどんな仕事よりも大変であることが想像できるからです。女性差別どころか、女性の大切さを訴えているように思えました。

  3. By まこ

    まず、「不妊症で産めないから里子」と割り切れない人が殆どだから、不妊症に悩む方が沢山いると思う。それともそういう風に割り切る事が国民の義務という事なのでしょうか。
    この人は配慮に欠けるというより、現実を知らなすぎる故に、その立場の人達の気持ちになって考えることが出来ていないんだと思います。

    また子育ての後に大学に行って就職してキャリア積むという提案は、多角的に見てとても現実的ではないと思いますかどうでしょうか。
    寺井に賛成の方は「少子化なんだから女はそうするべきだろう」ということでしょうか。

    少子化が大事な問題で、2人以上産まないと大変ということは恐らく国民全員がわかっている事で、それを話した事にマスコミは批判しているわけじゃない。

    そんなに少子化問題を子供に伝えたいなら、「少子化は大問題です。男女が子育てと仕事を両立できる社会を作るために今何が問題なのかを知り、討論しましょう」という機会を学校教育にとりいれれば充分未来に繋がると思うのです。
    寺井という人や賛同している方は、そういう理想的な社会はもはや無理なんだから、女性はむかしのように18〜20代(出産適齢期)は子育てに専念するようにということなのでしょうか。

    寺井という人が発言していることは確かに全て間違いではないけど、問題の部分もかなりある。
    本人もそれがわかっているから、発言内容を細かく振り返らず、教育委員会?への文句しか言わないのではないかと思ってしまう。
    それとも振り返っているのに隠されているのでしょうか。

  4. By ゆき

    ほんとの全文?はアメリカが原爆をとか、
    日本だけが世界で唯一の、とかもっと問題だった。
    思想は自由だけど、中学で話してはだめでしょ。

    少子化対策の持論も子持ちの専業主婦が
    聞いてても不快です。
    周りに子育て終わったから大学に入れそうな
    女性なんて、私も含めて殆どいません。
    介護も家でやらなきゃいけないんだし、
    国立大学の近くに住んでる人ばかりでもない。

    どこかで何か起きたら無理になる程度の
    理想的なお話だけして、後は子供任せ?
    人口だけ増えたら今より悲惨になるのに。
    簡単に数が合えば解決って安直すぎます。

    孫を産んで親への恩返しというのも男目線。
    女なら出産の時に、産まれてきてくれただけで
    ありがたい、恩返ししろなんて言いません。

  5. By シンジ

    言ってることは間違ってないですが、公立中学校の校長の立場で言うべきことではなかったですね。
    それに二人以上子供を産み育てるって相当に大変な事だと思うんだけど、この寺井校長は二人以上産み育ててるのかな。
    インタビューで年金が8分の1減る云々のたまってて、そこに違和感を覚えました。子供を産むってそういうものなのかなーって。結局この校長に足りなかったのは現実見えてない視野の狭さと極端な論調かな
    何にせよ早く処分されるでしょうし、さっさと現場から退いてもらいたいものです。

  6. By やーさん

    寺井校長の発言は何ら問題はないどころか、教育者として、また日本人として当然の言葉である。問題なのは、揚げ足取りの批判と何でも批判するマスコミの方だ。その根本の原因は敗戦後における米国の徹底的な思想教育とその延長線上にあ日教組にある。戦後生まれの教育を受けられた寺井校長がこのような素晴らしい言葉を生徒に送ることが出来ることに感謝しこそすれ、批判するなどもってのほかである。ましてや教育委員会の処分などとんでもない。国を憂うことのない国民ばかりではないと思うが、情けないことおびただしい。

  7. By たか

    少子化対策を考えたら、出生率が1.4なので二人以上というのはごく普通の考えですから何らおかしなところはありません。
    この数字だけが切り取られた背景には、やはり産む事を強制したかのように聞こえたからではないでしょうか。
    こういったデリケートなものは、誰もが分かっているだけに直接的な表現は好ましくなく、配慮が足りなかったのかも知れません。
    しかし、そんなことよりも最後に「今しっかり勉強しなさい」と半ば強引にまとめたところの方が私は気になるのです。
    この全文を読んで感じたのは、この先生も勉強は何のためにするのかを知らないということてす。
    勉強が何のためにするのかを子供達に伝えていれば二人などといった具体的な事を言わなくて済むはずなのです。
    教育者として問われるのはむしろこちらの方で、それに気付かない大人があまりにも多すぎることに呆れてしまいます。

  8. By あき

    「産め」と強制する時点で現実を知らなすぎ。
    「2人以上」は産まれてくる子供の人権も無視している。
    結局は年金目当ての発言。
    テレビ取材への傲慢な寺井の態度に、賛同者はどのような印象を受けたのでしょう。

    でも旭日旗を上げたり問題発言がある人物なので、元々敵が多かったたのでは。

  9. By みみ

    子産みのことばかり議論されていますが、そうじゃない。
    問題は、寺井校長が「子育てを終えてから無料で国立大へ行って専門職につけばいい」
    と言っていることです。

    日本は新卒のときに就職しないと若者でも就職難なのに、
    歳食った女性が国立大を出たぐらいで専門職につけるはずがない。
    皆無ではないでしょうけれど、かなり少ない。

    子育てを終えてから無料で国立大大学院を出た私が言うのだから
    間違いない。

    極論ですが、高齢者の年金のために子産み・子育てを奨励するなら、
    高齢者がいなくなるほうが話がはやいんじゃないかと。

    赤ん坊が年金を払うようにまで成長するのは、約20年かかりますし、
    それまで義務教育やなんやらで税金を使う。
    年寄りがいなくなるほうが、話が早い。

  10. By J-NSC(自民ネトサポ)を許さない!

    この校長の発言には「結婚したくない若者のせいで少子化が進行した」という強い差別意識が感じられる。

    実際には、第15回出生動向基本調査によれば「いずれ結婚したい」と考えている独身者は
    男性が85.7%、女性が89.3%で、一生独身でいたい人のほうが少数派なのである。

    しかし、バラエティ番組では「結婚したくない独身者」は取材しても、「結婚したい独身者」を取材することはほとんどない。
    マスコミのせいで「結婚したくない若者のせいで少子化が進行した」と勘違いする老人が続出し、この校長の発言にも繋がってるんじゃないかと思うね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)