大橋巨泉の現在を週刊現代「今週の遺言」最終回で語った!最後は安倍首相を批判!

大橋巨泉の現在を週刊現代「今週の遺言」最終回で語った!最後は安倍首相を批判!

今朝のスポーツ報知で、大橋巨泉さん(82)が現在集中治療室に入っていることが報じられていました。そして、これまで週刊現代で連載していた「今週の遺言」も今日発売の分で最終回となりました。「これがボクの本当の遺言になる」と執筆した内容はどんなものだったのでそうしょうか。詳細を見てみましょう。

スポンサードリンク

大橋巨泉の現在の病状を週刊現代「今週の遺言」最終回で語った

「『お待たせしました!完全復活です!』と書きたいのだが、現実はそうもゆかない。ボクは今ベッドの上で、女房の寿々子と弟の哲也と3人で、この原稿を作っている。」
(引用元:週刊現代 2016年7月9日号)

今回の最終回で計344回目を迎えた週刊現代の「今週の遺言」は、このような文章で始まりました。今日発売の週刊現代の「今週の遺言」最終回では現在の大橋巨泉さんの病状が赤裸々に綴られていました。現在、大橋巨泉さんのガンはCT検査でも見えるモノはなく落ち着いている様子とのこと。しかし、去年の秋の腸閉塞以降、なかなか体力が戻ってこないし、衰えてしまったようです。

今年の3月27日、国立がん研究センター中央病院に緊急入院をして検査をした時は、がんは見つからなかった為、点滴で栄養補給をするCVポート(胸に埋め込む点滴補助器具)をすれば自宅での在宅介護で問題ないということで、4月5日にがんセンターを退院します。しかし、この在宅介護が後にとんでもない事態を引き起こすことになるのです…。

退院したその日の午後、大橋巨泉さんの自宅を訪ねてきた在宅介護の院長が、いきなり「大橋さん。どこで死にたいですか?」と訊いてきたそうです。もともと大橋巨泉さんはいつでも死ぬ覚悟はできていたそうですが、いきなり聞かれると「えっ?俺もう死ぬの?」と唖然としたそうです。そして、「痛い所はありますか?」と聞かれ「背中が痛い」と答えると、すぐさまモルヒネ系の鎮痛剤のオプソやMSコンチンが薬局から大量に届いたそうです。先ほどの院長は毎日大橋巨泉さんの自宅に来るけれども何もしないらしく、このあたりから徐々に大橋巨泉さんの記憶が曖昧になっていきます。

妻の寿々子さんと弟の哲也さんは、大橋巨泉さんが日に日に弱まっていくことを心配し、がんセンターの片井均先生や、知り合いの若山芳彦先生に相談したところ、異口同音に「痛み止めの使用法に問題がありそうだ」と、再入院を勧めてくれたそうです。その矢先、4月10日になると在宅の院長から「今日が危ない!」といきなり言われたこともあり、奥さんと弟さんの判断で再入院を決めたそうです。翌11日の朝、大橋巨泉さんを弟の車に乗せ、若山先生が同乗し家を出た所、大橋巨泉さんの容体が急変します。意識を失ったのです。同乗していた若山先生の的確な指示もあり、途中の病院に緊急入院。なんとか命は取りとめました。

結局、モルヒネ系の痛み止め薬は、体内に蓄積されるので患者の体や容体を考慮しながら使うべきだったにも関わらず、在宅介護に切り替えた途端、大量に送られてきて、その結果たったの5日間で意識も薄れ、歩行もままならない体になってしまったのですから、恐ろしい事です…。結局、大橋巨泉さんの意識が戻り始めたのは4月末くらいで、約3週間は無為に過ぎていったことになります。それ以来、たまに車いすで外に出てもすぐに高熱が出たりして、現在は何もできない状況だなのだそうです。

「『ゴルフができない、ワインも飲めない、原稿も書けないのなら生きていても意味がない』と言ったら、弟に『今の日本の法律では安楽死は認められていない』と言われた。嗚呼!」
(引用元:週刊現代 2016年7月9日号)

大橋巨泉が週刊現代「今週の遺言」最終回でどうしても言いたかったこと

以上で、大橋巨泉さんの現在の病状については終わりです。最後は、出版社である講談社と週刊現代の編集部、歴代の担当者とイラストの松本桂以子さんに感謝の意を述べていました。そして、これで終わらないのがさすが大橋巨泉さんですね。今起きているさまざまなニュースに対して言いたいと沢山あるそうです。

「書きたい事や言いたい事は山ほどあるのだが、許して下さい。しかしこのままでは死んでも死にきれないので、最後の遺言として一つだけは書いておきたい。」
(引用元:週刊現代 2016年7月9日号)

そして、最後の最後に言いたかったことは、安倍晋三首相に対する不満でした。

「安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。7月の参院選挙、野党に投票して下さい。最後のお願いです。」
(引用元:週刊現代 2016年7月9日号)

最後はご心配頂いた方々へのお礼を述べて「今週の遺言」最終回は終わりました。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える

大橋巨泉さんと言えば、私が小学生の頃はいつもテレビに出ていた司会者でした。「クイズダービー」や「世界まるごとHOWマッチ」は毎週見ていた記憶があります。その後、芸能界のドンといった感じで、すごく威張っている印象があまり好きではなくなりましたが、こうやって人生の最後を迎えつつある状況で、安倍晋三首相を批判するとは相当に思うところがあるのでしょう。私は政治は全く疎いのですが、大橋巨泉さんほどの人が、最後の最後で批判される安倍晋三の野望が知りたくなりました。ちょっと勉強してみたいと思います。ちなみにうちの父も安倍さん嫌いです(笑)。

ただ、今回はやはり「モルヒネ」の使い方ですよね。私の母も末期癌で延命措置はせず、モルヒネで痛みを和らげるホスピス的な治療を受けていました。当時は医師の判断のもと、何時間おきにどの分量としっかり決まってましたし、それも母の病状などで微調整していたのを覚えています。なので、今回大橋巨泉さんが在宅でモルヒネ系の痛み止めを行ってたと聞いて驚きました。最近の介護はここまでの医療行為をやるのでしょうか。今回、週刊現代の「今週の遺言」最終回を読んで、ドキッとしたのですが案の定、巨泉さんの容体がおかしくなりましたよね。

今回のニュースは、政治のことも在宅介護のことも非常に考えさせられる内容でした。

【PR】薄い眉毛にお悩みのあなた!【PR】
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<

【人気記事】
> 【NEW】狩野英孝と交際の地下アイドル 飛沫真鈴が加藤紗里に似ていた!
> 【NEW】狩野英孝にフライデー!17歳JKとの淫行疑惑で事務所を解雇or引退か
> 袴田吉彦の浮気相手の画像!青山真麻は塩谷瞬の元カノだった
> マギー フライデーの横山健との不倫はガセ!?
> 錦織圭の彼女 観月あこと破局へ?と女性自身「両親が結婚を許してくれない」
> 小林麻央が闘う新歌舞伎座の呪いと成田屋の因縁!

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)