小室圭さんの母親に借金が400万円!トラブルの相手は元婚約者の男性だった

小室圭さんの母親に借金が400万円!トラブルの相手は元婚約者の男性だった

秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約者である小室圭さんの母親・小室佳代さん(51)に、借金400万円のトラブルが発覚しました。

その相手は婚約関係にまで発展していた年上の男性(仮名・竹田さん)だったといいます。

佳代さんは元婚約者に対して、小室圭さんの学費や留学費用、生活費などをたびたび”無心”していたといいます。詳細を御覧ください。

スポンサードリンク

小室圭さんの母親に借金400万円!通帳明細がリアル!

小室圭さんの母親・佳代さんが、400万円もの借金トラブルを抱えていたことが週刊女性の記事で発覚しました。

週刊女性にその事実を告白したのは、借金トラブルの相手男性である竹田さん(仮名)の友人でした。

数年前に小室圭さんの母親に貸した400万円以上が未だに返済されない為、竹田さんは家のローンが払えず、自宅を売却したといいます。

まずは、借金400万円以上の通帳明細を御覧ください。

週刊女性には借金の詳細な内訳まで掲載されています。

2010年11月 453,000円
2011年04月 400,000円
2011年06月 100,000円
2011年07月 300,000円
2011年08月 100,000円
2011年09月 440,000円
2011年10月 450,000円
2011年11月 50,000円
2011年12月 100,000円
2012年01月 2,000,000円
合計:4,393,000
(引用:週刊女性 12月26日号)

最後の200万円はすごいですね。
一体、何があったのでしょうか。
次に、佳代さんと竹田さんの関係を見ていきます。

小室圭さんの母親の借金トラブル相手は元婚約者の男性だった!

前出の友人の話によりますと、佳代さんと竹田さんは今から10年ほど前、共通の知人を介して知り合います。

すぐに気が合った二人は、その後、月に1、2回ほど会うようになり、交際に発展します。

佳代さんは小室圭さんが小学生の頃、旦那さん(敏勝さん)を亡くし、父親代わりになる男性を探していたのかもしれません(小室圭さんの父親については↓下記記事↓をご参照下さい)。
>小室圭さんの父親の死因は自死と週刊新潮!祖父も後を追うように…

竹田さんは佳代さんよりも年上で、圭さんの進学先の相談に乗ったり、自身の親にも佳代さんを会わせていたそうです。

休みの日には、佳代さんのパート先にまで車で送迎するなど家族同然の関係にまで発展していきます。

そして、2010年9月。二人は婚約に至ったのです。

しかし、婚約してからの佳代さんは、竹田さんに対してたびたび”お金の無心”を始めたのです。

一体、どういうことなのでしょうか。

スポンサードリンク

小室圭さんの母親の借金トラブルの詳細!

小室圭さんと佳代さんが現在住んでいるマンションのローンは、旦那さんが亡くなった際の保険金などで完済しているそうなのですが、日々の生活費は佳代さんの収入のみだったため、生活は苦しかったといいます。

そんな中、小室圭さんがICU(国際基督教大学)に入学することになり、初年度にかかった入学金、年間授業料を竹田さんが貸してあげることに。

大学2年生以降は、圭さんが奨学金の試験に合格した為授業料は免除になったそうですが、それでも大学3年生のときにかかったアメリカ留学の費用・200万円や、一時期圭さんが通っていたアナウンサースクールの授業料も竹田さんが工面してあげていたそうです。

竹田さんとしては、旦那さんが急死したことで苦労している佳代さんを助けたい一心で、なんとかお金を用意していたといいます。

そして、お金の無心は圭さんの学費だけでなく、小室家の生活費までも賄うことに。

東日本大震災の直後、佳代さんのパート先の営業時間が短縮されたことで収入が減少し、佳代さんは竹田さんに”今月厳しいからお金を都合してほしい”と毎月10万円ほど要求するようになったそうです。

その結果、竹田さんが佳代さんに貸した金額は400万円を超える額になってしまったのです。

しかも、電話があれば決まってお金の話ばかりしてくる佳代さんに対して、さすがの竹田さんも徐々に気持ちが醒めていったといいます。

そしてついに、婚約解消を決定付ける出来事が起こってしまいます。

小室家が20歳前後の誕生日を迎えた頃。

竹田さんが誕生日のお祝いとして新橋の高級レストランを用意してくれたといいます。以下、前出の友人の話です。

「そこまではいいのですが、翌年の圭さんの誕生日に、佳代さんが”あの店じゃないと意味がない”と言い出し、竹田さんが別の店を予約していたのもおかまいなしに勝手にその新橋の店を予約してしまったんです。もちろん、会計はすべて竹田さんで、そのときに”私はただの財布じゃない。もうこの人とはやっていけない”と別れを決意したそうです」
(引用:週刊女性 12月26日号)

婚約から約2年後の2012年9月頃、竹田さんの自宅を訪れた佳代さんと圭さんに対して、竹田さんは婚約解消の旨を伝えたのです。

スポンサードリンク

小室親子は借金ではなく”贈与”と主張!

婚約解消については意外にもすんなり了承したという佳代さん。

しかし、竹田さんが貸した400万円超については、予想通りトラブルとなってしまいます。

竹田さんは、今まで振り込んだお金を返してほしいと文書で伝えたのですが、佳代さんからは”月に1万円ずつほどしか返せません”と電話があります。

そして数日後、文書で”お金は贈与されたもので、返す理由がない”と返金を拒否してきたのです。以下、前出の友人の話です。

「その際、佳代さんと一緒に訪れた圭さんも”贈与だと認識しています”と言っていたそうです。確かに、借用書を交わさなかった竹田さんも悪いと思いますが、佳代さんにお金をあげたつもりはなかったんです。旦那さんが急に無くなり、お金にそうとう困っている人に対して、借用書を作らせる行為がどうしてもできなかったと彼はつらそうに漏らしていました…」
(引用:週刊女性 12月26日号)

週刊女性が、今回の借金トラブルについて小室圭さんの母親・佳代さんを直撃するも『取材にはお答えできません。申し訳ありません…』
とだけ言い残して去って行ったそうです。

この話題の裏側を考える「品格・品位は大丈夫なのか…」

眞子さんが選んだ男性とはいえ、小室圭さんとのご婚約については、これまでもいろいろな反対の声を耳にします。

今回の借金トラブルについても、全てが本当かは週刊誌の記事なので微妙ですが、おおよそ真実だとすると、眞子さんの結婚後の生活が心配になりますよね…。

女性の皇族が嫁ぐ際には億単位の一時金が支給されるそうなのですが、それは、一般の国民になった後も皇族だった者としての品位を保持して頂くためという目的があります。

さらに、嫁ぎ先の家族が社会から非難されるようなことがあれば、嫁がれた元皇族の品位までもけがすことになりかねません。

国としては、嫁ぎ先のご家族の品位も含めて求めています。

”借りたお金は返す”という基本的なこともできないような家庭に皇族が嫁がれるというのは、一国民としてどうかと思ってしまいます。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)