宮根誠司 謝罪メールの全文【文春】隠し子の母へ「言うのだけは勘弁してください」

宮根誠司 謝罪メールの全文【文春】隠し子の母へ「言うのだけは勘弁してください」

今ではほぼ毎日のようにテレビに出ている宮根誠司さん(54)ですが、今から6年前に隠し子が発覚したことは有名です。

今回、週刊文春が、宮根誠司さんが隠し子の母(A子さん)へ送った謝罪メールを掲載しています。

A子さんに対して、自身が既婚者であることを明かした時の謝罪メールです。

そこには生々しく『(世間に)言うのだけは許してください』と切実に訴える様子が綴られていたのです。

今回は週刊文春に掲載されていたメールの全文をご紹介します。

※宮根さんの隠し子騒動の真相は↓下の記事をご覧下さい※
>宮根誠司に文春砲!隠し子の母への嘘と”ある事実”とは「僕と戦うんですか?」

スポンサードリンク

【文春】宮根誠司が隠し子の母へ送った謝罪メールの全文

今から6年前の女性セブン誌で、宮根誠司さんに隠し子がいたことが発覚しました。

その隠し子の母であるA子さんに、妊娠が発覚したのは2007年6月8日のことでした。

その当時、A子さんと宮根さんは頻繁に会っていたそうですから、A子さんにとって、妊娠は自然な流れだったといいます。

宮根さんとの子供を授かったことが嬉しかったA子さんは病院から帰るとすぐに電話をしたそうです。

しかし、宮根さんの返事は想像とは真逆の『え?』と困惑したリアクションだったのです。

そして、四日後の6月12日。

宮根さんは『実は結婚している』と初めてA子さんに明かしたのです。

A子さんはにわかには信じられず、頭が真っ白になり、絶望的な気持ちになったといいます。

そんな塞ぎ込んだA子さんに対して、宮根さんから次のような謝罪メールが届いたのです。

その謝罪メールの全文は↓こちら↓です(2007年6月13日深夜)。

『本当にごめんなさい。自己保身と言われてもしょうがないですけど君の事は本当に好きでした。彼女と付き合って何年かして君が僕の前に現れました。僕は君事が好きになりました。只結婚は考えていませんでした。只只君を応援しなければ、いつか君を新地でトップにすると張り切ってました。それは信じてください。籍の事は君との関係を失いたくなくていえませんでした。本当に好きでした。僕はこれから償いたいそして頑張ります。彼女の人生もあります。君の人生もあります。一生かけてどんな事しても償います』
(引用:週刊文春 12月7日号)

A子さんは宮根さんが前の嫁と離婚した2004年に出会ったそうです。

しかし、謝罪メールの全文を読むと、”彼女と付き合って何年かして君が現れた”と書かれてあります。

A子さんはそのことにも大変ショックを受けたといいます。

宮根さんの事が何も信じられなくなったA子さんはその日以来、ずっと頭の中が真っ白で、家にこもって泣いていたそうです。

そして、「死んでしまおうか…」とも思ったそうです。

スポンサードリンク

他にも何通もメールが「言うのだけは勘弁してください」

そんな打ち拉がれるA子さんに対し、宮根誠司さんは謝りながらも『言うのだけは勘弁してください』とメールを送ってきたといいます。

宮根さんは家族や世間に知られないよう、隠すことに必死だったようです。

『僕のいってることは都合のいい事ばかりなのはわかっています。でもこれしか言えません。お願いします。許してください。お願いします。一生かけて償います。お願いします。一生懸命働いて報います。だから言うのだけは勘弁してください。死ぬまでやり通しますからお願います。必ず…』

宮根誠司さんは酒に逃げ、酔っ払ってA子さんの家に来ては『俺はダメな奴や』と毎日のようにうなだれていたそうです。

『何日も寝てないので混乱しててごめんなさい。僕は大馬鹿ものです。でも君事本当に好きでした。必ず報います。それだけは信じてください。身を粉にして働きて必ず幸せにします。だから言うのだけは許してください。お願いします。必ず幸せにします。信じてください。』

上の↑の2通のメールは週刊文春の見出しに、当時のメールの画像が掲載されていたものです(昔のガラケーのメールで懐かしい感じです)。

とにかく、世間に知られるのだけは勘弁して欲しいという思いが伝わってきますね…。

両親に土下座し、認知

A子さんの妊娠が発覚してから約半年後。

宮根誠司さんはA子さんの実家(四国)を訪れ、両親に謝罪したといいます。

実家の玄関に入るなり、すぐに土下座した宮根さん。

A子さんも泣きながらその姿を見ていたといいます。

A子さんの両親は、宮根さんの必死さが伝わったのか気持ちをくみとり、許したそうです。

A子さんは2008年2月に難産の末、娘(隠し事言われている子)を出産。

宮根さんは翌3月にA子さんの実家で娘さんと対面し、認知したのでした。

※宮根さんの隠し子騒動の真相は↓下の記事をご覧下さい※
>宮根誠司に文春砲!隠し子の母への嘘と”ある事実”とは「僕と戦うんですか?」

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「文春は宮根さんがお嫌い?」

今回の週刊文春による宮根誠司さんの隠し子蒸し返しスクープですが、どうも週刊文春さんは宮根誠司さんがお嫌いのようですね(笑)。

先日も、↓以下のようなスクープを報じていました。
>宮根誠司がミヤネ屋を降板でフジへ移籍の真相!世間は厳しい反応も

筆者も別に宮根さんが好きではないのですが、ここまで連続で個人を狙わなくても…と思ってしまいました。

でも世間は、結構宮根さんを毛嫌いしている人も多いようで、そのような需要があるということなのでしょうか。

果たして今日のミヤネ屋はどうなるのか??

フジテレビへの移籍話はミヤネ屋で自らその話題に触れていましたが、さすがにこのネタはスルーでしょうね…。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)