いよいよ明後日に迫ってきました『隅田川花火大会2018』。2018年7月28日(土)の墨田区のお天気は「曇時々雨 降水確率70%」とあいにくの天気なっております。
しかもちょうど台風12号が接近中で、この台風がどう影響するのか心配です。

もし台風などで雨天や荒天だった場合、隅田川花火大会2018はどうなってしまうのでしょうか?
その場合、即中止となるわけではなく翌日の7月29日(日)に順延されるそうです。
詳細を御覧ください。

【追記】下記ツイートの通り、29日(日)に順延が決定しました!

【更新情報】
・7月26日 台風12号の情報を最新化しました。
・7月27日 台風12号の影響で7月29日に順延が決定しました。


隅田川花火大会 2018は台風12号の影響で中止ではなく順延

隅田川花火大会実行委員会事務局が出している『平成30年(第41回)隅田川花火大会実施計画概要』を見ますと、当日の天候が台風などで雨天の場合は中止ではなく、翌日に順延すると書かれてあります。

荒天等のため実施できない場合は翌29日(日)に順延し、両日とも実施できない場合は中止とする。
(引用:隅田川花火大会公式HP)

ということで、冒頭でも書いた通り、台風の影響を考慮して29(日)に順延が決定したとのことです。

台風や雨天などの順延or開催決定の発表はいつ?どこで分かる?

では、明後日の隅田川花火大会が予定通り実施されるかどうかの発表はいつ、どこで確認できるのでしょうか。それも公式HPに載っています。

雨天など実施の可否が確定できない天候の場合は当日の午前10時に、荒天などの場合は当日の午前8時に、それぞれの実施の可否を決定する。
(引用:隅田川花火大会公式HP)

ちなみに2018年の今年に限っては、台風の影響を考慮して当日ではなく前日の金曜日の10時に発表がありました。

そして、実施の可否はどこで知らされるのかというと、こちら↓の公式ツイッターで発表されるとのことです!

【随時更新!】台風12号の影響と当日の天気は?

今年の夏は酷暑続きでずーっと晴れていたにもかかわらず、隅田川花火大会2018の開催日に限って台風がやって来ていますね(涙)。
ここでは、花火大会当日までの間、最新のお天気情報を更新していきます。

まずは台風12号の現在の情報をお知らせします(2018年7月27日10時00分発表)
ちょうど28日(土)に台風が直撃しそうな感じですね(汗)。
でも、29日(日)は日本海に到達しているので、夕方には晴れそうな気がしないでもないです。

続いて、台風12号の警戒が必要な時間帯を見てみましょう。

これを見る限りでは29日(日)はなんとか花火大会やれそうな感じがします。
天気予報も”雨のち晴れ”となっています。後は準備が間に合うかどうかですかね。

まとめ「水分補給を!&トイレを済ませて」

台風12号がちょうど週末に直撃しそうですが、29日(日)はなんとか開催できそうな雰囲気になってきましたね。

どこの花火大会もそうですが、開催時間が近づくに連れものすごい人が押し寄せます。すると花火が終わるまで身動きが取れないと言う状況に陥ることがあります。
そこで困るのが水分補給です。花火は夜行われるとはいえ、まだまだ熱いです。
しかも今年は半端なく暑いです。

とにかく熱中症にならないよう水筒を持参しましょう!!

ずーっと花火を見ていると喉がどんどん渇いてきます。その時手持ちに水分がないと非常に困ります。移動するわけにもいきませんし…。なので、花火を観覧する場所を決める前にかならず水分を確保しておきましょう。

それとトイレです。お酒を飲んだりしたら特に要注意です。人混みの中トイレに行って、また戻って来ないといけません。トイレ自体の数も少ないですし、近くにあるとは限りません。見つけたと思ったら激混みだったりします。なのでこちらも早めに済ませておいて、お酒は花火の後にゆっくり飲まれるとよいかと思います。

最後に、当日折り畳み傘かポンチョを持参したほうがいいです。突然のゲリラ豪雨の可能性があります。
去年は特に突然の豪雨が多々ありました。ご注意下さい!!