サカイ引越センターのパワハラ 動画!撮影した住民が真相を語る【週刊新潮】

サカイ引越センターのパワハラ 動画!撮影した住民が真相を語る【週刊新潮】

 引越し業界の大手であるサカイ引越センターにパワハラの域を越えた社内”暴行事件”があったと週刊新潮がスクープしています。
 ここでは、そのパワハラ動画と、動画を撮影した近隣住民が語った真相をご紹介したいと思います。
【9月29日追記】サカイ引越センターは、今回の週刊新潮の報道を受けて、HPで『お詫び』を掲載しました。本記事の最後でご紹介します。

スポンサードリンク

【週刊新潮】サカイ引越センターのパワハラ 動画がヤバい!!

 まずは、週刊新潮の動画サイトにアップされているサカイ引越センターのパワハラ動画を御覧ください。

 この動画が撮影されたのは9月10日の13時頃だったそうです。
 場所は大阪府高槻市内にある『サカイ引越センター北大阪支社』の駐車場です。
 私服姿で裸足の男が「聞こえへんねん、コラァ〜!!」と怒鳴り声を上げながら、作業服を着た二人の男性を執拗に追い詰めています。時折、私服姿の男のパンチが作業着の男性の顔面にヒットするなど、とても生々しい動画です…。
 週刊新潮がアップした動画にはありませんでしたが、その後、私服姿の男が倒れ込んだ作業着の男性の顔面を目がけて、容赦なく蹴りを入れ、挙句の果てにはゴルフクラブを手にして殴りかかったと週刊新潮が報じています。

動画を撮影した近隣住民が真相を語る!脅しのような発言も?

 このサカイ引越センターのパワハラ動画を撮影したのは近隣住民の方だといいます。自宅のドアを開けたら怒鳴り声が聞こえてきたため、”大変や!”と思って撮影したのだそうです。動画の撮影時間は約10分ほどだったそうですが、男のパワハラ行為はもっと長かったそうです。

「最初は1人が立って殴られていて、もう1人は正座をしていました。殴っている男に対して、作業着の2人は敬語を使っていたので、上司と部下なんかなと思いました。私服姿の男はゴルフクラブで殴り掛かっただけでなく、レンガまで投げつけていたのです
(引用:週刊新潮 10月5日号)

 ゴルフクラブにレンガとは、これはパワハラどころかれっきとした暴行事件です。
 その後、管理職らしきスーツ姿の男性と別の作業員が現れたそうなのですが、加害者の男はなおも被害者の男性へビンタを続けていたといいます。その行為を誰も止めようとしなかったそうです。結局、警察と救急車が来て、被害者の男性の1人は首にコルセットを着けられて救急車で運ばれて行ったそうです…。
 撮影した住民の方がその日のうちにサカイ引越センターへ連絡すると”社員教育向上のため”に動画を見たいと頼み込んできたといいます。

「翌日、サカイの社員2人と面会すると、1人は申し訳なさそうな様子で謝罪を繰り返していました。ですが、ブロック長代行を名乗る社員は”肖像権で揉めるかもしれない”とか”ウチには顧問弁護士がいる”と、脅しとも取れるようなことを言い出したのです。地域のためを思ってやったことやのに……」
(引用:週刊新潮 10月5日号)

 サカイ引越センターの社員は明らかにこの動画が世間に出回ることを止めたい魂胆が見え見えです。

スポンサードリンク

サカイ引越センターの言い分は?

 週刊新潮によりますと、サカイ引越センターの当該地区責任者は今回のパワハラ騒動について、次のように説明したといいます。

・作業着を着ていた被害者の2人は社員
・私服姿の加害者は今年1月から働いているアルバイト
 →業界経験が長く、指導的な立場
・被害者の1人は加害者の中学時代の後輩
・前日に被害者の1人が事故を起こしたため注意した
・非番で酔っていたこともあり、つい手が出てしまった

 そして駆けつけた他の社員については、確かにビンタは止めなかったものの、最終的には間に入っていることから、止める気が無かったわけではないと説明しています。
 現在の被害者の状況ですが、ケガは大事には至らなかったそうで、警察署で和解も済んでいるといいます。
 そして、撮影者への脅迫とも思える発言については、表沙汰にしたくない思いがあったのは事実としながらも”脅迫という認識はありません”とコメントしています。

 今回の社内暴行事件について、週刊新潮が改めてサカイ引越センターに質問すると本社の広報担当者から次のように回答があったそうです。

「イレギュラーな事例であるため、懲罰委員会で調査をし、結果9月19日付で(アルバイト社員に)懲戒処分を下しております」
(引用:週刊新潮 10月5日号)

 ♪勉強しまっせ、引越しのサカイ〜♪と料金を”勉強”してくれるのは有り難いですが、社員教育にも頑張って力を入れたほうがいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「引越社はブラックが多い業界なのか」

 実は筆者はサカイ引越センターを利用したことがあります。料金も”勉強”してもらって、家にはまだパンダマークの段ボール箱がいくつか残っています。当時引越し作業をしてくれた人もテキパキしていて、最後の方は別の現場を終わらせた作業員の人達がわざわざ手伝いに駆けつけてくれたりもしました。なので個人的にはサカイ引越センターにはいいイメージがあったのですが、今回のパワハラ動画には驚きました。
 そうえいば、当ブログでは同じ引越社のブラックの実態を記事にしたこともありました。
>アリさん引越社 ブラックの実態!シュレッダー係に2年間
 このような肉体労働系の仕事場は、体育会系の人も多そうですし多少のパワハラはやはり仕方のないことなのかもしれません。でも、今回の動画のような暴行事件はあまりにも行き過ぎです。

【追記】サカイ引越センターがHPに「お詫び」を掲載

 サカイ引越センターは週刊新潮が発売された9月28日、次のような『お詫び』を公式HPにアップしました。

週刊新潮10月5日号で弊社従業員の暴力行為の記事が掲載されており、皆様方にご心配をおかけし誠に申し訳ございません。 記事に記載されているとおり、お酒に酔った従業員が、公休日に暴力行為を働いた事実は大変遺憾であり、改めて社員教育の不徹底を反省するとともに、更なる教育の充実を図り、新生活応援企業として皆様のお役にたてるように精進して参ります。 引き続きご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
(引用:サカイ引越センターHP)

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)