栄和人とレスリング協会が重大事故を隠蔽か?吉田沙保里の恩師【文春】

栄和人とレスリング協会が重大事故を隠蔽か?吉田沙保里の恩師【文春】

レスリングの金メダリストである吉田沙保里選手や伊調馨選手を育てた名伯楽である栄和人氏(57)に隠蔽疑惑が浮上しています。

栄氏はレスリング協会の強化本部長をつとめており、現場責任者だった強化合宿中、将来有望な男子学生選手が頸椎損傷の重傷を負ったと週刊文春が報じています。

しかし、栄和人氏をはじめ、レスリング協会はこの重大事故を一切公表しておらず、隠蔽の疑惑が生じています。詳細をご覧下さい。

スポンサードリンク

合宿中に起きた重大事故とは

今年の9月11日から行われていたレスリング男子の強化合宿で事故は起きました。

合宿三日目の9月13日。

拓殖大学の三年生・谷口慧志選手(21)と、世界選手権にも出場したというある有力選手とのスパークリングでの出来事でした。

目撃者の情報によりますと、事故の詳細は次の通りです。

・二人が組み合った状態から、相手選手が谷口選手の脇下をくぐって腕をロック

・相手選手がその状態で反り返り、谷口選手を後方に投げた

・二人共マットに倒れるも、谷口選手は受身をとれず頭から落ちてしまった

合宿の参加者の情報によりますと、谷口選手はすぐに救急車で病院に運ばれ、なんとか一命は取り留めたものの、自力で首から下を動かすことが出来ない状態だといいます。

現在も入院中で、車椅子に乗ることを目標にリハビリに励んでいるということです。

重傷を負った谷口慧志選手とは

今回、頸椎損傷の重傷を負ってしまった拓殖大学の谷口慧志選手とはどんな選手なのでしょうか。

谷口選手は強化合宿直前の8月に行われた全日本学生選手権のグレコローマン(85キロ級)で優勝するほどの実力の持ち主です。もちろん、東京五輪でのメダル候補で活躍が期待される有望株でした。

↓こちら↓は決勝戦の模様です。

そんな谷口選手を小学生時代から指導する京都八幡高校の浅井努監督は、今回の事故について次のように語っています。

「彼は本当に素直で吸収力のある子。学生選手権で優勝した後、学校へ遊びに来て、『これから強化合宿です』と目を輝かせていた。まさかあんなことになるとは考えられませんでした」
(引用:週刊文春 11月30日号)

谷口選手のプロフィールなどは、↓下記記事↓をご参照下さい。
>谷口慧志(レスリング)の画像(Facebook)やプロフィール、動画はこちら

奇しくも事故の日は、林芳正文部科学大臣が激励に訪れたばかりでした。相手選手も力が入ったのかもしれません…。拓殖大学のレスリング部監督・須藤元気氏も「まだ若いですし、早い快復を祈っています」とコメントしています。

スポンサードリンク

栄和人やレスリング協会に隠蔽疑惑

スポーツにケガはつきものです(管理人の私もサッカーの練習試合中に前十字靭帯断裂の重傷を負った経験もあります。)。

とはいえ、不慮の事故があった際は、速やかに公表するのが再発防止という意味でも重要だと思います。しかし、レスリング協会の関係者は次のように語っています。

「事故にあった学生はいまだ入院生活を余儀なくされています。にもかかわらず二ヶ月経った今でも、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)をはじめ幹部らは事故の詳細を一切公表せず、隠蔽しようとしています」
(引用:週刊文春 11月30日号)

さらに栄和人氏は『面倒な事になったから強化本部長を辞めたい』と周囲に漏らしているといいます。これが本当であれば責任放棄と言われても仕方ない気もします。

この怪しい状況に対し、週刊文春の記者が栄和人氏に直撃します。すると次のように語ったのです。

「責任のなすりつけ合いなんてしてないよ。俺が隠しているって?そこまで言う人は少ないんだけどな。強化本部長の私としても簡単に答えられないので(協会で)話し合って折り返します」
(引用:週刊文春 11月30日号)

その後、栄氏からの連絡はなかったそうですが、レスリング協会から次のように回答があったそうです。

・JOCを通じてスポーツ庁に報告済
・隠蔽の事実はない
・事故の対応は西口茂樹強化副本部長に一任している

栄和人のプロフィールなど

最後に栄和人氏のプロフィールなど、経歴をご紹介したいと思います。

名 前:栄和人(さかえ かずひと)
生年月日:1960年6月19日
出身地:鹿児島県奄美市
現在の主な役職:
 文部科学省委託 JOCナショナルコーチ
 至学館大学 レスリング監督
 日本レスリング協会 常務理事
 日本レスリング協会 強化本部長
経 歴:
 現・樟南高校でレスリングを始める(中学までは柔道選手)
 1980年 全日本大学選手権で優勝
 1987年 世界選手権フリースタイル62kg級で銅メダル
 1988年 ソウル五輪出場

テレビなどにも出演してますし、なかなかいいキャラしてると思っていたのですが、万が一、隠蔽が事実であれば非常に残念です…。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「何でもかんでも公表すればいいのか?」

今回の重大事故ですが、正論を言えばトップアスリートの事故である為、外部に公表するべきだと思います。

そして、今後のためにもレスリング協会は事故防止の対策が充分だったか検証が必要です。再発防止策ももちろん必要です。

一方で、事故にあわれた選手の心情も察してあげる必要があると思います。

もし、我が子が今回の谷口選手のような重傷を負ってしまったら、この事実を公表して欲しいとは思わないと思います。

きっと、そっとしておいて欲しいと思うと思うのです。もしかするとご家族から公表しないようにお願いされていたのかもしれません。

もし、協会側が隠蔽していたとするならば、その時は自らが声を上げればいいのではないでしょうか。

とはいえ、このような重大事故が内部だけで片付けれられるのは、広い目で見ると良くない気もします…。長い目で見ると、再発防止策をブラッシュアップ必要があるからです。

かつて、事故が多発した柔道界は連盟と文科省で対策に乗り出し、徐々に改善がみられているといいます。やはり、事故の事実は公表する必要があるのかもしれません。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)