シルベスタースタローンのセクハラ騒動をフライデー!16歳少女へ性的暴行か

シルベスタースタローンのセクハラ騒動をフライデー!16歳少女へ性的暴行か

ハリウッドのセクハラ騒動が止まりません。
今回のターゲットはあの『ロッキー』や『ランボー』で有名なシルベスタースタローン(71)です。

フライデーによりますと、31年前に16歳少女に性的暴行を行った疑惑が浮上しているといいます。
詳細を御覧ください。

スポンサードリンク

シルベスタースタローンのセクハラ騒動をフライデー!

今回のハリウッドのセクハラ騒動はシルベスタースタローンです。

16歳の少女に性的暴行を働いた疑惑が浮上しているというのです。

今から31年前。
当時、シルベスタースタローンは『ランボー』や『ロッキー』で大ブレイクし、アクションスターとして映画界に君臨していた時期です。
筆者も大好きで何度も観ました。

当時16歳だったこの少女が警察に話した当時の調書12枚を、英国紙のデイリー・メールが公開したというのです。

フライデーにはデイリー・メールが入手した警察調書の一部が掲載されており、容疑者の欄にはシルベスタースタローンとボディーガードのマイケル・デ・ルーカの名前が記されています。

(引用:フライデー 12月8日号)

↓デ・ルーカ(右)は2013年に警察と揉め、射殺されたそうです
(引用:フライデー 12月8日号)

次に、16歳少女の行ったセクハラ騒動の詳細を見ていきます。

スポンサードリンク

シルベスタースタローンのセクハラ(性的暴行)の詳細

ここではフライデーが報じた、シルベスタースタローンによるセクハラ騒動(性的暴行)の詳細を見ていきたいと思います。

1986年。
スタローンは映画の撮影でラスベガスのホテルに泊まっていたといいます。

息子役をつとめていた俳優を通じて、その時同じホテルに宿泊していた16歳の少女と知り合います。

その少女はスタローンのファンだったということもあり、スイートルームに招かれたのです。

そこには、スタローンとボディーガードのデ・ルーカが待っていました。

当時のシルベスタースタローンはアクションスターとしてハリウッドに君臨しており、部屋に来た女性と関係を持つのは日常茶飯事だったと思われます。

その16歳の少女をすぐにベッドルームに連れて行くと、スタローンは裸になったそうです。
(フライデーの描写はあまりにもリアルなため、性的表現をオブラートに包んで説明します)

すぐにその少女と関係を持ったスタローンでしたが、サイズ的な相性があまり合わなかったようで、行為を止めます。そして少女に対して『二人の男性と同時に関係を持ったことはあるか?』と聞きます。

するとバスルームで待機していたボディーガードのデ・ルーカが部屋に入り、下半身を露出し、今度はデ・ルーカが少女と行為に及んだのです。
その最中、スタローンは自身の下半身に少女の顔を近づけ、行為をさせていたのです。

16歳の少女は、スタローンとの行為は予期していたそうですが、ボディーガードのデ・ルーカとの行為は望んでいなかったのです。
しかもスタローンは「誰かにしゃべったら、頭を殴る」と少女を脅したとも言われています。

この暴行について、少女の知人から伝え聞いたホテルの従業員が警察に通報。
少女は泣きながら事情聴取を受けたといいます。

当時は恐怖心から起訴することを望まなかったため、事件は明るみにならなかったそうです…。

※スタローンは広報担当者を通じて、性的暴行を否定しているとのことです※
以下、代理人のミシェル・ベガの話し。

「これは馬鹿げた断固として偽りの話です。スタローン氏本人を含め、今日この話が報じられるまでこの件については一切知りませんでした。スタローン氏が警察や他の機関からこの件について連絡を受けたこともありません。そんなことは起こっていないのです」

出典:exciteニュース

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「ハリウッドのセクハラ騒動はまだまだある」

ここ最近、ハリウッドでは堰を切ったようにセクハラなどの告発が相次いでいます。
在米映画ジャーナリストの猿渡由紀さんは、このような告発は未だ続くと語っています。

「米国では、シリコンバレーでもセクハラの告発が相次ぎ、大量のエグゼクティブが解雇されました。女性たちは『あんな有名人でもセクハラを暴露された。私に被害を与えた男のことも、もう隠さなくていい』と考えている。ハリウッドに限らず、こうした告発は続くと思います」
(引用:フライデー 12月8日号)

次はどんな大物の名前が飛び出すのでしょうか…。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)