森泉「ペット臭」「DIYの違法建築疑惑」トラブルに「文句でもあるの!?」【週刊女性】

森泉「ペット臭」「DIYの違法建築疑惑」トラブルに「文句でもあるの!?」【週刊女性】

動物好きを公言している森泉さん(35)。現在飼っているペットはなんと30匹だそうです。

しかし、近隣住民の方々からペット臭がキツイというクレームがあがっているというのです。

さらに、現在日本テレビ系の『幸せ!ボンビーガール』の企画で、都内の一等地にある築52年の空き家をDIYでリフォーム中でもあります。

しかしその行為に対して違法建築疑惑が浮上しているというのです。

今回はこの二つのご近所トラブルと、森泉さんが週刊女性の取材に答えた様子をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

森泉が『ペット臭』のご近所トラブルに文句!?

最近、森泉さんといえば『幸せ!ボンビーガール』のDIYのイメージが強いですが、番組でもペット20匹以上と暮らすことを公言するほど、セレブにも関わらず大の動物好きで知られています。

現在はなんと21種類30匹のペットを飼っているそうで、エサ代だけでも月100万円を越えているのだそうです…。

すると今年の夏頃から「森泉さんの家の前を通ると動物園のようなニオイがする」「あまりにも異臭がするので、町内会で話題になった」などと近隣住民の間で”森泉さん宅のペット臭”が噂されるようになったのです。

その家は東京都心にある三階建ての一軒家。

周りは木々におおわれ、寺院などにも囲まれており、都内にいるとは思えないような場所だといいます。

さっそく週刊女性の記者が森泉さん宅に行ってみると、雨上がりだったこともあったのか、道路にまで強めのペット臭ならぬ”動物臭”が漂ってきたといいます。

そして11月下旬。

母親のパメラさんと一緒に車で帰宅した森泉さんを直撃します。すると「豚のニオイします?今?」と戸惑いの表情を浮かべながらも取材に応じ、次のように答えていました。

「ちゃんと大家さんから飼う許可をもらっていますからね。今日は雨も降っているからにおうんじゃないですか?でも基本的には実家にもいたりするんで。行ったり来たりなんです。これ何?クレームに来たの?豚ちゃんのニオイに文句でもあるの〜!?
(引用:週刊女性 12月12日号)

そうは言いながらも、森泉さんはカメラマンに向かってサングラスを外し、笑顔を見せたといいます。

さらに、週刊女性の記者が「ご近所から”ちょっとペット臭が…”という声が出ているようです」と質問をすると、困惑したように『うちの子はみんなペットシートにおしっこをして、それを片付けている感じなんで…』と答えていました。

個人的な感想としては、毎日ペットと戯れていると鼻が麻痺してきますよね。ニオイに慣れてきて。

私は人生で一度も動物を飼ったことがないので、犬や猫を飼っているお家にお邪魔すると、必ずペット臭が気になります。
それが30匹もいると、いくら気をつけていてもニオイを防ぐことは無理なのではないでしょうか。

ペットは鳴き声もキツイ時がありますが、ペット臭はもっとキツイと思います。
大家さんから許可をもらっていたとはいえ、ペットの”ニオイ”の管理はまた別問題だと思います。

スポンサードリンク

森泉「DIYの違法建築疑惑」について

次に、森泉さんの違法建築疑惑について見てみましょう。

森泉さんは幸せ!ボンビーガールの『泉お嬢様の空き家再生大臣』のコーナーで、趣味のDIY(業者さんではない人が自作すること)で、築52年の空き家をリフォームするという企画を行っています。

しかも4,000万円も自腹を切るほどの気合の入れようらしく、その家で↑で問題となったペット達と暮らすというのです(暮らすのはガチで本当らしいです)。

しかし。

番組で購入したこの物件が”接道義務”というのを果たしていない土地らしく、防火上の問題で”再建築”は法律上認められていないというのです。

ちょっと法律とか出てくると話が難しいのですが、簡単に説明すると次の通りです。

・森泉さんの物件は四方を住宅に囲まれている
・道路に面する道路が2mに満たない(狭い)
・防災上危険なので、”改築”はNG
 ◯:既存の柱の補強
 ✕:新しい柱に付け替え
 ◯:外壁の塗り直し
 ✕:壁をはがして新しい壁に張替え

↓森さんの物件は道路に面する道が細過ぎだという
(画像引用:週刊女性 12月12日号)

要するに、今ある物を生かして何かを追加するのはOKだけれども、取り除いて、新しいものと取り替えることはNGだということのようです。

となると、番組内で森泉さんが行っていた次のようなDIYは厳密に言うと違法ということになるといいます。

✕:浴室の柱を取り外す工事

もし、行政に通報された場合、是正勧告や行政指導を受ける可能性があるのだそうです。

このような違法建築疑惑について、週刊女性が日本テレビに質問をすると、次のような答えが書面で送られてきたといいます。

「一級建築士監修のもの、建築基準法を順守してリフォームを行っております。また、物件購入に際しては番組から補助はありません」
(引用:週刊女性 12月12日号)

この物件をリフォームした暁には、いまのペット達と一緒に暮らすと森泉さんは本気のようです。

でも、こんな四方に囲まれた場所でペット30匹もいたら、間違いなく問題になると思うのですが…。

近隣住民の男性も『えっ、30匹も動物が来るの?家が密集しているから心配ですね…』と話していました。

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「空き家問題に希望を!」

実は、今回森泉さんが購入したような接道義務を果たしていない物件は、売れずに放置されたままの状態で、日本中にたくさん放置されているのだそうです。

このような家屋が倒壊した場合は間違いなく近隣への迷惑となる為、今、全国的に空き家問題が深刻化しているそうです。

なんな中、売れ残っている空き家をDIYで再生しようとしている森泉さんのチャレンジを応援している人がいます。
株式会社不動産流通システムの宅地建物取引士・冨永晴彦氏は週刊女性の取材に対して、次のように森泉さんにエールを送っています。

「接道義務を果たしていない土地に、防火対策などをより強化することを義務づけることで、再建築できるよう法改正されることが必要だと思います。その問題提起の意味でも、今回の森さんのチャレンジは、とても意義のあるものだと思います」
(引用:週刊女性 12月12日号)

さすがに一般人に4,000万円も自腹を切れる余裕があれば、普通に新築を買うと思うのですが(笑)、価格の面をもっと抑えることが出来れば世のDIY好きの方々が反応してくれるのではないでしょうか。

今回の違法建築疑惑。
最終的にはいい話で終われてよかったです。
森泉さん。頑張って下さい!

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)