仙台育英で不祥事!喫煙や飲酒で救急搬送され無期限活動停止へ!

仙台育英で不祥事!喫煙や飲酒で救急搬送され無期限活動停止へ!

仙台育英といえばスポーツ強豪校のイメージがありますが、残念なニュースが飛び込んできました。

今年の夏の甲子園でベスト8まで勝ち進んだ硬式野球部員や引退した3年生などが仙台市内の飲食店で喫煙や飲酒をしていたというのです。

しかもそのうちの一人が急性アルコール中毒で救急搬送されたそうです。

その結果、仙台育英高校野球部は無期限活動停止を発表しました。詳細を御覧ください。

スポンサードリンク

仙台育英高校で不祥事!喫煙、飲酒、急性アルコール中毒で救急搬送

甲子園の常連校で有名な仙台育英高校の硬式野球部に不祥事が発覚しました。

同校によりますと、2017年11月27日19時頃。

硬式野球部の2年生3人と、引退した3年生の3人、さらに剣道部を引退した3年生2人の計8人が、仙台市青葉区の飲食店で飲酒、喫煙したとのことです。

野球部の6人の中には夏の甲子園でベンチ入りした生徒も含まれているとのこと。

さらに、8人のうち1人が急性アルコール中毒の疑いで救急搬送までされていたといいますから、驚きです。

二十歳未満の子が悪ふざけで変な飲み方をしてしまったのでしょうか…。

野球部員の一部の生徒は寮生活を送っているそうですが、『家族と面談する』との理由で外出許可を得ていたとのことです。

仙台育英高校は野球部と剣道部の無期限活動停止を発表

8人全員は飲酒、喫煙の事実を認めているそうで、仙台育英高校は野球部と剣道部の無期限活動停止を発表しました。

仙台育英高校の真山晴夫副校長は次のように話しています。

「多くの生徒が頑張っている中、非常に残念だ。生徒の指導と管理を徹底したい」

同校はすでに宮城県高校野球連盟に報告しているそうで、宮城県高野連は詳細を確認し、日本高野連に報告するとのことです。

宮城県高野連の佐藤秀之理事長は次のようにコメントしています。

「全国的にも名の知れた学校の、このような事件。3年生3人に2年生も2人と大人数で、社会のルールを犯したことに大きなショックを受けております」

スポンサードリンク

不祥事、無期限活動停止に生徒や県民から落胆の声

仙台育英高校の硬式野球部はこれまで輝かしい実績を誇ってきました。

春の甲子園:12回出場
夏の甲子園:26回出場
春夏合わせて準優勝が3回

今回の不祥事に、同校の生徒はもちろん、県民からも落胆の声が漏れているといいます。

「野球部は育英の看板なので残念。今後このようなことがないようにして欲しい」

「強豪校とはいえ、遠くの他県ではなく、県内や東北地方出身の選手が多いチーム。身近な大人だけでなく、町ぐるみで守ってやれなかったのか」

確かに地方の強豪校は、県民の目で監視されることで強くなると聞いたことがあります。

周りの大人の責任も少なからずあるのではないでしょうか。

仙台育英野球部OBにはプロ野球選手も

仙台育英高校は1905年(明治38年)創立の歴史のある高校です。
野球部は30年創部で、主なOBは以下の通りです。

大越基(元ダイエー)
由規(ヤクルト)
橋本到(巨人)
上林誠知(ソフトバンク)
平沢大河(ロッテ)
佐藤世那(オリックス)

スポンサードリンク

この話題の裏側を考える「アスリートである前に一人の社会人」

今回は高校の運動部員の不祥事でしたが、このような事は高校生に限った話ではなく、大学でもプロでもよく聞く話です。

もっといえば、今取り沙汰されている大相撲にだって不祥事の話題は事欠きません…。

飲酒、喫煙、賭博、薬物、暴力、人権侵害…。

一流のアスリートって、小さい頃からその競技ばかりやってきた人がほとんどで(でないと一流になれないのでしょうけど)、やればやるほどどんどんと世間から隔離されてしまいますよね。

自らの意思で追い込める人はまだいいですが、未熟な学生だと「たまには遊びたい」と思うのは当然だと思うのです。

そのガス抜きは必要だと思いますし、いくらアスリートとはいえ、社会勉強をさせないと今後もずっとこのような事が起こると思います。

ただでさえ練習がキツイのに、寮生活ではストレスが溜まって当然です。

そこのコントロールは学校と両親が連携して、見守っている周りの大人がサポートしなければいけないと思いました。

薄い眉毛にお悩みのあなた!
男も女もフサフサ眉毛を手に入れよう♪
先着300名だけ89%OFFの980円!
>眉毛専用美容液『マユライズ』はこちら<


スポンサードリンク
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)