こんな疑問を解決します
・サッカー日本代表が一次予選リーグを突破して決勝Tへ進める条件は?
・勝ち点が同じだった場合は、どのような条件で順位が決まるの?

まずは結論からどうぞ!

セネガルに勝利&コロンビアがポーランドに引き分け以上
上記以外の場合は、第3戦の結果次第(詳細は後ほど)
勝ち点が同じ場合は、得失点差、総得点、直接対決の結果で決まる


サッカー日本代表 一次予選リーグ突破、決勝Tへの進出条件は?

いい意味で期待を裏切った我らがサッカー日本代表。
あのコロンビアから見事勝ち点3をゲットしました。

という事で、一気に決勝Tへの道筋が明るくなった日本代表ですが、第2戦のセネガル、第3戦のポーランド相手にどういう結果であればH組・一次予選リーグを突破出来るのか。その条件を整理してみたいと思います。
あのコロンビアに勝利したのですから、是非とも決勝Tへ進出して欲しいものです。

とりあえず、ポーランド戦までの全てのシチュエーションを網羅した条件の表が↓こちらです。
※○の数字は勝ち点を表す

まずは、大きくセネガル戦の結果、ポーランド戦の結果に分けて見ていきましょう。

1.日本代表がセネガルに勝利○した場合

まず、第2戦のセネガルに勝てばその時点で決勝Tへ進出する可能性がグッと高くなります。
H組のもう一試合「コロンビアvsポーランド戦」でコロンビアが引き分け以上で日本代表の予選リーグ突破が確定します。

◆第2戦終了時点で一次予選リーグ突破が確定する条件
①日本がセネガルに勝利
 かつ
②コロンビアがポーランドに引き分け以上

◆コロンビアがポーランドに負けた場合
※第3戦の結果次第となります。
①日本がポーランドに○→決勝T進出
②日本がポーランドに△→決勝T進出
③日本がポーランドに●の場合
 ・セネガルがコロンビアに●→決勝T進出
 ・セネガルがコロンビアに△→決勝T進出
 ・セネガルがコロンビアに○→ポーランド、セネガルと得失点差争いへ

2.日本代表がセネガルに引き分け△の場合

続いて、日本代表がセネガルに引き分けた場合を見てみましょう。
その場合は、第3戦までもつれ込みます。

◆日本がポーランドに○or△の場合
 →日本が決勝T進出
◆日本がポーランドに●の場合
①第2戦コロンビア○vs●ポーランドの場合
 ・セネガルが第3戦で○→決勝T進出
 ・セネガルが第3戦で△→コロンビアと得失点差争い
 ・セネガルが第3戦で●→セネガルと得失点差争い

②第2戦コロンビア△vs△ポーランドの場合
 ・セネガルが第3戦で○△→ポーランドと得失点差争い
 ・セネガルが第3戦で●→全四カ国で得失点差争い

③第2戦コロンビア●vs○ポーランドの場合
 ・セネガルが第3戦で○△→予選敗退
 ・セネガルが第3戦で●→セネガルと得失点差争い

3.日本代表がセネガルに負けた●場合

最後に、日本代表がセネガルに負けた場合を見てみましょう。
その場合も、第3戦までもつれ込み、だいぶ複雑になります。

◆日本がポーランドに○の場合
①第2戦コロンビア○vs●ポーランドの場合
 ・セネガルが第3戦で○→決勝T進出
 ・セネガルが第3戦で△→決勝T進出
 ・セネガルが第3戦で●→セネガル、コロンビアと得失点差争い

②第2戦コロンビア△vs△ポーランドの場合
 ・日本が決勝T進出

③第2戦コロンビア●vs○ポーランドの場合
 ・日本が決勝T進出

◆日本がポーランドに△の場合
①第2戦コロンビア○vs●ポーランドの場合
 ・セネガルが第3戦で○→決勝T進出
 ・セネガルが第3戦で△→コロンビアと得失点差争い
 ・セネガルが第3戦で●→予選敗退

②第2戦コロンビア△vs△ポーランドの場合
 ・セネガルが第3戦で○→決勝T進出
 ・セネガルが第3戦で△→決勝T進出
 ・セネガルが第3戦で●→コロンビアと得失点差争い

③第2戦コロンビア●vs○ポーランドの場合
 ・ポーランドと得失点差争い

◆日本がポーランドに●の場合
①第2戦コロンビア○vs●ポーランドの場合
 ・セネガルが第3戦で○→コロンビア、ポーランドと得失点差争い
 ・セネガルが第3戦で△→予選敗退
 ・セネガルが第3戦で●→予選敗退

②第2戦コロンビア△vs△ポーランドの場合
 ・日本が予選敗退

③第2戦コロンビア●vs○ポーランドの場合
 ・日本が予選敗退

勝ち点が同じだった場合、順位はどう決めるのか?

続いて、勝ち点が同じだった場合の順位の決め方について見ていきましょう。
ライバルチーム同士で勝ち点が同じということはよくあることですし、こちらも重要ですよね。

①全試合における最終的な得失点差

こちらは定番ですね。
Jリーグなどでもおなじみです。
総得点 – 総失点 = 得失点差
この「得失点差」が大きいチームが上の順位に行きます。

(例)
・Aチーム:
 総得点5 総失点1 得失点差 +4
・Bチーム:
 総得点9 総失点6 得失点差 +3

上記の例の場合、総得点は少ないですが、Aチームが上となります。

②全試合における総得点

先程の①の得失点差が同じだった場合、より多く得点をあげたチームが上になります。

(例)
・Cチーム:
 総得点5 総失点1 得失点差 +4
・Dチーム:
 総得点9 総失点5 得失点差 +4

上記の例の場合、総失点は多いですが、Dチームが上となります。

③対象チーム同士が対戦した時の勝ち点→得失点→総得点

上記①、②でも決着がつかない場合は、対象となっているチーム同士が直接対決をした時の結果で優劣を決めます。

④反則が少なかったチーム

それでも優劣が決まらない場合は、反則が少なかったチームが上となります。
反則は次のような条件でポイント制となっています。

・イエローカード:1ポイント
・2枚目イエローカード:3ポイント
・一発レッドカード:4ポイント

これらの反則ポイントが少ないチームが上となります。

⑤最後は抽選で決着

ココまで来ることはなかなかないと思われますが、最終的には抽選となります。
そうえいば、昔息子が小学生の頃の試合で抽選が一度だけありました。

まとめ「とりあえず、セネガルに勝って一位通過を!」

以上、サッカー日本代表がロシアワールドカップのH組を突破できる条件を見てきました。
初戦を勝ったことで、いろいろと勝ち抜けるパターンはたくさんありましたが、この後2連敗するとかなり厳しいです。
最低ラインは2引き分けで文句なしで予選突破となりますが、とにかく次の第2戦、セネガル戦に勝って欲しいと思います。
それぐらいの気持ちで行かないと、決勝Tへ進んでも厳しいです。

初戦を勝っているので是非とも予選を一位通過して欲しいです。
こんなチャンスはそうそう無いと思います!

頑張れニッポン!!